ある知恵袋からの質問

  • Hulu(フールー)からビデオファイルをダウンロードし、これらのビデオファイルをブルーレイディスクを焼きたいです。これらのビデオファイルはF4V形式で、いつも利用しているブルーレイバーナーで焼いたら、「ファイルフォーマットをサポートできません」とのエラーメッセージが表示され、進められません。どうやってF4Vをブルーレイディスクに焼けますか。


F4VはFlash(フラッシュ)メディアコンテナファイルフォーマットの拡張子です。F4VファイルはMPEG-4ビデオファイルの一種で、FLVと似ていますが、FLVと違ってH.264/AACコンテンツをサポートできます。フラッシュビデオファイルフォーマットの一つとして、動画を配信するために利用されることが多いです。Hulu、VEVO、Yahoo! Video、MetaCafeなどの動画サイトはこのコンテナ型のファイルフォーマットを採用します。

Huluなどの動画共有サイトからF4Vビデオをダウンロードし、ブルーレイに焼きたいですが、方法がわからない方はたくさんいらっしゃるでしょう。この記事では、F4Vをブルーレイディスクに焼く二つのソリューションを提供します。一つは無料で、もう一つは有料です。



ソリューション1:F4VをMP4に変換し、MP4をブルーレイに焼く

まず、無料のソリューションから紹介します。まず、AvidemuxでFLVビデオをMP4ファイルに変換し、それから、ImgBurnでMP4ファイルをブルーレイに変換します。無料ブルーレイバーナーImgBurnはF4Vビデオに対応しないため、FLVビデオをMP4ファイルに変換する必要があります。


Avidemuxはカット編集、フィルタ、エンコード機能を持つ、フリーでシンプルなビデオエディタです。AVI、DVD互換できる MPEGファイル、MP4とASFなどを含む、さまざまなファイルタイプとコーデックをサポートしています。GNU GPLライセンスの下で、Mac OS X、Microsoft Windows、Linux とBSDで利用可能です。Scratch(スクラッチ)でオープンソースで開発され、パッチ、翻訳、バグ報告も大歓迎です。



AvidemuxでFLVビデオをMP4ファイルに変換する手順は下記のようです。

  • 1.Avidemuxをコンピューターにダウンロード&インストールします。変換したF4Vファイルを用意しておきます。
  • 2.Avidemuxを開いて、左上隅から「ファイル>開く」をクリックします。
  • 3.F4Vファイルを格納するフォルダにアクセスし、変換したF4Vファイルをロードします。
  • 4.ロードされたファイルはAvidemuxのインタフェースに表示され、再生可能になります。
  • 5.左側のサイドバーの映像と音声出力にコピーを選択します。
  • 6.「出力形式」のドロップダウンボックスから「MP4v2 Muxer」を選びます。
  • 7.左上隅に戻って、「ファイル>保存」オプションをクリックします。
  • 8.出力のMP4ファイルの保存先を設定します。
  • 9.設定後、「保存」ボタンをクリックすれば、AvidemuxはF4VビデオをMP4ファイルに変換し始めます。


F4VビデオをMP4ファイルに変換した後、ImgBurnでMP4ファイルをブルーレイに焼きます。ImgBurnはCD、DVD、HD DVD、Blu-ray Discを簡単に焼いたり、ISOファイルを再生したりできるフリーウェアです。6つの機能を備えていて、よく使われる機能はBIN、CCD 、DVD、IMG、ISOなどの形式のイメージファウルを書き込み可能なディスクに焼いたり、ローカルフォルダからISOを再生したりなどが上げられます。Windows 10 64ビットバージョンを含む、すべてのWindows OSで適用できます。公式サイトからWindows 10/8/7/XP/Vista向けのImgBurnを無料にダウンロードできます。


ImgBurnをコンピューターいダウンロード&インストールしておきます。下記の手順を踏んで、MP4ファイルをブルーレイに焼きます。

  1. Img Burnを起動し、「Create image file from files/folders」をクリックします。
  2. 「Source」セクションから変換したいファイルもしくはフォルダを選択します。
  3. 出力のISOファイルイメージファイルの保存場所を指定します。
  4. 出力のISOファイルイメージファイルのパラーメーターを調整できます。
  5. 最後に、「Build button」をクリックします。
  6. ImgBurnを再び開いて、「Write image file to disc」オプションを選択します。
  7. 「Source」オプションで、黄色いフォルダアイコンをクリックし、ImgBurnで再生したISOイメージファイルを選択します。
  8. 「Destination」でターゲットディスクドライブを選択した後、下部の大きな書き込みボタンをクリックすると、ImgBurnはISOをディスクに焼き始めます。


書き込みプロセスは少々時間がかかります。進捗状況は一回や、二回ポップアップしますが、また自動的に消えます。ドライブは十分な容量があることを確保しておいてください。書き込みプロセスが終わってから、任意のブルーレイプレーヤーで再生できるようになります。メニューがないので、ファイルがロードされたとたんに、映画が自動的に再生されます。


ソリューション2:Leawo Blu-ray作成で直接F4Vをブルーレイディスクに焼く

AvidemuxとImgBurnを組み合わせて、F4Vビデオをブルーレイに書き込めますが、手順はやや面倒で、時間もかかります。これから、もっと簡単にもっと素早くF4Vビデオをブルーレイコンテンツに変換するソリューションを紹介します。Leawo Blu-ray作成は直接F4Vビデオをブルーレイディスク/フォルダもしくはISOイメージファイルに書き込めます。


万能のブルーレイバーナーとして、Leawo Blu-ray作成はビデオをBlu-ray/DVDディスクに焼けるほか、写真をBlu-ray/DVDスライドショーに書き込めます。MP4、MKV、MOV、JPG、PNGを含む、200+のフォーマットのビデオと写真をBlu-ray/DVDディスクに書き込めます。ImgBurnと違って、Leawo Blu-ray作成は出力するBlu-ray/DVDコンテンツにディスクメニューを追加する機能を備えています。上級ユーザーは自分の好みによってディスクメニューをカスタマイズできます。また、トリミング、透かしと3D映画効果の追加、字幕とオーディオトラックの選択、外付け字幕追加などのビデオ編集機能を備えるため、Blu-ray/DVDに焼く前に、ビデオや写真などを編集できます。


Leawo Blu-ray作成をダウンロードし、パソコンにインストールします。(Leawo Blu-ray作成はLeawo Prof. Media Ultraに組み込まれ、モジュールの一つです。)F4Vを用意してから、下記のガイドに従って、F4V動画をブルーレイディスクに焼きます。


dvd-creator

Leawo Blu-ray作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをBlu-rayディスク/DVDに焼く

☉ BD-25, BD-50, DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAMなどのDVD/Blu-rayメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオ編集可能

☉ チャプター付きで動画をBlu-rayディスクに作成

無料体験 無料体験

ステップ1:F4Vビデオを追加する

Leawo Prof. Media Ultraを起動し、「書き込み」モジュールに入ります。「ビデオを追加」アイコンをクリックし、F4Vビデオソースをプログラムに追加します。ビデオソースを追加後、ディスクタイプや、字幕、オーディオトラックを選択可能です。


ご注意:

1.メイン画面の左下隅にドライブに挿入されたブルーレイディスクのディスク対応を設定してください。
2.F4Vビデオをブルーレイディスクに焼く前、空きの書き込み可能のブルーレイディスクを挿入することをご確認ください。


ステップ2:ビデオを編集する

追加されたビデオを編集したい場合、ビデオソースの右側に「編集」アイコンをクリックします。そして、編集パネルでは、ビデオのトリミング、切り抜き、回転、透かしの追加、3D効果設定などすることでビデオをカスタマイズできます。


ステップ3:ディスクメニューを設定する

ディスクメニューを付けて動画をブルーレイディスクに焼きたい場合、ユーザーインターフェイスの右側にお気に入りのテンプレートを選択し、そして編集することができます。プレビューパネルで背景音楽や、イメージ、ビデオ、テキストのカラー/サイズ/フォントなどを設定できます。


ご注意:

ディスクメニューがほしくない場合、「No Menu」オプションを選択すればいいです。


ステップ4:詳細設定

ディスクメニューの設定が完了したら、緑の「書き込み」ボタンをクリックします。現れたサイドバーでディスクラベル、保存先、書き込み先を設定できます。


ご注意:

「書き込み先」でビデオをブルーレイディスクフォルダ、isoファイル、またはディスクに焼くことを自由に選択できます。どちらのオプションを選ばれても、十分なハードドライブ容量があることをご確認ください。


ステップ5:F4Vビデオをブルーレイに焼く

最後に、したの「書き込み」アイコンをクリックし、F4Vビデオをブルーレイに焼くプロセスを開始させます。


ハードウェア・アクセラレーション技術を採用したため、Leawo Blu-ray作成は同類ソフトより6倍の速さでF4Vビデオをブルーレイに書き込めます。こうして、F4Vビデオでブルーレイ映画に変換できます。


まとめ

どのソリューションを選ぶかを迷っている場合、下記の比較表をご覧下さい。主に二つのソリューションの相違点がまとめています。


特徴 Leawo Blu-ray作成 Avidemux + ImgBurn
ビデオをBlu-ray / DVDディスクに書き込む
ビデオをISOイメージファイルに書き込む
写真をBlu-ray/DVDに書き込む ×
ビデオをBlu-ray / DVDフォルダーに書き込む ×
ソース動画を編集 ×
2Dから3Dへ変換 ×
ロードされたビデオファイルを再生 ×
ディスクメニューを追加 ×
ディスクメニューをDIY ×
字幕とオーディオトラックを選択 ×
外部字幕を追加 ×
写真のスライドショーを編集 ×
対応OS Windows/Mac Windows


一番目のソリューションでF4V動画をブルーレイディスクに焼くとき、AvidemuxとImgBurnをパソコンにインストールしなければなりません。二番目のソリューションでは、多機能のLeawo Blu-ray作成をインストールすればいいです。また、Avidemuxで動画形式を変換する必要がなく、Leawo Blu-ray作成で直接F4Vビデオをブルーレイに焼けます。更に、Leawo Blu-ray作成はWinでもMacでも利用可能です。要するには、使いやすさや出力画質などの面から見ると、AvidemuxとImgBurnを使うより、Leawo Blu-ray作成でF4V動画をブルーレイに焼くのが賢いと思います。