環境設定

1. 表示言語の設定

コントロールボタンの歯車のアイコンをクリックすると、下の設置画面が開きます。

一般タブでは、ソフトの表示言語が設置できます。表示言語を選択肢を選びます。

2. 設定の保存やキャンセル

初期値に戻す:設置をインストール時の初期設定に戻す場合に仕様します。
保存:変更した設定を保存します。
キャンセル:変更した設定をキャンセルして設定画面を閉じます。
適用:変更した設定を適用します。

3. 変換に関する設定

ネイティブコーデックを優先する
日本で利用されているコーデックを優先する場合はチェックします。
MP4ビデオストリーミングを有効にする
変換後のMP4ファイルを、ストリーミング対応にする場合はチェックします。
DVDナビゲータを有効にする
DVDナビゲータを使用する場合はチェックします
強制字幕のみを使用する
強制字幕のみを使用する場合はテックします。
同時変換数
同時に変換処理するファイルの数を設定します。
※ブルーレイ、DVDからの変換時には適用されません。

4. コピー&書き込みに関する設定

ビデオモードの設定
DVDを書き込みする場合、ビデオモードをNTSCとPALから選択します。日本で一般的に使用されているはNTSCです。

ディスクのリージョンコード
ディスクを開く前に確認するを選ぶと、ディスクを変更するごとにリージョンコードを確認します。リージョンコードを固定する場合には、その他の設定から選択します。

5. Youtubeダウロードに関する設置

同時ダウロード数
複数の動画をダウロードする場合、同時にダウロードを実行する動画の数が設置できます。ご利用中のネット回線の通信速度があまり速くない場合は、より小さな数値を設置してください。

ビデオの保存先
ダウロードしたビデオの保存するファイルを設置することができます。

最初に開くページ
動画サイトを追加した時に、開くページはホームページと空白ページから設置できます。

ホームページ
ダウロード機能を利用する時、最初に表示されるページが設置できます。
初期設定はYoutubeを設置しています。

閲覧履歴
ダウンロード機能で閲覧した情報を残さないようにする場合は、削除するをチェックします。

6. パフォーマンスに関する設置

使用するCPUコア数
複数のコアを持つCPUをご利用の場合、本製品に割り当てるコア数を設置できます。大きなコア数が選択する場合、ソフトの性能をより高めることになります。また、IntelのGPUを持つCPUをご利用の場合、「GPUアクセラレーションを有効」が表示されます。

7. 接続に関する設置

プロキシ
プロキシを利用する場合、ここで設置してください。

自動アップデート
プログラムのアップデータをチェックするタイミングを設置できます。

8. その他に関する設定

字幕
字幕を追加する場合、字幕ファイルの保存先を設置でき、SRTファイルを利用可能です。また、規定のエンコーディングで字幕ファイルのエンコーディングを設置できます。

スクリーンショット
プログラムで撮ったスクリーンショットの保存先と画像のフォーマットを設定できます。

次のページ >>