「パソコンにたくさんのデータが保存されていて、ストレージがいっぱいになった。
PCにある写真をDVDに保存したいですが、やり方が分からなくて、困っています。できれば、動画もディスクに保存したいです。」

写真・動画を人に渡したりするときに、DVD・CDやブルーレイディスクに焼いて渡すと相手も簡単にパソコンで見ることができるため、とても便利です。今回の記事はパソコンにある写真、動画などのデータを空のディスクに書き込み、コピー方法を説明します。

パート1. 写真をDVDに書き込む方法

まずは書込みができるDVD・CDメディアをパソコンのドライブに入れてください。写真・動画の容量が大きい場合はCDには入らないで、DVDにしてください。

DVDは複数の規格があります。それについて分からない方は、こちらの記事をご覧ください。

ドライブ

ステップ1. 空のディスクをパソコンに入れる

ディスクをドライブに挿入して、「マイコンピュータ」でドライブフォルダを開きます。

ディスクの書き込み

ステップ2. ディスクの書き込み方法を選択する

ドライブフォルダを開くと、「ディスクの書き込み」というポップアップウィンドウが開きます。今回は写真を書き込んだDVDを作成するため、「CD/DVDプレーヤーで使用する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

ディスク作成

ステップ3. ファイルをディスクフォルダにドライブする

エクスプローラーが「ディスクに書き込む準備ができたファイル」という表示になりました。ここに写真、動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

DVD-書き込み完了

ステップ4. ディスクをファイナライズする

全ての写真ファイルをフォルダにドラッグ&ドロップした後、この状態でエクスプローラーの上のタブから「管理」タブをクリックします。そして「書込み完了する」をクリックします。

ディスクのタイトル

ステップ5. ディスク書き込みの詳細を設定する

該当DVDのタイトルと書き込み速度を設定します。
書き込み速度について、メディアとドライブに合った速度で記録するのがオススメです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

ディスク書き込み完了

ステップ6. 書き込みプロセスの完了を待つ

書き込みのプロセスが完了した後、同じファイルを利用して別のディスクを作成可能です。
ウィンドウを閉じるには、「完了」をクリックします。

パート2. 動画をDVDに焼く、ビデオを作成する方法

パソコンの動画のみをディスクに書き込んで、プレーヤーで再生しようとする場合、ビデオディスクの作成をオススメします。パート1の方法で作成したのはデータディスクで、市販の映画DVDのようにプレーヤーで直接再生することができません。
ビデオディスクを作成するにはオーサリングソフトウェアが必要です。今日はLeawo DVD作成というオーサリングソフトを例示して方法を説明します。

Leawo DVD作成はあらゆる動画、音声、画像、スライドショーからDVDを作成するブルーレイ/DVD作成ソフトです。DVDビデオの長さを編集、動画サイズをクロップ、ビデオの明るさ/コントラスト/彩度を調整、同時にビデオに画像/テキスト透かしも追加可能。作成したDVDディスクにメニューテーマの設定、背景の設定、ボタンの設定とキャプションの選択で、より高度なカスタマイズができる。DVDと3D作成機能のほかに、ISOファイル形式で出力することもできる。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験