iPhoneの機種を変更する前に、やらなければならないことが結構あります。例えば、連絡先、メッセージ、写真、音楽、メモなどのデータをバックアップすること、新しいiPhoneに復元することなど、また、アプリの転送もかなりな大事なことです。この記事は、iPhone機種変更の場合、元iPhoneから他のiPhone、iPad、iPod Touchにアプリを転送する方法を紹介します。

パート 1. App Storeで再ダウンロード、インストールする方法

一番簡単な方法はそのアプリを購入したApple IDをログインして、「購入済み」でダウンロードすることです。

アプリを新しいiPhoneにインストールする場合、App Storeからアプリをもう一度ダウンロードすればいいです。しかし、有料アプリなら、購入したApple IDをログイン、またはもう一度購入する必要があります。

手順:

    1. 新しいiPhoneに元のApple IDをログイン。
    2. iPhoneでのApp Storeを開き、メニューから「アップデート」をタップ。
    3. 「購入済み」→「このiPhone上にない」をタップして、リストをチェック。
    4. ダウンロードしたいアプリの右の「ダウンロード」アイコンをタップ
    5. アプリが自動的にダウンロードとインストール。

    購入済み

    ご注意:この方法でダウンロードしたアプリには元のアプリデータ及び設定がありません。ご了承ください。

パート 2. バックアップですべてを復元する方法

Apple公式のiPhoneデータバックアップする方法は二つの方法があります。――iTunesとiCloud。
公式の方法でバックアップからすべてのデータを新しいiPhoneに復元すれば、アプリだけでなく、アプリの設定やデータを完璧に復元することができます。

次はiTunesとiCloudでiPhoneのデータをバックアップ、復元する方法を説明します。

iTunesを使用してiPhoneをバックアップする方法。

iTunesのバックアップにはパソコンが必要です。

手順:

    1. iTunes を開き、コンピュータにデバイスを接続します。

    2. これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、「信頼」をタップします。
    パスコードを忘れた場合は、こちらの記事を参照してください。

    3. iTunes に iPhone/iPad/iPod の概要が表示されます。「バックアップ」をクリックして、バックアップの設定が表示されます。

    4. 「 バックアップを暗号化」を選択する場合、パスワードを覚えてください。ヘルスケアとアクティビティのデータを保存する必要がなければ、暗号化せずにバックアップを作成できます。そのまま「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

    5.処理が終わると、iTunesの「概要」画面でバックアップが正常に終わったか確認できます。「デバイス環境設定」で日時を確認できます。

iCloudを使用してiPhoneをバックアップする方法。

iCloudのバックアップなら、携帯だけでできますが、Wi-Fi接続とアプリを購入するApple IDが必要です。

手順:

    iPhoneでの「設定」をタップし、「iCloud」「ストレージとバックアップ」に移動し、iCloud バックアップをオンにします。

    how-to-activate-icloud-backup1

    ご注意:iCloud上の容量が5GB迄の制限(無料版)、iCloudの空き容量を確認してくだい。

関連記事:

『iPhoneバックアップヒント』

『iTunesとiCloudからバックアップを復元する方法』

パート 3. Leawo iTransferでApp(アプリ)をバックアップする方法

「Leawo iTransfer」 はiOSデバイス 、iTunesとPCの間でデータを簡単に転送できる便利なiPhoneデータ移行ツールです。ユーザーフレンドリーUI設計で、操作はとても簡単です。アプリを転送する時、Leawo iTransferは、構成ファイルとそのアプリの中にある文書をそのまま保存できます。ユーザーは自分で文書をアプリにロードまたはインポートする必要はありません。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、動画及び写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイス、ソフトウェアに対応!

☉ ファイルを簡単にチェック、管理!

無料体験 無料体験

今は「Leawo iTransfer」を使って、App(アプリ)をバックアップする方法を説明します。

iOSソフトウェア仕様変更により、この方法はiOS 8以前の端末をお持ちの場合のみ適用されています。iOS9、iOS10、iOS11、iOS12の場合はパート1とパート2の方法を試してください。

手順:

    ステップ1. 「Leawo Transfer」ソフトをインストールして開くと、iPhoneをコンピュータにUSBで接続します。プログラムは自動にiPhoneを認識して分析します。左側のメニューバーで「ライブラリー」「アプリ」を選択します。

    APP001

    ステップ2. デバイス内のアプリはメニューの右に表示さます。アプリのアイコンの右下に転送ボタンがあります。それをクリックして、転送メニューで転送先を設置できます。

    APP002

    ステップ3. 転送したアプリはコンピュータに保存されています。次回は手軽くて他のデバイスに転送できます。新しいiPhoneをパソコンに接続して、「追加」でバックアップしたアプリを選択して、簡単にアプリを追加できます。

    APP002

パート 4. 購入した項目(音楽、書類など)を新しいiPhoneに共有する方法

アプリ以外のデータ(音楽、映画、テレビ番組、ブックなど)を新しいiPhoneやiPadに同期したい場合は、iTunesの「自動ダウンロード」機能を利用できます。

1.iTunesを利用する必要があります。また、App Store で購入したアプリのみ対応しています。
2.アプリの設定とデータがなくなる可能性があります。

手順:

    ステップ1.iTunes を開きま、アカウントをサインインする。
    iphone-itunes-app-sync1

    ステップ2.コンピュータを認証する。
    iphone-itunes-app-sync-12。2
    iphone-itunes-app-sync2

    ステップ3.「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目を転送」の順でボタンをクリックします。
    iphone-itunes-app-sync3
    iphone-itunes-app-sync4

以上はiPhoneアプリの転送方法と購入した項目(音楽、書類など)を新しいiPhoneに共有する方法です。