どのデバイスでYouTubeを利用しても、動画視聴中に「ネットワークに問題が発生しました[503]」というエラーメッセージが表示され、動画再生が中断される可能性があります。この記事では、YouTubeエラー503が発生する原因及びその対処方法をまとめてご紹介します。YouTube視聴中に「503エラー」と思われる問題が発生したら、まずは本記事で紹介する対処方法をご自身で落ち着いて実践してみましょう。直接問題を解決できる場合が多いです。

YouTubeで503エラーが発生する原因

ネット上のユーザーからのフィートバックをまとめてみると、YouTube 503エラーが発生する原因は下記にて考えられます。


1.接続タイムアウト

接続タイムアウトは、APN設定がデフォルト値から変更された場合に発生することが知られています。 これにより、デバイスが他のサーバーのデータにアクセスする方法に矛盾が生じる可能性があります。このシナリオが適用可能な場合、アクセスポイント名をデフォルト値にリセットすることで問題を解決できるはずです。


2.破損したキャッシュデータ

破損したキャッシュデータはAndroidデバイスでYouTube503エラーが発生する要因の一つです。よくあるトラブルですが、厄介なことではなく、解決案はごく簡単で、キャッシュデータをクリアすれば直れます。


3.サーバーがビジー状態であるか、メンテナンス中です

YouTubeサービスプロバイダーは不定期にサーバーをメンテナンスする必要があります。メンテナンス中に、ユーザーはYouTubeを利用できません。また、たくさんのユーザーは同時にYouTubeに殺到するとき、サーバーがビジー状態に陥り、YouTube 503エラーが発生する場合もあります。この場合、Youtubeサーバーのステータスを定期的に確認する以外に、自由に修復戦略を立てることはできません。


4.プレイリストキューが長すぎる

プレイリストの再生時にアプリがロードするプレイリストキューをロードしようとしているため、この特定の問題が発生する可能性もありますが、プレイリストが長すぎるために失敗します。これは通常、「後で見る」リストに1000以上の異なるビデオがある場合に発生します。 この場合、3つの数字に達するまで十分なビデオを削除することで問題を解決できます。


解決策1:Googleサーバーのステータスを確認する

上述のように、YouTubeサーバーがビジー状態もしくはメンテナンス中の場合、ユーザー側では何もできなくて待つしかないのです。発生中のYouTubeエラー503はYouTubeサーバーによるものかどうか、確認するのは二つの方法があります。一つ目はYouTubeの公式ツイッターアカウントを通して確認することです。定期的にメンテナンスもしくは重大なエラーが起こるとき、YouTubeは公式ツイッターアカウントを通してユーザーにお知らせます。もう一つの方法はインターネットコミュニティでほかのユーザーにその時点で同じような現象があるかどうかを尋ねることです。ほかのユーザーでもYouTubeエラー503になった場合、待つしかできません。YouTubeサーバーがビジー状態でもメンテナンス中でもない場合、下記の方法を通してYouTubeエラー503を修復可能です。


解決策2:「後で見る」リストからビデオを削除する

「後で見る」リストに大量のビデオを入れたとき、プレイリストの再生時にYouTubeがロードするプレイリストキューをロードしようとすると、プレイリストが長すぎるためYouTubeエラー503が発生します。この場合、プレイリストからビデオを削除すると、問題が解決されます。YouTube側ではこの解決案を正式に発表したことがないですが、「後で見る」リストからビデオを削除し、YouTubeアプリを再起動すれば、YouTubeエラー503が修復されることを多くのユーザーから報告されています。「後で見る」リストからビデオを削除するのはごく簡単です。下記の手順をご参考してください。