DVD主はDVD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-RAMなどの種類があります。この記事は、DVDの規格、DVDの種類、DVD-RとDVD-RWの違いについて説明します。また、ビデオDVDとデータDVDの違い、動画をDVDに書き込む方法も一緒に説明します。


パート 1: DVDの規格と種類

DVD(Digital Versatile Disk)とは1995年にオランダのフィリップス社、ソニー、パナソニック、東芝などによって規格化された大容量光ディスクです。多用途向けの記録媒体であり第二世代の光ディスクの一種として、高品質な映像が保存できることで広く普及され、幅広い分野で活躍しています。今はブルーレイの時代で、DVDが消えるのは時間の問題なのですが、登場から十数年のDVDは歴史に輝く姿をした。


DVDの規格

DVDは四つの規格があります:片面一層(DVD5)、片面二層(DVD9)、両面一層(DVD10)、両面二層(DVD18)。ディスクの規格、サイズによって、容量が違っています。

規格 12cm 8cm
片面一層(DVD5) 4.7 GB 1.4 GB
片面二層(DVD9) 8.54 GB 2.6 GB
両面一層(DVD10) 9.4 GB 2.8 GB
両面二層(DVD18) 17.08 GB 5.2 GB


DVDの種類

DVD主はDVD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-RAMなどの種類があります。今はこれらの違いを分かりやすく紹介します。

  • DVD-ROM:読み出し専用型
    DVDにコンピュータ用の読み取りファイルを記録したもの、ゲームやDVDビデオソフトなども含めたDVD-ROMはあくまで読み取り専用であり、。データの書き込む機能はありません。
  • DVD+R/DVD-R:書き込み可能型
    一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。書き込み可能な容量が残っていれば、追記可能です。
  • DVD+RW/DVD-RW:繰り返し記録型
    約 1,000回のデータの書き込みや書き換えが可能な DVDです。記録したデータを削除することもできます。DVD プレーヤーでも再生可能です。
  • DVDフォーラムが制定した正式規格:DVD-R/DVD-RW
    いま最も普及し、DVDドライブでの互換性が高い価格も安いメディア。 ほとんどのDVD機器で再生でき、互換性が高い。
  • DVD+RWアライアンスが制定した別規格:DVD+R/DVD+RW
    これらの規格はDVDフォーラムの規格外のため厳密にはDVDとは呼べず、DVDロゴは付いていない。また正式名称に「DVD」の文字はない。このように本来のDVDとは似て非なるものであるが、互換性がDVD-R/DVD-RWより高いが、2005年前の機器なら、再生できない可能性があります。
  • DVD-RAM
    Digital Versatile Disc Random Access Memoryの通称。読み書き可能なフォーマットであり、繰り返し記録型です。PD規格を提案したことがあるパナソニックが中心となって開発された。内部でさらに細かい仕様の分類があり、容量は片面1.46 – 4.7GB、両面2.92 – 9.4GB。2層タイプは製品化されていない。デメリットは前述の構造上の特徴からDVD-Videoとの互換性が無い点であり、DVD再生専用プレイヤーやDVD再生対応ゲーム機などで対応機種が少ない点である。
  • ※ ビデオDVDとデータDVD
    DVDにはまた、ビデオDVDとデータDVD二つの種類があります。ビデオDVD(for Video)は地デジの番組などを録画するためのDVDです。データDVD(for DATA)は、主にパソコンのデータなどを記録するためのDVDです。どちらもパソコンで使用することができます。
    詳細は下記の関連記事をご覧ください。


DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RWの違い

種類 DVD+R/DVD-R DVD+RW/DVD-RW
容量 約4.7GB 約4.7GB
記録回数 1回のみ 約1000回
最大転送レート 44.32Mbps 22.16Mbps
ビデオフォーマット DVDビデオ DVDビデオ
DVD-VR
メリット 値段が安い
互換性が高い
繰り返し利用が可能
DVD-VRに対応でき
用途 データの長期保存 データの編集や交換

スーパーマルチDVDドライブ(現在は主流)搭載でしたら気にしないで全てのDVDメディアを普通に使用する事が出来ます。


パート 2: 動画をDVDに書き込む方法

「Leawo DVD作成」 DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RWなど、ほぼ全てのDVDメディアに対応でき、動画や写真をDVDに直接書き込むことができるソフトです。自家製クリップ、ダウンロードした映画やAVI、MKV、MP4、WMV、Xvid、MOV、FLVなどの一般ビデオを含むすべてのビデオソースから品質の高いDVDを作成できます。ユーザーのために、様々なDVDメニューテンプレートが提供されていて、また、メニューのカスタマイズに対応しています。Leawo DVD作成は、技術的な知識がなくても楽にビデオをDVDに書き込むことができる最高のDVD作成ソフトウェアです。

  • dvd作成
  • Leawo DVD作成

    ☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに書き込み
    ☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW ほぼ全てのDVDメディアに対応
    ☉ DVDメニューテンプレートを自由に選択可能
    ☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応
    Download Windows VersionDownload Mac Version

Leawo DVD作成で動画をDVDに焼く方法は、下記の手順をご参照ください。

  1. 「Leawo DVD 作成」を開いて、プログラム画面で「書き込む」を選択します。その後、「ビデオを追加」をクリックして、動画ファイルを追加します。
    isoファイル追加
  2.  

  3. 追加した動画の右にある「編集」ボタンをクリックします。編集メニューは種類によって「トリム」「透かし」「切り抜き」「効果」「3D」五つの部分があります。ニーズに応じて細かい編集ができます。編集完成後、画面の右下にある「保存」ボタンをクリックしてください。
    1-2
  4.  

  5. 書き込み可能なDVDディスクをドライブに挿入してください。画面の左下にある選択肢でディスクタイプを設置ください。
    1-2
  6.  

  7. ソフト画面の右半分にテンプレートメニューがあります。目のアイコンをクリックして、ディスクメニューがプレビューできます。鉛筆のアイコンをクリックして、ディスクメニューの背景イメージやBGMが設置できます。
    1-2
  8.  

  9. ソフト画面の右上にある長方形の「書き込み」ボタンをクリックしてください。書き込みメニューで「書き込み先」「出力形式」「ディスクラベル」などの設置ができます。設置完成以後、画面の右下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み作業がスタートします。
    1-2
  10.  

  11. 動画ガイド:

結論:

オリジナルDVDビデオ作成したい場合、家電製品のDVDプレーヤーとの互換性が高いDVD-Rがオススメです。
PCの音楽、写真などのデータの保存して、ディスクをUSBメモリーのように利用したい場合、。頻繁に更新するようなファイルを書き込む場合は、繰り返し利用可能なDVD-RWがおススメです。

「Leawo DVD作成」 は動画をDVDに書き込んている時、書き込み速度、安定性、 滑らかさ、UE、書き込み品質やほかの要素を保つ同時に、動画編集機能、3Dムービー効果追加、ディスクメニュー追加と編集機能最大限に発揮します。Leawo DVD作成は無料体験することはできますので、興味があれば、ぜひ一度ダウンロードして体験してください。