現在のWindows10ではブルーレイ動画再生ソフトが付属していないため、ンタルビデオショップで借りてきたブルーレイ動画をパソコンで再生するには、自分で再生ソフトをインストールしなければいけません。この記事は、ブルーレイドライブの選び方と無料のブルーレイ再生ソフトについて、ブルーレイをPCで再生する方法を説明します。

パート1.  パソコンでブルーレイを再生する必要なもの

「pcでBDを再生するためには、何が必要でしょうか?」という質問を耳にすることがよくあります。答えは簡単です。

ブルーレイドライブがあっても、対応のBlu-ray再生ソフトがなければ、再生することができず、その逆も同じです。今はそれぞれについて詳しく説明します。


パート2.  ブルーレイドライブの選び方とオススメの型番

ブルーレイドライブとは、DVDに代わる新規格として登場した大容量光学メディアであるブルーレイディスク(Blu-ray、BD)の読み込みを行える光学ドライブです。BDドライブのほとんどはCDやDVDの読み込みと書き込みに対応しています。
ブルーレイドライブについて、実は大きな差がありません。まずはブルーレイドライブ選び方を紹介しましょう。

ブルーレイドライブのタイプ

ブルーレイドライブにはBD-ROMドライブ記録型のBlu-ray Discドライブ二つのタイプがあります。
BD-ROMドライブはブルーレイディスクの読み出しに専用で、書き込み機能が搭載されていません。
記録型のBlu-ray Discドライブなら、ブルーレイディスクの読み込みだけでなく、記録&書き込みも可能です。

書き込み速度

ブルーレイドライブは製品によってディスクへのデータの書き込み/書き換え速度が異なり、1倍速対応の製品もあれば、6倍速や8倍速などに対応した製品もあります。
ブルーレイディスクの容量が大きため、高画質な動画データや大きなデータをBlu-ray Discに書き込みたい方には、書き込み速度が6倍速以上の製品がおすすめです。

対応メディア

ブルーレイディスクにはBD-ROM、BD-RE、BD-Rの3種類があります。記録層の数により1層タイプ(25GB)、2層タイプ(DL)(50GB)、3層(XL)(100GB)または4層タイプ(XL)(128GB)の規格も存在します。
ブルーレイドライブによっては、BDXL非対応かあるいはBDXL対応かのタイプがあります。ご自身が使用しているメディアを購入前に確認しておきましょう。


パート3. ブルーレイ再生ソフトに関する基本知識

外付けブルーレイドライブの購入が必要な場合、Blu-ray再生ソフト付きのが一番オススメです。しかし、そこには、裏があります。外付けドライブに同梱されているBlu-ray再生ソフトは基本的に「PowerDVD 」あるいは「WinDVD」です。どちらも、利用期限があります。PowerDVD、WinDVDでブルーレイ見たい場合は2年おきに買い替えないとダメです。

著作権保護のため、ほぼ全ての市販のブルーレイディスクにAACSというコピーガードがかかっています。どのBD再生ソフトにしろ、暗号化された市販のBDディスクを再生するにはAACSキーが必要です。AACSキーの期限が切れた後、ソフトが市販ブルーレイが再生出来なくなったタイミングなどで、アップデータの通知画面が出ます。その時、ソフトをもう一度購入して、アップグレードしなければ、BDの再生ができません。

Leawo Prof. Mediaの特徴

  • AACSとはディスクで採用されているコンテンツ保護技術です。「advanced access content system」の略です。AACSで著作権保護された市販のDiscコンテンツの再生と、著作権保護が必要なコンテンツの録画・再生に用いられます。
  • AACSキーとは著作権保護のため、暗号化されたディスクを復号化したり、著作権保護付きのコンテンツを記録する場合に暗号化するために必要なものです。


パート3. フリーソフト「Leawo Blu-ray Player」ご紹介

ここで、Leawo Blu-ray Playerというフリーソフトを紹介して頂きたいです。ブルーレイ再生ソフトと言えば、Leawo Blu-ray Playerが一番良いと思います。Leawo Blu-ray Playerは国内初の無料メディアプレーヤーソフトです。使いやすいし、評判が良いし、しかもAACS対応します。この多機能搭載のソフトを使えば、リージョンコード、音声ズレに関する問題を心配する必要がありません。

    Leawo Blu-ray Player

    100% 無料!
    – WindowsでBlu-ray/DVD/ISO/HD動画/音楽を再生可能!
    – 高精細な映像品質を備え、4K動画でもロスレス!
    – Blu-ray/DVDをリージョンフリー再生!
    – 映画館並みの映像空間を創出、最高の映像体験を提供!

    Download Windows Version
    Download Mac Version

さて、Leawo Blu-ray Playerを利用して、パソコンでブルーレイを見ましょう。パソコンでブルーレイを再生する前に、あらかじめ外付けのブルーレイドライブを用意することを忘れないでね。

手順1:ダウンロード
Leawo Blu-ray Playerはwinとmacも対応しているため、上記のボタンをクリックして、正しいバージョンをダウンロードしてください。

手順2:ブルーレイディスクを読み込む
ブルーレイディスクを外付けのブルーレイドライブに挿入してから、Leawo Blu-ray Playerを立ち上げます。ここでは、人気の映画《君の名は。》を例にします。Leawo Prof. Media快照2

手順3:ブルーレイディスクを再生する
《君の名は。》ファイルをクリックすると、プレーヤーが自動的に映画を再生します。Leawo Prof. Media快照2

手順4:他の機能、設定について
右下の「再生リスト」をクリックすると、再生画面の右側に再生リストが表示されます。Leawo Prof. Media快照2

再生画面でマウスを右クリックして、字幕、ビデオ、オーディオ、メニューなどが設定できます。Leawo Prof. Media快照2

他の設定を行う場合、ソフトウェアの設定パネルで、再生、ファイルの関連付け、オーディオ出力、DVD&ブルーレイ、テキスト字幕、言語、スクリーンショット、スキン、電源管理、一般設定を設定できます。
Leawo Prof. Media快照2

このソフトがすごく使いやすいと思いませんか?Leawo Blu-ray Playerはブルーレイだけでなく、DVD/ISO/4K・HD動画/音楽を無料再生できます。先駆的な画像や音声処理技術によって、無料なブルーレイ再生ソフトのLeawo Blu-ray Playerでは、映画館並みの最高の音響システムとクオリティの高い映像が創りだす臨場感があふれています。ご興味のある方は、ぜひLeawo Blu-ray Playerをダウンロードして、試してみてください!


パート4. 「Leawo Blu-ray Player」以外のブルーレイ再生ソフトご紹介

Leawo Blu-ray Player以外、優れたBlu-ray再生ソフトもあります。PC初心者の人なら、自分で動画再生ソフトを探してインストールするのは難しいことかもしれません。そこで、Leawo Blu-ray Player以外のBD再生ソフトを紹介します。

1. PowerDVD(有料)

PowerDVD はパソコン用動画再生ソフトです。市販、レンタル DVD、ブルーレイ ならびに、地デジ放送、BS デジタル、CS 放送などを録画したディスクに加え、最新動画形式 HEVC/H.265 などの再生に対応しています。さらに、HDR 対応テレビを活用する世界初の技術を備えています。
欠点は値段が高いです。AACSに対応できず再生できない場合もあります。

2. WinDVD(有料)

トップクラスの Blu-ray Disc & DVD 再生ソフトウェアです。高解像度 4K ビデオや HEVC(H.265*)から 3D ビデオ、DVD、Blu-ray Disc まで、ドルビーデジタルを含む幅広い形式に対応しています。しかし、CPRMに対応していません。機能もPowerDVDより少ないです。

3. VLC Media Player(無料)

無料のDVDメディアとして知られています。ブルーレイの再生も対応していますが、自作のブルーレイディスクしか再生できません。市販BDの再生が非対応です。