先日の記事「iMovie DVD 書き出し: Mac でiMovie動画をDVDに焼く方法」でMac でiMovie動画をDVDに焼く方法を紹介しました。今日はiPhoneのiMovieで編集した動画をDVDに焼く方法を説明します。方法は大体同じです。iMovieの動画をパソコンに保存する必要があります。ご興味のある方は是非最後まで目を通してみてください。

パート1. iPhoneのiMovie動画をパソコンに保存


iPhoneのiMovieアプリ

iMovieはApple社の動画編集アプリケーションです。 Mac に標準搭載されているので、優れた動画編集ツールとして知られています。iPhoneバージョンのiMovieアプリはMacバージョンより機能が少ないですが、iPhoneで動画を編集すると、すぐにSNSやYouTubeに拡散できるので、Macより便利です。

iMovie

それだけでなく、今年、iOS 13の登場に合わせるために、Appleは一部の純正アプリを改訂しました。人気の高いビデオ編集アプリ、iOS版iMovieの新バージョンは公式発表に先駆けてリリースしました。今回のアップデートで、iMovieには数多くの新機能が追加された。例えば、グリーン/ブルーバック合成機能。ほかにも長さを自動調整する80種類のBGMなどが追加されています。

iMovieを使用すれば、iPhoneのビデオライブラリをチェックして、美しいムービーを作成して、思い出を共有することができます。iMovie拡張機能を使えば、「写真」App内でビデオをすばやく楽しく編集して、あらゆるビデオをもっと記憶に残る作品に仕上げることができます。もちろん、ハリウッド映画のような予告編を作ることも可能です。


iPhoneのiMovie動画をパソコンに保存

iPhoneのiMovieで編集した動画をDVDに書き込む場合、iPhoneの動画をPCに保存するのは第一歩です。詳細のやり方は下記の手順をご覧ください。

一、 iMovieの動画を「写真」に保存

ステップ1. iPhoneでのiMovieを起動、プロジェクトを選択、動画を編集します。

ステップ2. iMovieで動画を編集した後、「↓+四角アイコン」のアイコンをタップしたら、動画が自動的にiPhone本体のカメラロールに保存ます。

iMovieファイル

二、 iPhoneの動画をパソコンに転送

iPhone動画をPCに保存する。ここでは、二つの方法を紹介します。

 
① iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。パソコンで「マイコンピュータ」を開いて、iPhoneアイコンを右クリックし、「開く」オプションを選択してiPhoneドライブを開きます。それから、PCに保存したいビデオを選択して、パソコンにコピーすることができます。

iphone-pc

② iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。Leawo iTransfer( iTunesより簡単なiPhoneデータ移行ソフト)で「カメラ」ライブラリを選択すると、写真がウィンドウの右側に表示されます。写真を選択してから、PCに保存できます。
iphone-pc iphone-pc


パート2. iMovie動画をDVDに焼く方法

iMovieのムービーをパソコンに保存した後DVDに焼く方法はたくさんありますが、一番重要のはDVDとオーサリングソフトの選択です。ここでは一番簡単な方法を説明します。

DVDの選択

まずはDVDの選択。DVD主はDVD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW四つの種類があります。容量、記録回数、ビデオフォーマットなどの違いがありますが、DVDを作成する場合、DVD-Rが一番使われて、オススメのタイプです。
DVDの種類について詳細の違いは下記の記事をご覧ください。
【DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RWの違い】

DVDオーサリングソフトご紹介

DVDの種類と同じ、DVDオーサリングソフトもたくさんあります。例えば、

1. DVD Flick – オープンソースソフトウェア
2. ImgBurn – ISOイメージファイル作成専門
3. BurnAware – CD-Rのアルバムが作成できる
4. Leawo DVD作成 – 多機能で、一番使いやすい

その中に、一番オススメのはLeawo DVD作成というソフトです。ImgBurnなどのソフトを利用する場合、開発停止のため、ソフトが古くて、フリーズ、動作が不安定などのことがよくあります。それだけでなく、ウィルスに感染する可能性もあります。

オススメのDVDオーサリングソフト

他のソフトに比べて、Leawo DVD作成でDVDを焼くのは一番簡単です。初心者でも、気軽くにDVD作成可能です。Leawo DVD作成は、RMVB、MKV、MP4、WMV、MOVなど180以上の汎用的なフォーマットに対応していて、高度な技術に加えて、通常のオーサリングソフトウェアより6倍のスピードで動画をDVDに焼きます。動画をDVDフォーマットに変換する必要がありません。メニューの作成も簡単にできます。

dvd-ripper

Leawo DVD変換


☉ DVDの動画をMP4、MP3のような形式に変換
☉ 動画の解像度、ビットレートをカスタマイズ
☉ 使いやすい編集機能搭載
☉ 高品質、高速でDVD動画を変換出力
☉ アングル、字幕と音声言語の切り替えが可能

無料体験    無料体験

iPhoneのiMovie動画をDVDに焼く方法

Step 1: ビデオをソフトウェアにロード
プログラムで「ビデオを追加」ボタンをクリックして、動画を選択すると、動画をソフトにロードします。
Import-source-video-1

Step 2: ディスク規格を設定
空のディスクをDVDドライブに挿入、ソフト下のメニュバーでディスクの種類と規格を設定することができます。
Set-output-details-2

Step 3: DVDメニューを設定
「Leawo DVD作成」でDVDメニューを作成することができます。プログラム画面の右でメニューの様式を選択して、「目」のアイコンをクリックすると、DVDタイトル、バックグラウンドミュージックを設定することができます。
Set-disc-menu-3

Step 4: 焼く作業を開始
緑の「焼き込み」アイコンをクリックして、「書き込み先」と「DVDの名前」を設定して、もう一度「書き込み」をクリックすれば、焼く作業が開始します。
Do-burning-setting-4

動画ガイド


追記1. iPhone版iMovieの基本的な使い方

1. プロジェクトの作成と動画の読み込み
アプリを立ち上げ、「+」マークをタップして新規プロジェクトを作成します。「予告編」と「ムービー」の中で、「ムービー」を選択します。その後、テーマ「シンプル」を選択ください。
画面中央の左にあるマークをタップして、編集したい動画をタップした後、出てくる「↓」マークをタップするとプロジェクトに読み込まれます。
imovieアプリ

2. 動画の分割と切り替え効果の設定
動画をiMovieに追加した後、黄色い枠で動画の始点と終点が設定できます。縦の白い棒で動画の分割、切り離す、複製や削除ができます。
二つの動画の間で、小さな四角いマークをタップすると、シーンの切り替え効果が設定できます。
imovieアプリ

3. 動画の書き出し
編集が終わったら、画面左上の「完了」をタップします。そして、画面下の真ん中にあるアイコンをタップして、「ビデオ」を保存を選択して、最後は動画のサイズを選択して完了します。これで、imovieの動画がiPhoneに保存されます。
imovieアプリ

もっと詳細の使い方は下記の動画をご覧下さい。

追  記2. iOS 13で追加された注目の機能

1. 「ビデオ」で不要部分や音声がカットできる
ビデオ編集画面左上にあるスピーカーアイコンをタップすると、ビデオの音声がミュートされます。

2. 「調整」でビデオのビネットやコントラストなどが調整可能
ビデオの画面を露出やハイライト、シャドウなどの効果で調節できます。「自動調整」機能付き、初心者でも簡単に!

3. 9種類の「フィルタ」が選択できる
「ビビッド、ビビッド(暖かい)、ビビッド(冷たい)、ドラマチック、ドラマチック(暖かい)、ドラマチック(冷たい)、モノ、シルバートーン、ノアール」ビデオ編集で利用できるフィルタを提供しました。

4. 「傾き補正」でビデオの傾き調整可能
傾き補正や歪み補正では、ビデオの角度や遠近の歪みを補正します。スマホでそこまでの機能ができるのは、さすがにAppleですね。

もっと詳細の機能について、ご自分でどうぞお試し下さい。