日頃、VLC Media Player 0.9.6を利用してビデオを再生します。ビデオを開くと、 ウィンドウは自動的にサイズ変更され、とても不便です。例えば、解像度が352×240のFILEA.AVIビデオファイルを再生すると、ウィンドウが小さくなり、マニュアルで右下をドラッグし、ウィンドウを大きくしてFILEA.AVIビデオファイルを見終わってから、次のFILEB.AVIファイルをダブルクリックすると、VLC Media Playerは自動的にFILEB.AVIの解像度によってウィンドウサイズを変更しました。せっかくマニュアルで調査したウィンドウサイズが台無しされました。ウィンドウサイズをいつも1:1で表示させる方法がありませんか。VLC Media Playerの自動サイズ変更を停止する方法がありませんか。方法があったら、ぜひ教えてください。

性能が良くて、人気が高いメディアプレーヤーとして、VLCメディアプレーヤーは通常のビデオ、HDビデオ、DVDとブルーレイを再生できて、優れたビデオ再生体験をお届けできます。機能的には文句がありませんが、多くの人にとって面倒な設定がいくつかあります。 その1つは、開いているビデオの解像度に合わせてウィンドウのサイズを調整できる機能です。つまり、VLCメディアプレーヤーでビデオを開くと、ウィンドウは自動的にサイズ変更されます。これは、ビデオの解像度に応じて大きくしたり小さくしたりできます。どうして、このような面倒な設定があるんでしょうか。VLC Media Playerの自動サイズ変更を停止する方法がありませんか。下記にてVLC Media Playerの自動サイズ変更を停止する方法を詳しく解説します。



パート1:VLC Media Playerの自動サイズ変更を停止する方法

最高のメディアプレーヤーソフトツールの一つとして、VLCメディアプレーヤーは最高のサービスとビデオ品質を提供し続けています。どうして、VLCメディアプレーヤーでビデオを開くと、ウィンドウは自動的にサイズ変更されますか。それは、ソースビデオのイメージは再生されるコンピューターの解像度と同じ場合、最高の画質になりますので、VLCメディアプレーヤーは最高の画質を出せるために、ファイルの解像度によってウィンドウのサイズを自動的に調整します。この機能を無効にすると、低解像度のファイルを大生するとき、ウィンドウは非常に大きくなり、画面から離れます。またはその逆に、高解像度のファイルを開くとき、非常に小さなビデオ再生ウィンドウが開かれます。

しかし、違う解像度の複数のファイルを再生するときに、ウィンドウが大きくなったり、小さくなったりするのは迷惑になることもあります。再生ウィンドウを特定のサイズに設定したい需要が少なくありません。どうやって、サイズの自動更新を解除できますか。VLC Media Playerの自動サイズ変更を停止する方法がありませんか。

ソリューション1:自動サイズ変更機能を無効にする

幸いに、アドオンや他のプログラムを使用せずに、VLC構成自体から簡単に自動サイズ変更を無効にできます。 以下に、手順を追って説明します。


VLCメディアプレーヤーの自動サイズ変更機能を無効にする手順は以下のようです。

  • 1.VLCメディアプレーヤーを開きます。
  • 2.トップのメニューバーで「ツール」をクリックし、選択します。
  • 3.ドロップダウンリストから「設定」オプションを選択します。ショートカットキー「Ctrl + P」を押しても、同じく「設定」オプションを選択できます。
  • 4.新しいウィンドウが開かれた後、「Interface(インタフェース)」サクションを選んで、「Look and Feel」セクションの内容を確認します。
  • 5.「Look and Feel(外観と操作性)」セクションでは、「Resize interface to video size(動画ごとに画面の表示サイズが違う)」の前のチェックボックスを外せば、自動サイズ変更機能を無効にできます。新しいビデオを開くたびに、VLCメディアプレーヤーは自動的にサイズを調整したのはこの機能が有効になっていましたから。


ソリューション2:Windowsコマンドを活用する

VLCメディアプレーヤーで、自動サイズ変更機能を無効にするほか、Windowsコマンドを通しても同じ目的に達成できます。


詳しい手順は下記のようです。

  • 1.[Windows]キーと[R]キーを合わせて押すと、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスが開きます。そこに「C:\Users\ ユーザー名\AppData\Roaming\vlc」を入力し、「OK」ボタンをクリックすれば、Windows OSはVLCフォルダを開きます。
  • 2.VLCフォルダには、いくつかのVLCメディアプレーヤーに関連するファイルが含まれます。その中に、VLRCというファイル名のものがあります。メモ帳プログラムを通してそのファイルを開きます。
  • 3.ページには複数行のコードが表示されます。上部の「編集」オプションのところで、ドロップダウンメニューから「Find(検索)」を見つかって、「Resize Interface to the native Video Size」をキーワードとして検索します。
  • 4.検索結果で、「Resize Interface to the native Video Size」オプションがハイライトされます。その行の最後の値を1から0に変更します。
  • 5.ファイルを保存します。


注:上記の手順を操作する前に、オリジナルのVLRCファイルをバックアップすることをおすすめします。万が一、操作が失敗したら、バックアップ分を通してもう一度操作できます。


パート2:Leawo Prof. Media Ultraでマニュアルでビデオのサイズを変更

様々な需要によって、時には、確かにビデオサイズを変更する必要がございます。この場合、ビデオサイズを変更できるツールが必要です。この記事では、Leawo Prof. Media Ultraというツールを紹介します。プロのメディア変換ソフトパケージとして、Leawo Prof. Media Ultraはユーザーの需要によって、ビデオ、DVDとブルーレイ映画のファイルサイズを変更できます。

次のガイドでは、Leawo Prof. Media Ultraで動画ファイルのサイズを変更する方法を案内しております。事前にLeawo Prof. Media Ultraをパソコンにダウンロードして、インストールしてください。


手順1:Leawo Prof. Media Ultraを実行する

Leawo Prof. Media Ultraを実行して、「変換」タブをクリックします。


ステップ2:メディアファイルを追加する

メディアファイルを追加するには、二つの方法があります。一つは「ビデオを追加」ボタンをクリックすることです。もう一つは、直接動画ファイルをホーム画面の真ん中にドラッグ&ドロップすることです。

注意事項:Leawo Prof. Media UltraはBlu-ray/DVDファイルをリサイズすることができます。「BD/DVDを追加」ボタンをクリックしたら、Blu-ray/DVDディスク、フォルダあるいはisoファイルを追加できます。そして、3種類のロードモードを選択可能です。


ステップ3:出力形式を設定する

「写真を追加」ボタンの隣にあるドロップダウンメニューをクリックして、「変更」オプションを選択します。「フォーマット別」または「デバイス別」から出力フォーマットを設定します。


ステップ4:動画の解像度を変更することで動画のサイズを変更する

Leawo Prof. Media Ultraを利用して、動画の解像度をリセットすることで動画のサイズを変更できます。ドロップダウンメニューの「編集」ボタンをクリックして、動画のパラーメータを編集する画面に入ります。解像度のところで自由に解像度を設定します。また、そのほかのパラーメータを設定できます。例えば、ビデオコーデック、ビデオビットレート、アスペクト比、解像度、オーディオコーデック、サンプルレート、ビットレート、チャンネルなど。


ステップ5:動画をクロップすることで動画のサイズを変更する

Leawo Prof. Media Ultraを利用して、動画のサイズをクロップすることで動画のサイズを変更できます。追加された動画ファイルの「編集」ボタンをクリックして、動画を編集する画面に入ります。「切り抜き」タブで、動画の画面のサイズを調整することができます。また、動画を回転することもできます。設定が終わったら、「保存」アイコンをクリックします。