ブルーレイをDVDにコピー

ステップ1:ブルーレイ素材を追加

まずは、ドライブにブルーレイディスクを挿入してください。
コピーモジュールで「BD/DVDを追加」ボタンをクリックして、ブルーレイファイルを追加します。
また、ブルーレイファイルを直接にドラッグでソフトに追加することもできます。

ステップ2:コピームードやディスクタイプを設定

ブルーレイファイルを挿入した後、設定画面の左下にあるコピームードやコピー先のディスクタイプを設定することができます。また、字幕や音声も設定可能。
設定完了後、「プレビュー」ボタンをクリックすると、プレビューできます。
コピームードには、「フルムービー」、「みんムービー」、「カスタムモード」という3つのムードがあります。ディスクタイプには、「BD50」、「BD25」、「DVD-9」、「DVD-5」などのタイプがあります。ニーズに応じて選択してください。

ステップ3:コピーを設定

コピームードやディスクタイプを設置した後、右上にある「コピー」ボタンをクリックします。コピー先やディスクラベル、保存先の設定をしてください。

一般的にパソコンが1台のドライブしか搭載されていない原因で、まずはフォルダやISOファイルとして保存します。そして、ドライブにブランクディスクを挿入して、保存されたファイルをブランクディスクに書き込みます。

もし複数ドライブが搭載されている場合は、直接にブランクディスクに書き込むこともできます。

ステップ4:コピーを開始

設定完了後、下中にある「コピー」ボタンをクリックすると、コピーが始まります。

次のページ >>