YouTube Live上ではゲーム実況、音楽、雑談、スポーツ、ニュースなど様々なジャンルの生配信を楽しむことができ、多様な個性を持った人気配信者が存在します。ライブ配信が終了した後にYouTubeで自動的にアーカイブされますが、配信者の設定次第でアーカイブ動画が非公開に設定している場合もありますし、いつの間にか削除される場合もあります。

もしライブ配信中に画面録画して保存すると、何度も何度も繰り返すことができます。また、事前に録画予約すると、外出先でも生放送を見逃しません。本記事は、パソコン(Windows/Mac)・スマホ(iPhone/Android)でYouTube Liveのライブ配信を録画できるツールを紹介します。

パソコン(Windows/Mac)でYouTube Liveのライブ配信を録画する方法

Windows 10/11 に標準搭載の「ゲームバー」

「ゲームバー(Xbox Game Bar)」は、Windows 10/11のPCに標準搭載された機能です。ゲームバーはプレイ中の画面に特化した録画機能ですが、YouTube画面の録画も可能です。

ゲームバーでYouTube Liveを録画する方法:

  • 「Windows」ロゴキーと「G」キーを押して、ゲームバーを起動します。
  • 丸い「録画を開始」ボタンをクリックすると、録画が始まります。キャップチャ中のバーが表示されます。
  • 青い「録画を終了」ボタンをクリックすると、録画が終わります。
  • ※もっと簡単に使いたい場合は「Windows」キー+「ALT」キー+「G」キーを同時に押すと、直接に録画開始・終了することができます。

ゲームバー

Macに標準搭載の「QuickTime Player」

「QuickTime Player」は、MacOSのPCに標準で搭載されているメディアソフトです。オーディオ・ビデオの再生・編集だけでなく、PC画面収録も簡単にできます。

QuickTime PlayerでYouTube Liveを録画する方法:

  • アプリケーションからQuickTime Playerを起動します。
  • 「ファイル」-「新規画面収録」の順に選択し、「スクリーンショット」をクリックすると、ツールバーが表示されます。「オプション」をクリックして、収録するものを制御できます。
  • 「収録」ボタンをクリックすると、録画が開始します。
  • 「収録を停止」ボタンをクリックと、録画が終了します。
QuickTime-Player

多機能録画ソフト「Leawoスクリーンレコーダー」

上記に紹介した標準搭載機能では最低限の機能しか持たせず、リアルタイム編集、タイマー録画、音声解説追加などはできません。また、YouTubeは常に仕様変更を行っていますので、画面が真っ黒になったり、強制停止したりして録画できない場合もあります。専門録画ソフトを使うと、より豊富な機能を楽しめるし、安定的に録画できます。

Leawoスクリーンレコーダーは、PC画面を簡単に録画可能な多機能録画ソフトです。動画共有サイトの録画だけでなく、オンライン会議、パワーポイント発表、ゲーム実況などさまざまなシーンで活躍しています。さらに、予約録画、タイマー録画、マウスカーソル非表示、リアルタイム編集、音声ナレーション/BGM追加、ウォーターマーク追加など、実用的な機能を備えています。

  •  Leawoスクリーンレコーダー
  •   Leawoスクリーンレコーダー

    – PC画面上の全てのものを簡単に録画可能!
    – 全ての画面をリアルタイムでキャプチャ可能!
    – Webカメラ画面を簡単に録画可能!
    – PC内部音声、マイク音声、映像を録音可能!
    – 予約録画や、リアルタイム編集、音声ナレーション/BGM追加、透かし追加などの実用的な機能が搭載!
    Download Windows Version

LeawoスクリーンレコーダーでYouTube Liveを録画する方法:

  • PCからLeawoスクリーンレコーダーを起動します。
  • 「スクリーンレコード」モジュールをクリックします。
  • YouTube-Live-録画-1
  • 録画範囲を好きなままに指定可能です。
  • YouTube-Live-録画-2
  • 録画範囲を設定した後、音声の出力先を設定します。
  • 設定完了後に、赤い「REC」ボタンをクリックして、3秒のカウントダウンが終わると、録画が開始します。
  • YouTube-Live-録画-3
  • 録画を開始した後、録画画面の下にコントロールパネルが表示されます。
  • 赤い「停止」ボタンをクリックすると、録画が終了します。
  • YouTube-Live-録画-4
  • 録画が終了すると、「録画履歴」パネルが表示されます。ここで、録画した動画を再生・管理することができます。
  • YouTube-Live-録画-5

    ※予約録画を行うには、メニューバーから「タスクスケジュール」をクリックして、新しいタスクを作成する必要があります。

    YouTube-Live-録画-6

スマホ(iPhone/Android)でYouTube Liveのライブ配信を録画する方法

iPhoneの「画面収録」機能

iPhone iOS11以降からは「画面収録」機能が標準装載されています。画面収録機能を使うには、コントロールセンターに追加する必要があります。

iPhoneでYouTube Liveを録画する方法:

  • 「設定」アプリを開き、「コントロールセンター」を選択し、「画面収録」の左にある「+」追加ボタンをタップします。
  • iPhone-YouTube-Live-録画-1
  • 画面コントロールセンターを開き、録画ボタンをタップして、3秒のカウントダウン後、画面録画が開始します。
  • 画面コントロールセンターを開き、赤い録画ボタンをタップすると、画面収録が終了します。または、画面左上にある赤いステータスバーをタップし、「停止」をタップします。
  • iPhone-YouTube-Live-録画-2

Androidの「スクリーンレコード」機能

Android 11搭載のスマホも、画面録画ができる「スクリーンレコード」機能が使えます。昔のように画面録画アプリをインストールする必要がありません。

AndroidのスマホでYouTube Liveを録画する方法:

  • スマホの画面を上から下にスワイプして、ドロップダウンメニューが表示されます。クイック設定で鉛筆のアイコンをタップし、スクリーンレコードを追加します。
  • 「スクリーンレコード開始」をタップして、録画設定画面が表示されます。
  • 設定完了後に、「開始」ボタンをタップすると、録画が始まります。
  • 通知画面で「タップして停止」をタップすると、録画が終わります。
Android-YouTube-Live-録画

YouTube Liveのライブ配信を画面録画って違法?相手にバレる?

YouTube Live 画面録画

    YouTubeを録画するのが利用規約違反になることも考えられますが、実際には、利用規約違反についてはせいぜいグレーゾーンです。「私的な範囲」で録画した場合は大丈夫です。

    ただし、録画のスクショや動画などをSNSに投稿する場合は、裁判沙汰になるかもしれませんので、ご注意ください。

    また、YouTubeで画面録画しても配信者に通知が届かないので、一切バレることはありません。ご心配なく。

また、Leawo YouTubeダウンロードを使えば、画面録画ではなく、ライブ配信動画をそのままでダウンロード保存ができます。詳しくは下記の記事をご参照ください。