DVD(Digital Versatile Disk)とは1995年にオランダのフィリップス社、ソニー、パナソニック、東芝などによって規格化された大容量光ディスクです。多用途向けの記録媒体であり第二世代の光ディスクの一種として、高品質な映像が保存できることで広く普及され、幅広い分野で活躍しています。今はブルーレイの時代で、DVDが消えるのは時間の問題なのですが、登場から十数年のDVDは歴史に輝く姿をした。そこで今回は、DVDを紹介して、DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RWの違いと動画をDVDに書き込む方法を皆さんにご説明いたします。

 

 

パート 1: DVDの規格と種類

DVDの規格

DVDは四つの規格があります:片面一層(DVD5)、片面二層(DVD9)、両面一層(DVD10)、両面二層(DVD18)。ディスクの規格、サイズによって、容量が違っています。

種類 12cm 8cm
片面一層(DVD5) 4.7 GB 1.4 GB
片面二層(DVD9) 8.54 GB 2.6 GB
両面一層(DVD10) 9.4 GB 2.8 GB
両面二層(DVD18) 17.08 GB 5.2 GB

DVDの構造と規格について、もっと詳しく知りたい方はこちらへ:

DVDの種類

DVD主はDVD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW四つの種類があります。今はこれらの違いを分かりやすく紹介します。
DVD-ROM:読み出し専用型。DVDにコンピュータ用の読み取りファイルを記録したもの、ゲームやDVDビデオソフトなども含めたDVD-ROMはあくまで読み取り専用であり、。データの書き込む機能はありません。
DVD+R/DVD-R:書き込み可能型。一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。書き込み可能な容量が残っていれば、追記可能です。
DVD+RW/DVD-RW:繰り返し記録型。約 1,000回のデータの書き込みや書き換えが可能な DVDです。記録したデータを削除することもできます。DVD プレーヤーでも再生可能です。
DVDフォーラムが制定した正式規格:DVD-R/DVD-RW。いま最も普及し、DVDドライブでの互換性が高い価格も安いメディア。 ほとんどのDVD機器で再生でき、互換性が高い。
DVD+RWアライアンスが制定した別規格:DVD+R/DVD+RW。これらの規格はDVDフォーラムの規格外のため厳密にはDVDとは呼べず、DVDロゴは付いていない。また正式名称に「DVD」の文字はない。このように本来のDVDとは似て非なるものであるが、互換性がDVD-R/DVD-RWより高いが、2005年前の機器なら、再生できない可能性があります。
ご注意: スーパーマルチDVDドライブ(現在は主流)搭載でしたら気にしないで全てのDVDメディアを普通に使用する事が出来ます。

DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RWの違い

種類 DVD+R/DVD-R DVD+RW/DVD-RW
容量 約4.7GB 約4.7GB
記録回数 1回のみ 約1000回
最大転送レート 44.32Mbps 22.16Mbps
ビデオフォーマット DVDビデオ DVDビデオ
DVD-VR
メリット 値段が安い
互換性が高い
繰り返し利用が可能
DVD-VRに対応でき
用途 データの長期保存 データの編集や交換

 

パート 2: 動画をDVDに書き込む方法

「Leawo DVD作成」 DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RWなど、ほぼ全てのDVDメディアに対応でき、動画や写真をDVDに直接書き込むことができるソフトです。自家製クリップ、ダウンロードした映画やAVI、MKV、MP4、WMV、Xvid、MOV、FLVなどの一般ビデオを含むすべてのビデオソースから品質の高いDVDを作成できます。ユーザーのために、様々なDVDメニューテンプレートが提供されていて、また、メニューのカスタマイズに対応しています。Leawo DVD作成は、技術的な知識がなくても楽にビデオをDVDに書き込むことができる最高のDVD作成ソフトウェアです。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ 品質の損失なしにMP4、AVI、MKVのようなすべてのビデオファイルをDVDに作成可能

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ 複数のメニューテンプレートとカスタムデザインが搭載

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

Leawo DVD作成で動画をDVDに焼く方法は、下記の手順をご参照ください。

  1. 「Leawo DVD 作成」を開いて、プログラム画面で「書き込む」を選択します。その後、「ビデオを追加」をクリックして、動画ファイルを追加します。
    isoファイル追加
  2.  

  3. 追加した動画の右にある「編集」ボタンをクリックします。編集メニューは種類によって「トリム」「透かし」「切り抜き」「効果」「3D」五つの部分があります。ニーズに応じて細かい編集ができます。編集完成後、画面の右下にある「保存」ボタンをクリックしてください。
    1-2
  4.  

  5. 書き込み可能なDVDディスクをドライブに挿入してください。画面の左下にある選択肢でディスクタイプを設置ください。
    1-2
  6.  

  7. ソフト画面の右半分にテンプレートメニューがあります。目のアイコンをクリックして、ディスクメニューがプレビューできます。鉛筆のアイコンをクリックして、ディスクメニューの背景イメージやBGMが設置できます。
    1-2
  8.  

  9. ソフト画面の右上にある長方形の「書き込み」ボタンをクリックしてください。書き込みメニューで「書き込み先」「出力形式」「ディスクラベル」などの設置ができます。設置完成以後、画面の右下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み作業がスタートします。
    1-2
  10.