ブルーレイ対応のカーナビを探していますか?ブルーレイはずいぶん前からリリースされたものですが、ブルーレイを再生できるカーナビは数えるほどしかありません。Blu-rayディスクを買って、家族と一緒に旅行の途中でカーナビで高画質で視聴したい場合、車のカーナビがDVDのみ対応していて、BD再生されないことがありますか?
この記事は、カーナビでブルーレイディスクの映像を再生する方法を説明します。もちろん、2020年オススメのブルーレイが再生できるカーナビも一緒に紹介します。続きをご覧ください。

パート 1: 2020年最高のブルーレイ再生できるカーナビお薦め

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)は、DVDの後継となる光ディスクです。2002年から、Blu-ray Disc(BD)の規格を策定され、その後、BDが普及され、DVDと一緒に、最も使われたメディアディスクとなりました。しかし、ブルーレイディスク対応のカーナビは少ないです。その原因は何ですか?

まず、カーナビの液晶画面が小さくて、ブルーレイディスクの高画質を綺麗に表現することができません。720PのDVDはピッタリです。そして、ブルーレイディスクの画質は高いため、データのサイズも大きくなった。Blu-ray Discが再生できるカーナビはスペックの高いCPUを搭載する必要があります。色々な原因で、カーナビメーカーはブルーレイ対応のカーナビの生産に熱心ではありません。

また、ブルーレイを再生するには、特定の許可が必要なので、現時点Blu-rayディスクが再生可能なカーナビは、ほとんどパナソニック製のカーナビです。


Panasonicカーナビ

パナソニック社のカーナビは五つのシリーズがあります。

  1. Fシリーズ
  2. DYNABIGをコンセプトにしたフローティング構造の大画面モデル

  3. RXシリーズ
  4. 車でもブルーレイが楽しめる、ハイスペックプレミアムモデル。

  5. RAシリーズ
  6. 安心の無料地図更新付き。ナビ機能もエンタメも充実の使いやすいナビ。

  7. REシリーズ
  8. 情報がぎっしり詰まった大容量16GB。ナビ機能もエンタメも充実したオールインナビ。

  9. Eシリーズ
  10. ナビゲーションの基本機能・性能にこだわったAV一体型SSDナビゲーション。

その中で、ブルーレイが再生できるカーナビシリーズはFシリーズ、RXシリーズ二つのみ。六つのモデルあります。詳細は下記です。

  1. CN-F1X10BD
  2. CN-F1XVD
  3. CN-RX06WD
  4. CN-RX06D
  5. CN-RX05WD
  6. CN-RX05D


ブルーレイ再生可能なPanasonicカーナビご紹介

Panasonicカーナビは、市販カーナビゲーションではオンリーワンとなるHD画質のまま再生できるブルーレイプレーヤー搭載で、最上級のクオリティをもたらします。ブルーレイならではの美しい、迫力十分の映像で、クルマにいながらまるでシアター空間にいるような臨場感を楽しむことができます。
市販のブルーレイ映画ソフトなどはもちろん、ブルーレイ録画機能付きのディーガで撮りためた番組を車内へ持ち込み、HD画質のまま再生することが可能です。ロングドライブでも退屈しないブルーレイ対応ナビゲーションは、カーライフに欠かせない必需品です。

CN-F1X10BD

ブルーレイや地デジがストラーダ史上最大、かつ最上級画質で楽しめるフラッグシップモデル
CN-F1X10BDはパナソニック2019-20年ストラーダ大画面カーナビモデルです。狭額縁化した大画面構造で、文字、動画や地図が美しく表示されます。画面が一番大きなモデルです。

カーナビ

CN-F1XVD

見やすい角度に画面が振り向く。見やすさを追求したブルーレイモデル
CN-F1XVDは2018年モデルで、機能はCN-F1X10BDとほぼ同じです。CN-F1X10BDに搭載されていないダイナミックガンマ機能があります。

カーナビ

CN-RX06WD

安全・安心をサポートする機能が充実したジャストフィット7V型ブルーレイモデル

カーナビ

CN-RX06D

安全・安心をサポートする機能が充実したジャストフィット7V型ブルーレイモデル

カーナビ

CN-RX05WD

安全・安心をサポートする機能が充実したジャストフィット7V型ブルーレイモデル

カーナビ

CN-RX05D

安全・安心をサポートする機能が充実したジャストフィット7V型ブルーレイモデル

カーナビ

パート 2: Blu-ray Discの映像をDVDカーナビで再生する方法

車のカーナビがブルーレイの再生に対応していない、ブルーレイディスクをカーナビで再生したい場合、どうすればいいでしょうか?実は、方法があります。

ブルーレイディスクの映像をPCでMP4のフォーマットにリッピングして、USBメモリーに入れた後、そのUSBメモリーをカーナビに接続すると簡単に再生できます。

しかし、ブルーレイディスクにコピーガードというプロテクトがあるので、直接USBメモリーにコピーすることができません。そのため、リッピングソフトが必要です。ここでは、Leawo 究極動画変換というソフトを強くお薦めします。

media-converter-ultimate

Leawo 究極動画変換

☉ 動画/DVD/Blu-rayを180種以上の形式に変換
☉ 動画、ビデオをDVD/BDに書き込む
☉ オンライン動画&音楽をダウンロード
☉ 実用な使いやすい動画編集機能

使いたい項目のみ購入可能!

無料体験 無料体験

Leawo究極動画変換でBlu-rayの映像をMP4形式に変換する方法

    ステップ1. 対応のモジュールを選択
    Leawo 究極動画変換を開きます。「Blu-ray/DVD変換」モジュールを選択します。
    1-2

    ステップ2. ディスクを読み込む
    「Blu-ray/DVD変換」モジュールで「Blu-ray/DVDを追加」ボタンをクリックして、ディスクのコンテンツをソフトウェアに追加します。映像の概要が表示されます。
    1-2

    ステップ3. 出力形式設定
    「出力形式」パネルで出力動画のフォーマット、プロファイルが設定できます。
    出力フォーマットは180種類以上、MP4、MKV、AVI、MOV、VOBなど汎用的なフォーマットが選択できます。
    1-2

    ステップ5. プロファイル編集
    フォーマットを設定した後、映像コーデック、ビットレート、解像度、フレームレートなども設定可能です。
    1-2

    ステップ5. 動画編集
    「動画編集」ボタンをクリックして、動画に透かしを追加、時間をカット、画面の明るさ、コントラスト、彩度を調整などができます。
    1-2

    ステップ6. 保存場所設定
    全ての設定が完了した後、ソフトウェア右上隅にある緑色の「変換」ボタンをクリックして、出力動画の保存場所を設定した後、変換のプロセスが開始できます。一時停止、再開することができます。
    1-2

パート 3: まとめ

上記の通り、ブルーレイディスクをカーナビで再生するには二つの方法があります。ブルーレイ再生対応のカーナビに変換するか、Blu-rayの映像をMP4に変換、USBメモリーに入れるか選択できます。

こちらは二番目の方法をお薦めします。ブルーレイ対応のカーナビの価格はかなり高いですから。Leawo 究極動画変換を利用して、ブルーレイディスクの映像をカーナビで再生するだけでなく、家族との写真、動画を空のディスクに書き込んで、カーナビで再生することも可能です。