インターネット接続が不安定の場合、バッファ不足でビデオ再生が重くなるラグが発生します。幸い、Windows Media Playerを設定することを通してビデオのストリーミングスピードをアップでき、問題を解決できます。この記事では、その方法を詳しく解説します。



パート1:ハードウェアアクセラレーションについて

コンピューターのハードウェアはそれぞれ違うため、パフォーマンスも異なります。CPU(シーピーユー、英: Central Processing Unit)はコンピューターの動きをサポートするほか、実行しているソフトもサポートしなければなりません。コンピューターでメディアプレーヤーを利用してビデオを再生するとき、動画の読み込みが遅いときがあります。そのタイミングで、プレーヤー自体は加速すると同時に、CPUも加速する必要があります。コンピューターのハードウェアアクセラレーション機能を有効にすることを通して、グラフィックカードのGPUのロード時間の短縮が実現され、ウェブコンテンツの表示を高速化されます。


コンピューティングにおいて、ハードウェア・アクセラレーション (英: hardware acceleration) とは、なんらかの機能を通常の汎用プロセッサ (CPU) 上で動作するソフトウェア(コンピュータ・プログラム)による実装で処理したのではレイテンシやスループットが遅い、消費電力が大きい、などといった問題があるような場合に、ハードウェア実装による支援で実行速度などを加速(アクセラレーション)し、システム全体の性能や効率を向上させる技術です。ハードウェア・アクセラレーション機能を有効にすると、ビデオの読み込みが遅く、電力消耗が大きくなるディメリットがありますので、機能自体に好ましくなくて、オフにするユーザーも多いです。


それと同じように、Windows Media Playerでさまざまなデジタルビデオとオーディオファイルを再生するときに、ハードウェア・アクセラレーションをオンにすると、さまざまなメリットがあります。たとえば、バッファ不足が改善され、動画がスムーズに再生されます。ハードウェア・アクセラレーションのほか、Windows Media Player内部のビデオアクセラレータを設定することによって、さらに動画再生機能を上げられます。



パート2:ハードウェア・アクセラレーション、及びWindows Media Player内部のビデオアクセラレータをオンにする方法

上述のように、ハードウェア・アクセラレーション、及びWindows Media Player内部のビデオアクセラレータをオンにしたら、コンピューターの性能をアップでき、Windows Media Playerでよりスムーズにビデオを再生できるようになります。


ハードウェア・アクセラレーションをオンにする方法

Windows 10 OSでのプレーヤーはスムーズに動画を再生できないのはハードウェア・アクセラレーションによる可能性があります。ハードウェアアクセラレーションの設定とPCとの相性によって、映像が見られないことがあります。こういうとき、ハードウェアアクセラレーションを解除することで、状況が改善する可能性があります。

PCでハードウェアアクセラレーションの設定手順は以下のようです。

  • 1.右上のメニューを開く
  • 2.「設定」をクリック
  • 3.「詳細設定の表示」をクリック
  • 4.[ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する]のON/OFFを切り替える
    ハードウェアアクセラレーションの影響で、動画を見れないとき、それをオフにします。
    逆に、ハードウェアアクセラレーションが必要の場合、それをオンにします。


Windows Media Player内部のビデオアクセラレータを設定する方法

ハードウェア・アクセラレーションをオンにした後、コンピューターとWindows Media Playerを再起動し、動画再生スピードがアップされるかどうかを確認します。その後、下記の手順に沿って、Windows Media Player内部のビデオアクセラレータを設定したら、さらに動画再生機能を上げられます。


ステップ 1. Windows Media Playerを開いて、トップのメニューバーから「ツール」をクリックし、「オプション」を選択します。


ステップ 2. 「パフォーマンス」タブを選択し、「DVDおよびビデオの再生」の欄の「WMVファイルのDirectXビデオアクセラレータを有効にする」のチェックボックスにチャックを入れます。


ステップ 3. 「適用」→「OK」をクリックします。終わってから、パネルを閉じて、プレーヤーを再起動し、ビデオアクセラレータを有効にします。


パート3:Windows Media Player以外に、ハードウェア・アクセラレーション機能を備えるほかのプレーヤー

Windows Media Player内部のビデオアクセラレータをオンにしても、WMVファイルの読み込みスピードしかアップできません。ほかのフォーマットのデジタルビデオを再生するにはほぼ影響がないです。では、WMV形式以外のビデオを再生するとき、どうやって再生効果を強化しますか。実は、Windows Media Player以外に、ハードウェア・アクセラレーション機能を備えるほかのプレーヤーもあります。一部のプレーヤーはデジタルタイプに対する制限がありません。下記にて、その制限がないハードウェア・アクセラレーション機能を備えるプレーヤー三つを紹介します。


No. 1 Leawo Blu-ray Player

オールインワンのフリーメディア再生ソフトとして、Leawo Blu-ray Playerはすべてのメディア再生(ブルーレイ、DVD、CD、HD(4K)、 AVI、 MPEG、WMV、ASF、FLV、MKV/MKAのISOファイル等を含む)を堪能できて、最高の視聴体験を提供されます。先進的なイメージとオーディオ処理技術を採用したため、Leawo Blu-ray Playerはロスレス品質で任意の地域からのDVD(4K ビデオ、ステレオオーディオを含む)の暗号化を解除でき、再生できます。


それ以外、Leawo Blu-ray Playerは様々な実用的な付加機能があります。例えば、便利な電源管理機能、スキン/背景/言語をカスタマイズする機能、スクリーンショット機能、バーチャルリモコン機能など。それに、ユーザーは好みによってパラメーターを調整できます。すべての設定は自動的に完了できます。必要に応じて、ハードウェアアクセラレーションをオン/オフにすることも可能です。SRTを含む、さまざまな字幕フォーマットをサポートできます。


関連記事:『関ジャニ’sエイターテインメント』ライブDVD/Blu-rayのマルチアングル再生方法

media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray Player

無料でBD/DVD/ISO/HD動画/4K動画再生可能!
☉ Blu-ray/DVDをリージョンフリー再生!
☉ MP4、AVC、MTS、MKV、AVCHDなどの形式に対応!
☉ 映画館並みの映像空間を創出、最高の映像体験を提供!
☉ 英語、ドイツ語、フランス語など、多言語に対応!

無料体験 無料体験


No. 2 VLCメディアプレーヤー

VLCメディアプレーヤーはさまざまな形式のHD映画とテレビ番組を再生できるクロスプラットフォームで動作するメディアプレーヤーです。さまざまなオーディオ/オーディオデコーダ、ファイルフォーマット(たとえば、MPEG-1、 MPEG-2、MPEG-4、DivX、MP3、OGGなど)、DVD/ VCDビデオディスク、ストリーミングプロトコルをサポートします。IPv4とIPv6の次世代インターネット接続方式では、ユニキャスト/マルチキャストストリーミングサーバーとして使えます。FFmpegプロジェクトとlibdvdcssライブラリが内蔵されているので、マルチメディアファイルと暗号化されたDVD-Videoを再生できます。264/VC-1/MPEG-2形式の動画を再生する際に、GPUによるハードウェアアクセラ レーションを利用することも可能です。Linux環境でも当該機能を適用できます。


No. 3 Media Player Classic – Home Cinema(MPC-HC)

MPC-HCはシンプルで使いやすい動画再生ソフトです。クラシックなMedia Player Classic (MPC)の派生版です。Windows Media Player 6.4によく似たシンプルなインターフェースを持ちながら、独自に機能を強化したソフトとして、さまざまな形式のビデオとオーディオを再生できます。MKVフォーマットのビデオファイルを直接サポートできて、特定のレンダリングモードでは、RealMedia / QuickTimeビデオファイルの外部字幕を表示できます。任意のオーディフォファイルをビデオの他らしいオーディオトラックとして使用できます。Windows Vista OSとうまく互換できます。ベース版のMPCと比べると、さまざまな付加機能が導入されます。たとえば、EVRレンダラーとか。ATIビデオカードがある場合、264/VC-1形式の動画を再生する際に、GPUによるハードウェアアクセラ レーションを利用することも可能です。


パート4:まとめ

Windows向けのディフォルトメディアプレーヤーとして、多くのユーザーにとって、ハードウェアアクセラレーション搭載のWindows Media Playerは最も使いやすく、もっとも身近な存在です。しかし、このクラシックなメディアプレーヤーはスムーズに動画を再生できないときがあります。よりよい優れた観賞体験をお届けるために、上記にはWindows Media Playerより性能がいいLeawo Blu-ray Player、VLCメディアプレーヤーとMedia Player Classic – Home Cinema(MPC-HC)を紹介します。いずれもハードウェアアクセラレーション搭載のほか、インタフェースがシンプルで、操作方法が簡単で、しかも無料だという特徴を持っています。パソコンとの相性のことで、ハードウェアアクセラレーションも万全ではありませんが、動画の読み込みが重いとき、試す価値があります。