Yahoo知恵袋からの質問

  • 「私は長い間、DVDムービーの取り込みと変換にHandBrakeを使用してきました。出力された動画ファイルは、同じHandBrakeを使ってDVDディスクから切り取った友人の動画を見るまでは素晴らしいと思いました。画質は私のよりずっと良いです。なぜこんなに綺麗になるかを不思議に思い、その理由と解決策をネットで検索しましたが、見つかりませんでした。HandBrakeの最適なビットレート/品質設定を教えてください。HandBrakeの推奨設定は何ですか。どんなアドバイスでもありがたいです。お願いします。」

デジタル動画ファイル用の無料でオープンソースのトランスコーダであるHandBrakeは、動画/DVDをMP4またはMKVに完全に無料で変換できる非常に優れたソリューションを提供します。libdvdcssのようなディスク復号化ツールを使って、HandBrakeは、暗号化されたDVDディスクの復号化、リッピング、および変換を助け、変換のためのディスク領域制限を取り除くことさえできます。
HandBrakeが、ビットレート、品質、サンプルレートなどの出力動画パラメータを自由に設定できることがわかっています。そのため、出力ファイルの品質は設定によって変わります。問題はHandBrake変換の最適なビットレート/品質設定を知ることです。HandBrakeの動画エンコーディング設定を最適にしたい場合は、このガイドを参照してください。ここでは、HandBrakeのエンコーディング設定について説明します。以下を確認してください。

HandBrakeの動画設定コントロール パネル

HandBrakeエンコーディングモードに入る前に、HandBrakeの動画設定コントロールパネルについて知る必要があります。まず、HandBrakeに何かあるのか、HandBrakeで何ができるのかを理解する必要があります。

HandBrakeを起動すると、下部の領域に、「寸法」、「フィルター」、「動画」、「オーディオ」、「サブタイトル」、「チャプター」などのタブがあります。「動画」タブをクリックすると、動画設定コントロールパネルが表示されます。
ご存知のように、動画ファイルのコーデックは、特定のメディアプレーヤーやデバイスが動画ファイルを認識して再生できるかどうかを決定する重要な機能です。また、動画ファイルの画質も決められます。動画コーデックは、デジタル動画のコンプレッサ/デコンプレッサを可能にするデバイスまたはソフトウェアです。
HandBrakeには、MPEG-4、MPEG-2、H.264(x264/Intel QSV)、H.265(x265)など、複数のビデオコーデックが用意されています。MPEG-4はMPEGグループで標準化された最新の圧縮方式の一つである。H.264(別名AVC、MPEG-4 Part 10)は、低ビットレートで高品質の動画を実現します。MPEG-4とH.264の品質にはわずかな違いしかがありませんが、Intel QSVテクノロジーを採用して動画を変換できるオプションがあるのはH.264だけです。ここでは、必要に応じて動画コーデックを自由に選択できます。
動画コーデックの他に、フレームレート(FPS)、品質、平均ビットレート(kbps)、エンコーダー プリセット/エンコーダーの設定/エンコーダーのプロファイルが設定できます。次に、これらのパラメータについて詳しく説明します。出力ファイルの画質を最適にするために、これらのパラメータを必要に応じて自由に調整することもできます。

HandBrakeの最良ビットレート/品質設定を知る方法

動画設定コントロールパネルを理解したら、出力ファイルがハードドライブやデバイスに十分適合するように、HandBrakeのビットレート/品質設定の最適な設定を紹介します。実際には、人によって品質に対する要求が異なるため、HandBrakeの最適なビットレート/品質設定の基準がありません。ここでの「HandBrakeの最高ビットレート/品質設定」を低いファイルサイズで高品質な動画を得ることと理解します。このような基準があったら、HandBrakeでのビットレート/品質設定を最適にすることができます。

HandBrakeのビットレート/品質設定を最適にする決め手は、動画サイズです。ストレージ空間が少ない場合は、動画サイズを出来るだけ小さくにすると助かります。動画ファイルサイズは大体「ビットレート」かける「動画の長さ」で算出できます。そのため、HDDストレージが限られている場合や、iPad、iPhoneの空き容量が不足しそうな場合は、希望のファイルサイズを決めておきます。必要なファイルサイズを、上の式に代入して適切なビットレートが計算されます。
出力動画ファイル用の十分なストレージがある場合は、動画の品質を優先できます。このような場合のHandBrakeの最適なビットレート/品質設定は、次の式に従います。ビットレート=出力幅*出力高さ*k*r。下表をご参考ください。

解像度

最適なビットレート

良いビットレート

一般のビットレート

480P H.264

4266 kbps (720*480*0.0123*1.0)

2346 kbps (720*480*0.0123*0.55)

1493 kbps (720*480*0.0123*0.35)

480P MPEG-4

4665 kbps (720*480×0.0135*1.0)

2565 kbps (720*480×0.0135*0.55)

1632 kbps (720*480×0.0135*0.35)

注:異なるビデオコーデックにはさまざまなK値(H.264 k = 0.012345、MPEG-4 k = 0.0135)があり、Rは希望する品質に依存します(優れたr = 1.0、良好なr = 0.55、通常のr = 0.35)。

 

上記の2つの要素から出力の動画ファイルサイズが大体わかります。ただし、動画の品質が十分に満足できないかもしれません。そこで、HandBrakeには「品質基準」モードを用意しています。品質の基準を指定すると、ビットレートと動画ファイルサイズを自動的に調整されます。ムービーの特定の部分で特定の品質レベルに達するには異なるビットレートが必要なため、出力サイズは予測できず、ソースごとに異なります。一般的に、品質を維持するために、[品質の基準]をRF20に設定します。RF28では圧縮が高い。RFを32未満にしておくと、出力品質が低下します。

HandBrake最高の代替品 – Leawo Blu-ray変換

明らかに、HandBrakeだけでは暗号化されたDVDディスクを処理できず、MPEGファイル(DVDを含む)をMP4またはMKVファイルにのみ変換できます。最近ほとんどのDVDディスクはコピー保護されており、MP4 / MKVファイル以外のMOVまたはFLVファイル。したがって、HandBrakeよりも優れたパフォーマンスを発揮するHandBrakeの代替品が非常に多くあります。
Leawo Blu-ray変換Leawo Blu-rayリッパーは、DVDからMP4、DVDからAAC、DVDからMOV、DVDからMP3などの200以上の形式のビデオやオーディオにリッピングして変換するのに役立つ最高のHandBrake代替品です。Leawo Blu-ray変換では、ビデオコーデック、ビットレート、アスペクト比、オーディオコーデック、チャンネル、サンプルレートなどの出力プロファイルのビデオおよびオーディオパラメータを調整することもできます。出力ファイルサイズも自動的に計算されます。さらに、Leawo Blu-ray変換では、必要な字幕とオーディオトラックを選択することもできます。

blu-ray変換

Leawo Blu-ray変換

☉ BD・DVDをMP4、MP3のような動画・音声形式に変換保存
☉ 出力動画に3D効果を追加
☉ 使いやすい編集機能搭載
☉ 高速や高品質で変換出力
☉ 音声言語、字幕やアングル設定可能

無料体験 無料体験

 Leawo Blu-ray変換|利用ガイド

  • 「Leawo Blu-ray変換」を起動、「Blu-ray/DVDを追加」ボタンをクリックしてBDまたはDVDをソフトに追加します。
  • Leawo Blu-ray変換

  • 「MP4 Video」ボタンをクリックして、「変更」ボタンをクリックすれば、AVI、MPEG、MKV、MP3、WMAなど180種類以上のの出力フォーマットを選択することができます。
  • Leawo Blu-ray変換

  • 「編集」ボタンをクリックすれば、出力フォーマットのビデオコーデック、品質、ビットレート、フレームレート、アスペクト比、チャンネル、オーディオコーデック、解像度などを調整することができます。
  • Leawo Blu-ray変換

  • 出力形式を決めた後、「字幕」と「音声」を選択ください。ファイル右の編集ボタンをクリックして、動画編集画面で、動画の時間トリム(カット)・透かし追加・部分拡大・効果・3D・などを設定することができます。
  • Leawo Blu-ray変換

  • BD/DVDからビデオ/オーディオへの変換を開始するには、メイン画面の右上にある大きな緑色の「変換」ボタンをクリックしてください。出力ディレクトリの設定画面に出力ファイルの保存先を設定した後、再度「変換」ボタンをクリックすると、変換が開始します。
  • Leawo Blu-ray変換

HandBrakeの「品質の基準」VS「平均ビットレート」

HandBrakeには、「品質の基準」と「平均ビットレート」を選択することができます。「品質の基準」は映像の “ 品質レベル” を指定して、圧縮を行います。そのため、HandBrakeは、指定された品質を達成するために、動画の異なる部分に異なるビットレートを使用します。つまり、一定品質の符号化モードでは、出力品質は制御できますが、ビットレートは可変なので、ファイルサイズは制御できません。一方、コンスタント品質は、ファイルを1パスでエンコードするが、2パスエンコードと同じ品質を生成するため、エンコードが高速になります。

「平均ビットレート」を選択すると、HandBrakeに希望のビットレートを指定することになります。計算機を使用してファイルサイズを見積もることができますが、品質を制御できなくなります。ファイルサイズを指定しない限り、「平均ビットレート」はお勧めしません。

 設定によっては画質が変わります。

  • HandBrakeにおけるSD, HD, 4K, DVD, Blu-ray最適な固定品質設定
    固定品質のRF値の範囲は51〜0です。RF値が低いほど、品質は高くなります。
    RF 51は、非常に低い品質での高速エンコードを意味します。
    RF 0は、可逆圧縮中のエンコード速度が著しく遅いことを意味します。
    ただし、これはRF 0で一定の最高品質が得られることを意味するものではありません。独自のニーズに応じてこれらを設定する必要があります。
  • H.264(x264)およびH.265(x265)エンコーダーの推奨されるRF値
  • 480p / 576p標準解像度ビデオ:RF 18 – 22が推奨範囲です。
    720p高解像度ビデオ:RF 19 – 23が推奨範囲です。
    1080pフルHDビデオ:RF 20-24が推奨範囲です。
    2.7k / 4k超高精細ビデオ:RF 22 – 28が推奨範囲です。

一般的に、RF20はDVDに適しており、RF22以上はHD Blu-ray品質の動画の処理に最適です。