Windows10のパソコンでMP4形式の動画をDVD-Rに書き込みました。パソコンでは再生できますが、家庭用DVDプレイヤーや車のカーナビにDVDを入れると再生できません。それはどうしてですか?何かよい方法はないでしょうか?

という質問が聞かれました。

「インターネットからダウロードしたMP4形式の動画、またはスマホで撮った動画をDVDに焼けてテレビのDVDプレーヤーで見たい」と思う人はたくさんいるでしょう。しかし、MP4をDVDに作成してもDVDプレイヤーで正常に再生できないという状況も常にあります。本記事は、MP4から作成されたDVDがDVDプレイヤーで再生できない解決策を説明します。

パート1:MP4をDVDに作成してもDVDプレイヤーで再生できない原因

もしWindowsの機能を利用して、MP4ファイルをDVDに作成する場合、通常はこのような2つの方式があります。

Windowsの機能でDVDを作成する方式

  • 方式1:DVDディスクをUSBフラッシュドライブと同じように使用しました。
  • Windowsの機能を使用して、MP4をDVDに作成する時に、もしDVDをUSBと同じように使用すると、MP4のファイルはライブファイルシステム形式で書き込まれます。こうして作成したDVDディスクはPCで再生できますが、DVDプレイヤーでは再生できません。

  • 方式2:DVDディスクをCD/DVDプレイヤーで使用することを設定しました。
  • この方法を利用すると、MP4ファイルはマスターディスク形式で書き込まれます。こうして作成したDVDディスクはパソコンで再生できます。または、MP4形式に対応するDVDプレイヤーしか再生できません。

オーサリングソフトが必要

    上記の2つの方法でMP4をDVDに作成できますが、基本的にはDVDプレイヤーで再生することができません。DVDプレーヤーで見るならDVD-Videoフォーマット規格で作成しなければなりません。ここで、DVD-Video形式に変換するオーサリング作業が必要です。ここで、MP4をDVD直接作成できるオーサリングソフトLeawo DVD作成を紹介します。

パート2:オーサリングソフトを利用してMP4をDVDに作成する方法

Leawo DVD作成はMP4だけでなく、MKV、AVI、WMA、M4V、VOBなどの動画形式をDVDに直接に書き込むことができるソフトです。シンプルな操作だけであらゆる形式の動画や画像ファイルを簡単にDVD/ISOファイル/フォルダに作成できます。また、ビデオ効果調整、透過しの追加、3D効果の追加、ノイズ除去など基本的な機能の他に、メニュー編集機能も搭載されます。難しい設定が必要なく、初心者でも簡単に高品質のDVDディスクを作成できます。

では、実際にLeawo DVD作成を使ってMP4をDVDに書き込みます。下記の手順をご参考ください。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

ステップ1:

Leawo Prof. Mediaをダウンロードしてインストールします。そして、「Blu-ray/DVD作成」を起動します。

「Blu-ray/DVD作成」を起動

ステップ2:

「ビデオを追加」ボタンをクリックして、またはドラッグ&ドロップでMP4動画を追加します。

MP4動画を追加

ステップ3:

追加した動画の右にある「編集」ボタンをクリックしてください。動画編集画面で動画の明るさ、コントラスト、彩度、音量などを調整できます。また、透かしや3D効果追加などの機能も搭載されています。

動画を追加 効果を編集

右下で、作成先ディスクタイプや動画のアスペクト比を設定できます。

ディスクタイプを設定

ステップ4:

ソフト画面の右上にある大きな「書き込み」ボタンをクリックしてください。

書き込み先、ディスクラベル、保存先をニーズよって設置してください。

設置完了後、下にある円形の「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み作業が開始です。

変換開始 変換開始