iPhoneをコンピュータにバックアップするのは非常に簡単な問題です。 ユーザーはiPhoneをコンピュータに接続してiTunesを起動し、ファイルオプションの「バックアップ」を押してバックアップ処理を開始すればよい。もう一つ方法はWi-Fiを接続し、画面を閉じた状態でiPhoneを充電器に接続するだけで、iPhoneのデータが自動にクラウドにアップロードされます。 どちらの方法も簡単に実行でき、独自の利点がありますが、実際にiPhoneをバックアップすることは、さまざまな問題によって、解決策は異なります。 だから、今回の記事ではiPhoneをコンピュータにバックアップする方法を説明します。

パート 1. バックアップのメリット

iTunesまたはiCloudのバックアップは、iPhoneの重要なデータの安全にコピーできて、紛失した時にファイルを元に戻すことに役立ちます。

    How-to-Backup-iPhone-05                How-to-Backup-iPhone-04                How-to-Backup-iPhone-03            How-to-Backup-iPhone-02           How-to-Backup-iPhone-01

  • デバイス紛失後、バックアップしたデータを新たなiPhoneに転送できる
  • 新しいiOSにアップデートする前に、iPhoneをバックアップする必要がある
  • 水害やその他の物理的な損害は恒久的にデータを損失することを防ぐ
  • iPhoneをプリズンブレイクする前に、データを安全に保つために
  • iPhone機種変更、古いiPhoneのデータを新しいiPhoneに移行するために

パート 2. iTunes/iCloudでバックアップする方法

iTunesとiCloud両方とも、iOSデバイスのデータをバックアップすることができます。

どちらがいい?
iTunesとiCloud両方はユーザーのバックアップに役立ちますが、どちらを選択するほうがいいですか? 実際には、iTunesとiCloudの両方のバックアップにはそれぞれ独自の特性があります。いずれにしてもに便利です。しかし、iTunesの同期について心配することがあります。iCloudのストレージは限られています。その故、一部のiPhoneユーザーは、それらを使用したくないことになります。今は、その二つ方法について説明します。


iTunesでバックアップする方法

1. iTunes を開き、コンピュータにデバイスを接続します。

2. これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、「信頼」をタップします。
パスコードを忘れた場合は、こちらの記事を参照してください。

3. iTunes に iPhone/iPad/iPod の概要が表示されます。「バックアップ」をクリックして、バックアップの設定が表示されます。

4. 「 バックアップを暗号化」というチェックボックスを選択する場合、パスワードを覚えてください。ヘルスケアとアクティビティのデータを保存する必要がなければ、暗号化せずにバックアップを作成できます。そのまま「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

5.処理が終わると、iTunesの「概要」画面でバックアップが正常に終わったか確認できます。「デバイス環境設定」で日時を確認できます。


iCloudでバックアップする方法

 
 
 
1.デバイスをWi-Fiネットワークに接続します。

2.「設定」をタップし、そして下の「iCloud」をタップします。

3.「バックアップ」がオンにしていることを確認します。

4.「今すぐバックアップ」をタップして、バックアップを開始します。

ご注意:Wi-Fiネットワークに接続する必要がある。


iPhoneバックアップヒント

  • 1. iTunesとiCloudのバックアップを復元する方法
    デバイスをバックアップする際に使った Mac または Windows パソコンで iTunes を開きます。デバイスを USB ケーブルでコンピュータに接続します。iTunes に iPhone、iPad、または iPod touch が表示されたら選択します。iTunes で「バックアップを復元」を選択します。各バックアップの日付とサイズを見比べて、もっとも適切なものを選択します。
    「復元」をクリックして、復元が終わるまで待ちます。暗号化したバックアップのパスワードの入力が必要な場合は、入力します。デバイスが再起動した後も接続したまま、コンピュータとの同期が終わるまで待ちます。同期が終わったら接続を切ることができます。
  • 2. バックアップのコンテンツをチェックする方法
    iPhoneのバックアップコンテンツを見たいなら、iCloudバックアップのコンテンツがiCloud.comで見ることができます。iTunesバックアップのコンテンツを見ることはできないが、コンピュータ上のiTunesバックアップの場所にアクセスすることができます。

    Windows XP:C:/Documents and Settings/ユーザー名/ Application Data / Appleコンピュータ/MobileSync/Backup/

    Windows Vista, Windows 7 and Windows 8: C:\Users\username\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\

    Mac OS: ~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/

  • 3. バックアップを削除する方法
    Phoneのバックアップはもう必要なく、iTunesから削除したい場合もあります。今はバックアップを削除する方法を説明します。

    1. iTunesを起動し、「編集>環境設定>デバイス」を選択すると、作成したバックアップが下のウィンドウに表示されます。

    2.マウスをiPhoneのバックアップに移動すると、iPhoneの電話番号とIMEI番号が表示され、バックアップを確認できます。

    3. iPhoneのバックアップを選択し、右下の “Delete Backup”をクリックします。 すると、iTunesからiPhoneのバックアップを削除し始めます。

    Macコンピュータを使用していて、iPhoneのバックアップを削除したい場合は、す「iTunes>環境設定」をクリックする必要があります。

  • 4. iTunesとiCloud空間の拡大
    iPhoneをバックアップするためにiCloudを使用している場合は、iPhoneの「設定」> 「iCloud」> 「ストレージ」> 「ストレージの管理」(iOS 7以前を使用している場合は[ストレージとバックアップ]をタップします)でストレージを管理できる。

    Macコンピュータでは、「アップルメニュー」>「システム環境設定」でiCloudをクリックし、「管理」をクリックします。

    Windows 7コンピュータで、「スタート」メニュー>「すべてのプログラム」> 「iCloud」> 「iCloud」を選択し、「管理」をクリックします。

    Windows 8またはWindows 8.1コンピュータを使用している場合は、「iCloud」を選択し、[管理]をクリックする必要があります。

    iTunesを使用してiPhoneをバックアップしている場合、バックアップ内のコンテンツが表示されないため、データを管理することは不可能です。だから、iTunesのiPhoneバックアップを減らす唯一の方法は、iPhoneをバックアップする前に、不要な写真、ビデオなどを削除することです。

  • 5. iTunesとiCloudバックアップ場所の変更
    場合によっては、バックアップの場所を変更したい場合もあります。今は方法を示しています:

    1.Backupという名前の新しいフォルダを作成します。

    2.シンボリックリンクを作成します。Windows + Rを押し、コマンドダイアログにcmdを入力して、コードを入力します:mlink /J “%APPDATA%\Apple Computer\MobileSync\Backup” “D:\Backup” 新しいバックアップフォルダの正しい場所を入力する必要があります。

  • 6. 古いiPhoneデータを新しいiPhoneにバックアップする
    デバイスの電源を入れます。「こんにちは」画面が表示されます。

    1.「App とデータ」画面が表示されるまで案内にそって進み、「iCloud バックアップから復元」をタップします。

    2.Apple ID で iCloud にサインインします。バックアップを選択します。 各バックアップの日付とサイズを見比べて、もっとも適切なものをお選びください。選択したら、転送が始まります。

    3.画面の案内に従って Apple ID アカウントにサインインし、App と購入済みのコンテンツを復元します (複数の Apple ID を使って iTunes Store または App Store からコンテンツを購入した場合は、各 ID でのサインインが必要です)。進行状況バーが表示され、最後まで進むまで、接続したまま待ちます。

    4.バックアップのサイズやネットワークの速度によっては、進行状況バーが最後まで進むのに数分かかる場合があります。

    Wi-Fi 接続を切るタイミングが早すぎると、再接続するまで、進行状況バーが一時停止します。

パート 3. 「leawo iTransfer」を使って、バックアップする

「Leawo iTransfer」 はiOSデバイス 、iTunesとPCの間でデータを簡単に転送できる便利なiPhoneデータ移行ツールです。ユーザーフレンドリーUI設計で、操作は簡単です。

この使いやすいiPod/iPad/iPhoneデータ移行ソフトは人々にiTunesのベスト代替ソフトとして使われているが、iTunesより多い機能があります。どこから手に入れたファイルにもかかわらず、iOSデバイスのデータ転送は iTunesの同期なして簡単にできます。

この強力なアプリ/ iPod / iPhoneの転送ソフトウェアは、iPhone、iPadとiPodをフラッシュドライブとして使えるようにすることができます。Leawo iTransfer」を使って、ユーザーはこのiOSデバイスが対応しないファイルを含むすべてのファイルをiOSデバイスに転送することができます。
iOSデバイス、iTunesとPCの間で、安全にデータ移行

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、動画及び
写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイス、ソフトウェアに対応!

☉ ファイルを簡単にチェック、管理!

無料体験 無料体験

Leawo iTransferでiPhoneからiTunesにデータ移行する方法

下記の手順はiPhone4sを例として説明しますが、他のiOSデバイスは全部同じ方法です。Leawo iTransferはWindows10、iOS9に対応しております。

■ まずはご利用のパソコンによっては、上記のLeawo iTransferの無料体験Windows版またはMac版をダウンロードし、製品をインストールします。

■ Leawo iTransferを起動した後、USBケーブルでパソコンとiPhone4sを接続してください。下記は接続した画面です。

1

■ ライブラリ内のすべてのファイルをiTunesに転送したいなら、右下の「転送」ボタンをクリックしてください。
■ または「Ctrlキー」を押しながら特定のファイルを選択して右クリックしてから、「転送> iTunes」を選択してください。

■ 間もなく、転送ファイルはiTunesに移行完了します。

四

Leawo iTransferでiPhoneからデータをパソコンに保存する方法

四

■ iPhoneをパソコンに接続してから、Leawo iTransferを実行ください。

■ iPhoneからパソコンに保存したいファイルを選択して、Leawo iTransfer右下隅にある「スマホ」のアイコンをクリックして、パソコンの保存場所を設定した後、ファイルをパソコンに保存することができます。

Leawo iTransferでパソコンに保存したデータをiPhoneに移す方法

四

■ 新しいiPhoneをパソコンに接続して、Leawo iTransferで簡単にデータの移行ができます。ソフトウェア左のサイドバーで対応のカテゴリーを選択して、「ファイルを追加」ボタンをクリックすれば、パソコンのデータが簡単にiPhoneに復元できます。

以上は超簡単なiPhoneデータをiTunesに移行する手順です。パソコン初心者でもアップル初心者でもすぐ上手に操作できる方法です。
ちなみに、このソフトは完全に無料体験でき、Mac版もWindows版も実用できるので、興味があれば、ぜひ一度ダウンロードして体験しましょう。

Download Windows Version
Download Mac Version