もうすぐバレンタインデー!ということで、おすすめしたいバレンタイン映画をまとめてみました。

 

アバウト・タイム 愛おしい時間について

movie1


人生の宝物は生きてきた日々そのもの! なにげない一日が、かけがえのない時間だったと気づく。

毎日を同じように繰り返すこと。緊張や不安で気付けなかった人生のすばらしさに気付ける。
タイムトラベルというパワーを通じて、パパが教えてくれたもの、ティムが気づいたこと。
仕事の忙しさにかまけてつい視野が狭くなりがちだけど、1度しかない今この時を豊かな心を持って過ごさなきゃいけないなと感じました。

何回見ても絶対泣いちゃうと思うし、見る度に幸せな気分になれるし、毎日を大切に生きていこうと思わせてくれる、そんな映画。ぜひ見てください。

 

ショコラ

movie2


これは一番におすすめしたい映画です!観ているだけでチョコレートの香りがしてくるような、そんな映画。

古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきてチョコレート・ショップを開店する。

厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、母ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。

やがて村の雰囲気も明るく開放的なものになっていくのだが……。

「丁寧なてつきでチョコレートを作る映像は すてき☆ヒロインの娘もかわいい」
「チョコレート好きはますますチョコレートが好きになるので☆4つですヾ(*´∀`*)ノ」

わたしは本も読んだのですが、本当にチョコレートの香りがふわっとしてくるような、不思議な作品です♡迷ったらこれを観てみてください!

 

バレンタインデー

movie3


バレンタインデーというタイトルの通り、バレンタインにゆっくりのんびり観てほしい作品。

ジュリア・ロバーツ、ジェイミー・フォックスほかオールスター・キャストの豪華共演で贈るアンサンブル・ラブ・ストーリー。

バレンタインデーを迎えたロサンゼルスを舞台に、年齢も職業も異なる男女15人の様々な恋愛模様とその行方を描く。

「ほろ苦くて甘いチョコレートの様な味がするのが、人を恋するという事だと改めて教えてくれた映画でした。」

「日本とはまったく違うバレンタインを知ることができ、すごくすごく面白かったですー!」

 

P.S.アイラブユー

movie4


ニューヨーク。
ホリーは陽気で情熱的なアイルランド人の夫ジェリーとつましくも幸せに暮らしていた。
だがある日突然、ジェリーは脳腫瘍でこの世を去ってしまう。
それから3週間、ホリーは悲しみのあまり電話にも出ず、引きこもり状態に。
そんな彼女が30歳を迎えた日、家族や親友たちが誕生日のお祝いに駆けつける中、バースデイケーキとテープレコーダーが入った贈り物が届く。
何とその差出人は、今は亡きジェリーだった。
そしてテープには、明日から様々な形で届く手紙それぞれの内容に従って行動してほしい、とのメッセージが。

「妥協して男性と無理に付き合うのではなく、自分の趣味(仕事)に没頭するところは女性の共感を得るのでは。」

「涙が溢れてきます。
号泣です。
感動です。
心が温かくなります。
素敵です。
私が一番好きな映画です。
この映画に出会えてよかった!」

 

チャーリーとチョコレート工場

movie5


言わずと知れた、チョコレートと言えばコレ!な映画(≧∇≦)

失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。
彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。
ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は、全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ、特別に工場の見学を許可する、と驚くべき声明を発表した。
そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれるのだが…。

わたしも2回くらい観てますが、バレンタインあたりでもう一度観ようかなあなんて思っています。

 

お気に入りの映画は見つかりましたか?1日部屋にこもって、彼氏と観るもよし、友達と観るもよし、もちろん一人で観るもよし、美味しいチョコレートを食べながら、バレンタインを満喫してはいかがですか?素敵なバレンタインをおすごしください~