DVDは、日常生活における重要なデジタルメディアになっており、動画、音声、画像、字幕などのデジタルリソースの転送において主流になってています。DVDムービーを購入したことがあれば、DVDを知っているはずです。確かに、最新のDVDから素晴らしいデジタル情報を得ることができます。

さまざまなDVDを使い、DVDに関する詳しい情報はご存知ですか?例えば、DVDの作成プロセスを知っていますか?DVDの作成に必要なものは何ですか?DVDの作成に関しては、「DVDオーサリング」でなければなりません。DVDオーサリングとは何ですか?DVDオーサリングの操作方法は?それでは、DVDオーサリングの世界にご案内します。以下の記事をご覧いただければ、関連の知識が得られると思います。

パート 1.DVDオーサリングとは?

dvd authoring

一般的に言うと、DVDオーサリングは、DVDを作成するプロセスを指します。家族が集いやパティーでみんなに配るために、一連のビデオをDVDに保存する場合もあります。このような場合はどうすればよいのでしょうか?DVDプレーヤーと完全に互換性のあるDVDを作成できるDVDオーサリングの技術を知る必要があります。

オーサリングとは

    DVDオーサリングとは、ビデオ、オーディオ、画像、アニメーションなどのファイルをDVDプレイヤーで再生可能な形式に作成することです。
    DVD映像を表示させるメニューを編集して、DVDタイトルを制作することをDVDオーサリング、そのためのソフトをDVDオーサリング・ソフトという。DVDオーサリングソフトウェアを使用してコンテンツをDVDに書き込んで、デバイス上で再生することができます。

通常のDVD作成手順はまずムービーやビデオなどのコンテンツを用意します。次に、DVDオーサリングソフトウェアで、アートワーク、ユーザメニュー、チャプターファイル、その他のファイルを作成して、ブランクディスクに書き込みます。最後に承認されたDVDを複製し、大量生産します。したがって、DVDオーサリングはビデオ撮影後、重要な編集ステップであり、デジタルソースデータをDVDコンテンツに変える鍵となります。

パート 2.DVD作成に必要なもの

カメラ、スマホで撮った動画、息子の誕生日のビデオ、結婚式で流したい映像などをDVDに書き込んで、DVDを作成したい場合、何が必要ですんか?詳細は下記をご覧ください。

DVD作成に必要なもの

  • DVDドライブ搭載のパソコン
  • DVDが再生できるドライブなら、基本的にDVDの書き込みができます。古すぎる型番なら、書き込みに対応していない可能性もあります。具体的にはドライブの正面のロゴをチェックしてください。
    記事:『DVDドライブの外見で見分ける方法』

  • DVDオーサリングソフト
  • 書き込み可能のブランクディスク

パート 3.ディスクを正しく選択する方法

discs

前述のように、DVDオーサリングはビデオ、音声、グラフィックスなどのファイルを完全にDVDディスクに変換するため、DVDオーサリングのプロセスを開始する前に、どのDVDディスクが適しているかを確認する必要があります。

POINT

    DVDには、DVD-R/RW/ RAM、DVD+R/RWなどたくさんの種類があります。DVD-RはDVDプレーヤーと互換性があります。たいていの場合、記録容量と価格が手頃なので、情報の書き込みが1度に限定された追記型DVD-Rを選べばいいです。

    詳細のDVD選択方法:『DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RWの違い』

パート 4.Leawo DVD 作成でDVDオーサリングを実行する方法

DVDディスクの種類を確認したら、DVDオーサリングを行うことが出来できます。
DVDの作成には、サードパーティのDVDオーサリングソフトウェアが必要です。無料のオーサリングソフトウェアがありますが、フリーソフトを利用すると、PCに不要なソフトがインストールされる可能性があります。また、ウイルスに感染してしまう可能性もあるので、オススメしないです。

多くのDVDオーサリングツールが市販されています。ここではLeawoのDVDクリエーターを強くおすすめします。「Leawo DVD作成」は、AVI、MKV、MP4、WMV、FLVなどの180以上のビデオと写真を6倍速の速度でDVDを書き込むことができます。また、すべてのDVDメニューテンプレートを無料で体験することができ、自分の好みに合わせてビデオを編集することもできます。また、字幕やオーディオトラックを自由に選択したり、ビデオの変更を即座にプレビューしたり、スクリーンショットを撮ることもできます。以下の詳細な手順を参照してください。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

Leawo DVD作成でビデオをDVDにライティングする方法

ステップ1. コンピュータにLeawo DVD作成をダウンロードしてインストールします。
ムービーを保存するために、十分な容量の新しいDVDをディスクドライブに挿入します。
「Leawo Prof.Media」を開き、「DVD作成」機能を選択します。

Leawo-DVD-creator

ステップ 2. 「ビデオを追加」ボタンをクリックして、動画をソフトウェアに取り込みます。
ソフト左下で書き込みディスクの規格、アスペクト比を設定します。

Leawo-DVD-creator

ステップ 3. ディスクメニューを設定します。
メニューの写真、BGM、タイトルボタンの位置を自由に設定できます。

Leawo-DVD-creator

ステップ 4. ビデオをプレビュー、編集します。
「編集」ボタンをクリックして、ビデオをプレビューすることができます。
透かし追加、時間カット、ノイズ除去なども可能です。

Leawo-DVD-creator

ステップ 5. ソフト右上の緑の「書き込み」をクリックしてから、動画をDVDフォルダ、ISOファイル、DVDに作成することができます。動画をDVDに書き込みたいなら、最後のディスクにチェックを入れて、一番下の「書き込み」をクリックして、書き込むプロセスを開始します。

Leawo-DVD-creator

動画ガイド|Leawo DVD作成

ご注意事項:

1. PCでビデオをDVDのフォルダに直接コピー&貼り付けの場合、ビデオDVDではなく、データDVDを作成してしまうので、気を付けてください。データDVDは、テレビで再生することができません。

2. PCでDVDを作成する場合、ファイナライズする必要がありません。ファイナライズとは、プレーヤーでダビングしたDVD(追記可能なDVD)を、 他機器で再生可能なDVD(読み取り専用メディア)にデータ配列を変える処理のことです。

3. PCに無料のDVDプレーヤー・ソフトウェアをインストールすれば、パソコンでDVDを再生することもできます。

結論:

DVDのオーサリングは、DVDプレーヤーで再生可能のDVDを作成することに必要です。Leawo DVD作成というオーサリングソフトを利用して、テレビで再生可能なDVDを作成することが簡単にできます。