ビデオDVD(for Video)は地デジの番組などを録画するためのDVDです。データDVD(for DATA)は、主にパソコンのデータなどを記録するためのDVDです。DVD-Videoは市販やレンタルのDVDに用いられているテレビで再生ための形式です。 好きな動画をDVDに書き込んで、友達に渡したいですが、店に行くと、DVDの種類と規格が多すぎて、どっちを買うのが全然わからなくなったことありますか?今日はビデオDVDとデータDVDの違い、DVDの種類と規格について説明します。


Part1.ビデオDVDとデータDVDの違い

DVDメディアを購入する際には、注意すべきことは二つあります。

  • お使いのDVDドライブがDVDの規格、種類に対応しているのかをチェックしておく必要があります。
  • ビデオDVD(for VIDEO)とデータDVD(for DATA)の違いに注意を払って、用途に適したDVDを選んでください。


DVDには、「DVD-R」、「DVD-RW」、「DVD+R」、「DVD+RW」、「DVD-ROM」とさまざまな種類があります。前に紹介したことがあります。詳細はこちらの記事をご参照ください。

ビデオDVDとデータDVDの違い

DVDを購入する場合、ビデオ用とデータ用のブランクディスクがあります。今はそれぞれの違いを説明します。

ビデオDVD(録画用DVD)(for Video)

ビデオDVDは、DVDレコーダーなどで録画するためのディスクです。 BSデジタル放送や地上デジタル放送などで放送されている番組は、コピー制限のかかっているので、CPRM対応のDVDでないと記録できません。「録画用」のDVD-R/RWのほとんどの製品とDVD-RAMには、CPRMという著作権保護技術が組み込まれています。 ※ご注意:CPRM対応のDVD+R/RWはありません。 録画用DVD

データDVD(データ用DVD)(for Data)

ビデオDVDは、主にパソコンで使用するためのメディアです。データDVDはデジタル放送の記録をすることはできません。 データ用DVD

PCで動画を空のディスクに書き込みたい場合、データ用DVDと録画用DVDの中で、どの種類のDVDを選んだ方がいいでしょうか?答えはどっちでもいいですよ。DVD-Rでいいです。 ※ビデオDVD(for VIDEO)は、データDVD(for DATA)と同じようにパソコンで使用することもできます。

PCで動画をDVDに書き込む場合三つの方式

PCで動画をDVDに書き込む場合二つの方式があります。ブランクディスクをPCのドライブに挿入すると、下記のようなウィンドウが表示されます。 ディスクの書き込み

× ディスクをUSBフラッシュ ドライブと同じように使用する場合

USB フラッシュ ドライブのようにデータを気軽に追加したり、削除できる形式です。頻繁に更新するようなファイルを書き込む場合は、ライブファイルシステム形式が適しています。

※ 動画ファイルをブランクディスクのフォルダに直接コピー&貼り付けると、作成したDVDはPCのみ再生できます。


ディスクをCD/DVDプレーヤーで使用する場合

この方式はマスター形式です。書き込んだデータを、別のPCやCD/DVDプレーヤーなどの他の機器でも読み取れる形式です。すべてのファイルを一度に書き込む必要があり、書き込み後に個々のファイルを削除することはできません。ライブファイルシステム形式よりも速くデータを書き込むことができ、ファイルの数が多い場合や、データ容量が多い場合のデータの書き込みに適しています。この形式は機種やアプリケーションへの依存が少ないため、他の機種でも書き込まれたデータを読み取ることができます。

※ マスター形式は別のパソコンやCDプレーヤー、DVDプレーヤーなどの他の機器でも読み取れる形式と言いますが、マスター形式で作成したDVDはメディアプレーヤー機能(各種動画ファイルの再生機能)が有り、MP4の動画に対応したプレーヤーの場合のみ再生出来ます。


オーサリングソフトで動画をDVDに書き込む場合

テレビで再生する形式はDVD-Videoという形式です。DVD-VideoがVIDEO_TSフォルダとAUDIO_TSフォルダという二つのフォルダで構成されています。DVD-Videoとは、DVDプレーヤーやパソコンなどで再生できるDVDの形式です。パソコンや家庭用のDVDプレーヤーを問わず、再生することができます。市販やレンタルのDVDは、DVD-Video形式が用いられています。

※ 映像をプレゼントするときなどには、多くのDVDプレーヤーで再生できるDVD-Video形式で作成することをおすすめします。DVD-VideoのDVDを作成するには、オーサリングソフトが必要です。詳細は次のパートをご覧ください。


Part3.オーサリングソフトを使って、動画をDVDに書き込む方法

ディスクをUSBフラッシュ ドライブと同じように使用する場合、ディスクに書き込みたいファイルをコピーして、貼り付けばいいです。しかし、このように作成したディスクなら、DVDプレーヤーで再生できません。DVDプレーヤーで自作のDVDを再生したいなら、DVD焼くソフトが必要です。そのため、今日はオーサリングソフト「Leawo DVD作成」を例にして、動画をDVDに焼く方法を紹介します。

dvd-creator

Leawo DVD 作成

☉ MP4、AVI、MKVなどのようなビデオファイルをDVDに作成可能

☉ 動画ファイルをDVD-5、DVD-9とISOイメージファイルに作成可能

☉ 複数のメニューテンプレートとカスタムデザインが搭載

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

ステップ1. 空のDVDをパソコンのドライブに挿入します。「Leawo DVD作成」を起動して、「ビデオを追加」ボタンをクリックして、動画ファイルを追加できます。 動画をソフトにロードした後、書き込み先ディスクの規格、種類、アスペクト比を選択する必要があります。

Launch-DVD-Creator-1

ステップ2. ソフトウェアの右で、DVDのメニューを作成することができます。メニューテンプレートを選択した後、左上の「鉛筆」のアイコンをクリックすると、メニューを編集、BGMを追加することもできます。

Import-mpeg-4-Files-2 Import-mpeg-4-Files-2

ステップ3. 追加した動画の右にある「編集」ボタンをクリックします。編集メニューは種類によって「トリム」「透かし」「切り抜き」「効果」「3D」五つの部分があります。ニーズに応じて細かい編集ができます。編集完成後、画面の右下にある「保存」ボタンをクリックしてください。

1-2

ステップ4. プログラムで緑の「書き込む」をクリックして、DVD書き込む先のディスクにチェックを入れて、最後は一番下の「書き込む」をクリックして、書き込む作業を開始します。 動画をISOファイル、DVDフォルダに作成することも可能です。

Edit-and-Customize-the-DVD-Menu-3

動画の書き込みが完了した後、プレーヤーで再生することができます。Leawo DVD作成で動画をDVDに書き込むなら、動画を事前にISOファイル、DVD-Videoに変換する必要がありません。すごく便利です。ご興味がございましたら、ぜひお試し下さい。

動画ガイド: