ブルーレイリッピングソフト

ブルーレイはDVDに取って代わるメディアフォーマットです。DVDフォーマットと比べると、ブルーレイは大容量、高画質(HD)と高品質オーディオの特徴を持つので、間もなく映画業界とテレビ業界を征服しました。この新しい技術は最大で60fpsの高精細度(720pと1080p)と超高精細度2160p(3840×2160 画素)のビデオを格納できます。

さまざまな動画配信サービスの普及によって誰もが高画質な動画を携帯で視聴できるようになり、移動中に映画やドラマを見る時代となりました。ブルーレイ映画は最高級の解像度と音質を備えるので、家庭で高精細な映像を楽しめる最優選です。

この記事では、ブルーレイをスマホやタブレットなどの端末で見たい方に向けて、おすすめの無料/有料ブルーレイリッピングソフトを紹介していきます。

合わせて読みたい

ブルーレイリッピングについて

リッピングとは

リッピング(Ripping)とは、DVDビデオソフトや音楽CDなどに記録されているデジタルデータをパソコンに取り込むことを指します。リッピングに使用するツールはリッピングソフト、あるいはリッパー(Ripper)と言います。

ブルーレイリッピングソフト

ブルーレイリッピングソフトとは

ブルーレイリッピングソフトとは、ブルーレイディスクからコピーガード(AACS、ROM Mark、BD+、Cinaviaなど)を外して、ブルーレイのコンテンツを動画と音声ファイルに変換できるソフトウェアです。変換された動画と音声ファイルはスマホやタブレット、ゲーム機などのポータブルデバイスで再生可能です。

ブルーレイリッピングソフト

ブルーレイリッピングソフトが人気がある理由

ブルーレイディスクの無断複製を防止するため、市販のブルーレイディスクにコピーガードが使用されています。最新コピーガード種類によってブルーレイプレーヤーとブルーレイ再生ソフトで一部のブルーレイディスクを再生できない時があります。ブルーレイリッピングソフトはこれらのブルーレイ映画のコピーガードを解除できます。

ブルーレイディスクは特定の再生機器のみで再生可能です。スマホやタブレットなどの携帯機器で直接流れることは不可能です。ブルーレイリッピングソフトでブルーレイのデータを動画ファイルに変換したら、いつでもどこでもブルーレイ映画を楽しめます。

ブルーレイをリッピングする前の準備

パソコンでブルーレイ変換を行うには、以下のものが必要になります。

  • インターネットに接続しているパソコン
  • ブルーレイドライブ
  • ブルーレイリッピングソフト

ノートパソコンには光学ドライブが無い、パソコンの内蔵ドライブがブルーレイに対応していない場合、ブルーレイディスクの読み込みや書き換えに対応した外付けブルーレイドライブを用意してください。

関連リンク外付けブルーレイドライブのおすすめ人気ランキング8選

最も人気のあるブルーレイリッピングソフトおすすめランキング10選

ブルーレイリッピングソフトTOP1:Leawo Blu-ray変換

評価 ★★★★★
料金 5550円(1年版)、30日間で全機能無料体験可能!
対応OS Windows 7/8/8.1/10/11 (32/64 bit)、macOS 10.13 – 13
日本語対応
対応コピーガード AACS、BD+、BD-Live、リージョンコード、CSSなどのほぼ全ての最新ブルーレイ・DVDコピーガード
メリット 1.直感的な操作で動画を編集できる
2.分かりやすいユーザーインターフェースがある
3.同類ソフトより速い変換スピード
4.ディスクの地域の制限(リージョンコード)を取り除く
5.最新のAACS、ROM Mark、BD+などのコピーガードを解除できる
デメリット 1.テレビ番組の録画DVD(CPRMディスク)に対応していない


Leawo Blu-ray変換はブルーレイをオリジナル画質のまま動画と音声形式に変換・リッピングできる、もっとも人気のあるブルーレイリッピングソフトです。WindowsとmacOS両方にも対応しています。シンプルな操作で、ブルーレイをMP4、MKV、AVI、MP3、WMAなどの一般的な動画・4K動画・HD動画・3D動画・音声形式に変換できます。出力ビデオ/オーディオはiPhone・iPad・Apple TVやandroidスマホ/タブレット、PS4、PS5など、ほとんどの端末と互換性があります。レンタル、市販、地デジ録画(テレビ録画)、自作のほぼすべてのブルーレイをリッピングできるほか、DVDディスク、フォルダー、isoファイルの変換にも対応しています。

無料で利用できる安全・最強のブルーレイリッピングソフト

  • • BD/DVDの動画をMKV、MP4、MP3の形式に変換可能!
  • • あらゆるBlu-ray/DVDを高品質にリッピング変換
  • • 高品質なブルーレイリッピングで映画館並みの映像体験を提供
  • • 高速なリッピング変換速度およびいくつかのボーナス機能
  • • 実用な使いやすい編集機能を搭載、動画を自由にカスタマイズ

セキュリティが検証済み   30日間返金保証   無料サポート

Leawo Blu-ray変換の特徴や魅力

  • 三つの変換モード(フルムービー、メインムービー、カスタムモード)があるので、ブルーレイタイトルを自由に選択できます。
  • 強力なコピーガード解除機能による最新のAACS、BD +、BD-Jなどのコピーガードの解除が簡単にできます。
  • ブルーレイを180以上の動画や音声フォーマットに変換できます。
  • 内蔵メディアプレーヤーによる出力ビデオをプレビューできます。
  • ビデオの字幕、音声トラックとアングルを自由に選択できます。(外部字幕の追加も可能)
  • ハードウェアアクセラレーション技術による驚くほど高速なブルーレイリッピングを実現できます。
  • 複数のタイトルを結合、一つの動画ファイルにバッチ変換できます。
  • すべての機能を無制限に利用できる31日間の無料体験版があります。
  • Leawo Blu-ray Cinavia除去(別売)と連携するため、ブルーレイに付加されたCinaviaウォーターマークを解除、一般的な動画形式に変換できます。
  • 多彩な動画編集機能による魅力的な動画を出力できます。
  • ビデオ&オーディオ:動画の方向(上下反転、左右反転、90度右回転、90度左回転)や再生スピード(最大4倍速まで)を変えます。また、音量を上げたり下げたりできます。
    トリミング・カット:動画の不要な部分を切り取ってカットできます。
    透かし:動画にテキストまたは画像のウォーターマークを追加できます。
    切り抜き:指定した部分を切り抜きます。また、動画の拡大・縮小ができます。
    効果:動画の明るさや彩度、コントラスト(明暗比)などを調整します。
    3D:動画に3D効果(赤色/シアン、赤色/緑色、赤色/青色、青色/黄色、インターリーブ、左右並行)を追加します。

Leawo Blu-ray変換でブルーレイをMP4に変換する方法

  1. Leawo Blu-ray変換を起動

    Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Media(オールインワンメディア変換ソフト)に組み込まれています。Leawo Prof. Mediaを起動して「Blu-ray変換」をクリックすることでLeawo Blu-ray変換を開きます。

    ブルーレイ MP4 変換

  2. ブルーレイディスクを読み込み、詳細設定を行う

    「UHD/BD/DVDを追加」ボタンをクリックして、Blu-rayディスクを読み込みします。フルムービー、メインムービーとカスタムモードという三つの変換モードから一つを選んで「OK」をクリックします。すると、ブルーレイのデータをプログラムにローダできます。

    ブルーレイ MP4 変換

    ブルーレイ MP4 変換

    追加した動画(ブルーレイ映画)の字幕と音声トラックを自由に選択したり、複数の動画を結合したりできます。また、動画編集画面で動画をカスタマイズ可能です。例えば、トリムや、切り抜き、3D作成、回転、ノイズ除去、透かし、再生速度の調整など。

    ブルーレイ MP4 変換

  3. 出力形式を設定

    出力形式を設定するには、緑の「変換」ボタンの横にあるプルダウンメニュー(ディフォルトではMP4 Videoと表示される)をクリックして、「変更」アイコンをクリックします。「フォーマット別」→「Common Video」→「MP4 Video」の順にクリックして、MP4 Videoを出力フォーマットに指定します。

    ブルーレイ MP4 変換

  4. 変換開始

    全ての出力設定が完了したら、緑の「変換」ボタンをクリックします。ポップアップしたサイドバーでは、出力先を指定します。最後に、下の「変換」ボタンをクリックして、ブルーレイのデータからMP4への変換が開始します。

    ブルーレイ MP4 変換

※要注意:Leawo Blu-ray変換はBlu-rayのCinaviaウォーターマークを解除したり、UHD Blu-rayをリッピングしたりできません。これらのディスクをリッピングするには、Leawo Blu-ray Cinavia除去Leawo UHD変換Leawo UHDコピーのような専用的なソフトウェアを利用してください。

▶ Leawo Blu-ray変換とLeawo Blu-rayコピーの違い|機能や価格、評判、使い方などを比較!

ブルーレイリッピングソフトTOP2:MakeMKV

評価 ★★★
料金 完全無料
対応OS Windows、Mac OS X、Linux
日本語対応
対応コピーガード AACS、BD+
メリット 1.マルウェアの感染や情報漏洩などの危険性がなく、安心で使える
2.ソースブルーレイ映画の多重音声を保存できる
デメリット 1.出力形式はMKVだけ
2.変換速度が遅い
3.ビデオのパラーメータを編集できない
4.DVDをまるごとコピーできない

MakeMKV

MakeMKVはとても人気のブルーレイリッピングフリーソフトです。MakeMKVを使えば、高品質にあらゆるDVDとBlu-rayディスクをMKV形式の動画ファイルに変換することができます。使い方はとても簡単で、多くのユーザーに愛用されています。しかし、MKV形式しか対応できませんので、出力するメディアファイルのサイズが大きいです。ブルーレイをMP4やMOVなどの動画に変換したい場合、他のソフトウェアを利用する必要があります。

▶ MakeMKVの使い方・ブルーレイ/DVD/ISOファイルからMKVへリッピングする方法

ブルーレイリッピングソフトTOP3:HandBrake

評価 ★★★
料金 完全無料
対応OS Windows、Mac OS X、Linux
日本語対応 可能
対応コピーガード CSS、RC、UOPs、AACSなどのDVDコピーガードのみ対応
メリット 1.使い方が簡単
2.無料
デメリット 1.暗号化されているDVD/Blu-rayディスクに対応できないため、コピーガードのあるDVD/BDをリッピングんしたい場合、DVD Decrypterのようなソフトをダウンロードする必要がある
2.出力形式が少ない

Handbrake

HandBrakeはDVDとBlu-rayディスクをリッピングするためのもう一つのブルーレイリッピングフリーソフトです。ディスク、ISOファイル、フォルダなどをMP4、M4V、Webm、MKVのようなファイルにリッピングして、iPad、Apple TV、iPhoneでムービーを再生することを可能にします。しかし、日本語に対応できないため、英語が苦手な初心者は使い慣れないかもしれません。

▶ HandBrakeとは?ダウンロード方法や、使い方、評判、安全性を徹底解説!

ブルーレイリッピングソフトTOP4:imgburn

評価 ★★★
料金 完全無料
対応OS Windows 95以降
日本語対応 可能
対応コピーガード 無し
メリット 1.初心者に優しい
2.無料
3.ウイルスに感染しない安心して利用できる
デメリット 1.日本語に対応できない(日本語化可能)
2.保護されているDVD/Blu-rayのコピーガードを解除できない
3.古いドライブを使う場合、選択した書き込み速度が速すぎると、I/Oというエラーが発生することが多い
imgburn

imgburnはCD、DVD、HD DVD、Blu-rayディスクのライティングに対応できるフリーソフトです。多機能かつ使いやすいブルーレイコピーソフトとして、ロゴなしてDVDやBlu-rayディスクからisoイメージファイルを作成・抽出したり、isoファイル/フォルダを空きのディスクに書き込み・コピーしたりできます。また、音楽CD作成、書き込み内容のベリファイ、ディスクROM化などの機能が満載です。しかし、imgburnはコピーガードを解除できません。

▶ imgburnの使い方、ダウンロード方法、日本語化方法、エラー修正方法まとめ!

ブルーレイリッピングソフトTOP5:Leawo Blu-rayレコーダー変換

評価 ★★★★
料金 5550円(1年版)、30日間で全機能無料体験可能!
対応OS Windows、Mac OS
日本語対応
対応コピーガード AACSなど
メリット 1.地デジ録画のBlu-rayディスクをデータ化できる
2.出力ビデオを自由にカスタマイズ可能
3.NVIDIA CUDAやAMD APPなどのハードウェアアクセラレーションテクノロジーによる変換スピードが向上
4.複数のBDAV動画を同時に変換できる
デメリット 1.BDAVのみ対応していない

Leawo Blu-rayレコーダー変換

Leawo Blu-rayレコーダー変換はブルーレイレコーダーで録画したテレビ番組(BDAVディスク)をコピーガードなしのMP4、MKV、AVIなどの動画や音声形式に変換保存できます。出力ビデオをカスタマイズ可能な編集機能(トリミングやウォーターマーク、クロップ、エフェクトなど)も搭載しています。それに、ブルーレイの画質を劣化させずに、ファイルのサイズを圧縮できます。

ブルーレイリッピングソフトTOP6:DVDFab Blu-rayリッピング (DVDFab Blu-ray Ripper)

評価 ★★★
料金 8750円(1年版)
対応OS Windows、macOS
日本語対応
対応コピーガード AACS、BD+、BD-Live、リージョンコードなど
メリット 1.AACS、BD +、BD-J、リージョンコードなどのコピーガードを外せない
2.他社より50倍速い変換速度でブルーレイを変換できる
3.変換速度が速い
デメリット 価格がかなり高い

DVDFab Blu-rayリッピング

DVDFab Blu-rayリッピング ( DVDFab Blu-ray Ripper )はあらゆるブルーレイディスクからコピーガードを解除して、汎用的なビデオおよびオーディオ形式に変換できるブルーレイリッピングソフトです。市販、レンタル、録画のブルーレイディスクに対応しています。

ブルーレイリッピングソフトTOP7:XMedia Recode

評価 ★★★
料金 完全無料
対応OS Windows、Mac、Linux
日本語対応
対応コピーガード
メリット 1.無料
2.多種類の出力形式(動画/音声)に対応
3.豊富な動画編集機能が搭載
デメリット 1.cpu使用率が高い
2.暗号化されているDVD/Blu-rayに対応できない
3.変換中にエラーが発生したので、ソフトが突然終了(落ちる)可能性がある
XMedia-Recode

XMedia Recodeとは保護されていないBlu-ray/DVDをMP4、SWF、VOB、WAV、3GPP2、MP3のようなビデオとオーディオフォーマットに変換できるフリーソフトです。Blu-ray/DVDリッピングのほか、動画/音声変換、チャプター作成、動画編集、ダイレクトストリームコピー、ID3タグなどの様々な便利な機能が備えています。しかし、プレビュー機能がないので、リアルタイムで編集したい動画の効果を確認することができません。

▶ 徹底解明!XMedia Recodeの使い方・エンコードできない場合の対処法

ブルーレイリッピングソフトTOP8:Aiseesoft ブルーレイリッピング(Aiseesoft Blu-ray Ripper)

評価 ★★
料金 3680円(1年版)
対応OS Windows
日本語対応
対応コピーガード AACS、BD+
メリット 1.変換速度が速い
2.動画を簡単に編集できます
デメリット 1.Blu-ray ISOの変換に対応していない
2.最新の暗号化されるブルーレイディスクに対応していない

Aiseesoft ブルーレイリッピング

Aiseesoft ブルーレイリッピング(Aiseesoft Blu-ray Ripper)はブルーレイディスク/DVD/動画ファイルを主流の動画と音声形式にリッピングできるブルーレイリッピングソフトです。ブルーレイ/DVDディスクとフォルダ、動画ファイルの変換に対応しています。

ブルーレイリッピングソフトTOP9:4videosoft blu ray リッピング

評価 ★★
料金 9,975円/1PC
対応OS Windows、Mac OS
日本語対応
対応コピーガード AACS、BD +、BD-J、リージョンコードなど
メリット 1.出力形式が多い
2.映像/音声の解析・変換スピードが速い
デメリット 1.操作画面が古っぽい
2.コピーガード解除能力は強くありません

4videosoft blu ray リッピング

4videosoft blu ray リッピングはブルーレイのデータを吸出し、汎用的な動画と音声形式ファイルに変換することができます。変換された動画ファイルはパソコンやスマホに取り込んで流暢に視聴できます。ブルーレイの映像をisoファイルやフォルダーに変換保存できます。WindowsとmacOS両方にも対応しています。DVDディスクを変換できるのが特徴です。

ブルーレイリッピングソフトTOP10:VideoByte BD-DVDリッピング

評価 ★★
料金 8,980円/1PC
対応OS Windows、Mac OS
日本語対応
対応コピーガード CSS、CPRM、AACS、Cinaviaなど
メリット 1.三つの変換モード
2.多様な動画・音声形式に自由変換
デメリット 1.コピーガード解除能力は弱い
2.ソフトウェアの動作が不安定
3.ブルーレイのISOファイルに対応していない
4.変換された動画ファイルが劣化する可能性がある

ブルーレイリッピングソフトTOP10:VideoByte BD-DVDリッピング

VideoByte BD-DVDリッピングはブルーレイとDVDのリッピングが行える多機能ソフトです。Blu-rayやDVDディスク、フォルダー、およびisoファイルからデータを抽出し、PC、iPhone、androidスマホ/タブレットなどの端末に取り込むことができます。暗号化されたBlu-rayでもDVDでも手軽にリッピングできます。出力ビデオのビットレート、フレームレート、解像度、サンプルレートなどパラメータを自由に調整できます。

▶ 【徹底レビュー】VideoByte BD・DVDリッピングの使い方・評価・危険性を完全解説!

ブルーレイの豆知識

色々なデバイスでブルーレイ映画を快適に再生するには、ブルーレイをDVDに変換したり、ブルーレイを空白のディスクにコピーしたり、ブルーレイのデータを動画に変換したりすることができます。一体、ブルーレイディスクには何種類がありますか?ブルーレイディスクをリッピング、変換、またはコピーする前に、ブルーレイディスクの種類とよく見られるブルーレイコピーガードの種類に関する知識を深めていきましょう。

ブルーレイディスクの種類一覧表

種類 特徴
BD-ROM 読みだし専用のブルーレイディスクのことです。データの書き換えはできません。高精細画質の映画やゲームソフトなどの収録に使われます。
BD-R 1層または2層の追記型のブルーレイディスクのことです。データの読みだしと、書き込みができます。データを書き換えることはできませんが、空き容量が残っていれば、後からデータを書き足す(追記する)ことができます。
BD-R BDXL 3層または4層構造の追記型のブルーレイディスクのことです。データの読みだしと、書き込みができます。データを書き換えることはできませんが、空き容量が残っていれば、後からデータを書き足す(追記する)ことができます。
BD-RE 1層または2層の書き換え型のブルーレイディスクのことです。データの読み出し、書き込み、書き換えがきます。製品によりますが、約1000~1万回ほど繰り返して書き換えができます。
BD-RE BDXL 3層構造の書き換え型のブルーレイディスクのことです。データの読み出し、書き込み、書き換えがきます。製品によりますが、約1000~1万回ほど繰り返して書き換えができます。

よく見られるブルーレイコピーガードの種類

一般的には、ブルーレイに掛けられるコピーガードは「AACS」、「ROM Mark」、「BD+」、「Cinavia」、「リージョンコード」の五つです。詳しくは下記の表を参照してください。

コピーガード 詳細
AACS Blu-ray Discで採用されている著作権保護のための映像・音声データのコピープロテクト技術。
ROM Mark BD-ROMの原盤の偽造を防ぐ技術。
BD+ BDプレーヤーの内部に入り込んだ不正なプログラムを検知する技術。
リージョンコード 指定販売地域以外で再生できないように、DVDやブルーレイディスクなどの映像ソフトに設定されるコードです。(日本はリージョンA)
Cinavia 動画の音声トラックに著作権者により取り込んだ不可聴のコードである。AACS情報が無い時に、再生そのものが停止、無音することがある。


ご注意:この記事で紹介されたブルーレイリッピングソフトはBlu-rayのCinavia保護解除に対応できないことをご注意ください。ブルーレイディスクからCinaviaを解除するためには、Leawo Blu-ray Cinavia除去というCinavia解除機能を実装した専門ソフトが必要です。

まとめ

ここまではあらゆるブルーレイディスクを変換するブルーレイリッピングソフトを紹介しました。これらのソフトを使えば、簡単にブルーレイを動画/音声ファイルに変換してiPhone、iPad、androidスマホなどに取り込んで再生できます。ブルーレイコピーガードが掛かっていないブルーレイを変換する場合、HandBrakeなどの無料ソフトを利用できます。最新のコピーガード、頑丈なコピーガードを解除するには、Leawo Blu-ray変換という素晴らしい機能を備えた高機能ソフトがお勧めです!