「VLCメディアプレーヤーでビデオを回転することはできますか?スマホに録画したビデオがたくさん保存されています。これらのビデオを回転して見たいです。VLC media playerを使って、Windows/Macでビデオを回転する方法を教えてください。」


優れるメディアプレーヤーの一つとして、VLC media playerはほぼ全てのマルチメディアファイル及びDVD、CD、VCDを再生できます。よりいい視聴体験のために、動画をトリミングしたり、回転したりすることもできます。VLC media playerでビデオを回転したいなら、下記のガイドを参照できます。VLC media playerでビデオをうまく編集できない場合、ほかの代替ソフトを試すこともできます。続きをお読みください。



パート1:VLC media playerでビデオを回転する方法

VLCメディアプレーヤーはビデオを回転、反転、転置するという機能が搭載しています。VLCメディアプレーヤーを利用して、動画の向きを簡単に90度、180度、270度回転させることができます。また、1度、27度など、任意の角度でビデオを回転させることもできます。回転だけでなく、ビデオを水平または垂直に反転することもできます。更に、ビデオを入れ替えまたは逆転させることもできます。


VLCメディアプレーヤーでビデオを回転する方法は下記のようです。

  • 1.VLCメディアプレーヤーを起動します。
  • 2.メニューバーの「ツール > エフェクトとフィルター」オプションを逐次クリックします。
  • 3.「調整とエフェクト」設定画面で「ビデオエフェクト」タブを選択します。
  • 4.サブメニューの「ジオメトリ」を選択します。
  • 5.「変換」ボックスのチェックを入れます。
  • 6.ドロップダウンボックスから回転したい角度を選択します。
  • 7.動画をフリップ(反転):ドロップダウンボックスから「水平方向反転」または「垂直方向反転」オプションを選択します。
  • 8.入れ替え:変換メニューのドロップダウンボックスから「入れ替え」または「入れ替えしない」オプションを選択します。
  • 9.指定したアングルを回転:「回転」ボックスのチェックを入れて、必要に応じて、アングルを指定します。


上記のガイドに従えば、VLC media playerで自由にビデオを回転させることができます。回転されたビデオを保存することを忘れないでください。また、VLC media playerは先の回転設定を記憶するため、新しいビデオを開く時、ビデオが自動的に回転されます。新しいビデオを回転させたくない場合、「回転」ボックスのチェックを外してください。


パート2:VLCで回転された動画を保存する方法

VLC media playerで自由にビデオを回転するのが便利だが、VLC media playerを利用して、編集された動画を保存しなければなりません。


次にはVLC media playerを利用して、回転された動画ファイルを保存するステップを説明いたします。

  1. VLC media playerをビデオを回転してから、メインメニューの「メディア > 変換/保存」オプションを選択します。
  2. 「ファイル」タブでは、「追加」ボタンをクリックして、編集された動画をロードします。そして、「変換/保存」ボタンをクリックして、「変換」オプションを選択します。
  3. 「参照」ボタンをクリックし、ビデオを保存するフォルダを設定します。4.
  4. 「プロファイル」のところでビデオフォーマットを選択します。ここでは、「Video–H.264 + MP3 (MP4)」を選択します。
  5. ドロップダウンメニューの横にある「設定」ボタンをクリックして、「オーディオコーデック」タブを選択します。
  6. 「コーデック」のドロップダウンメニューから「MP3」を選択して、「保存」ボタンをクリックします。
  7. 変換パネルに戻って、「開始」ボタンをクリックします。


しばらく待ちます。回転された動画を保存してから、自由にあらゆるデバイスとプレーヤーで動画を再生できるようになります。


パート3:VLC media playerの代替ソフト(Leawo Prof. Media)でビデオを回転する

VLCメディアプレーヤーは汎用的な動画ファイルを回転できるが、暗号化された Blu-ray/DVDの動画を回転させることはできません。暗号化された Blu-ray/DVDの動画を回転させ、編集したい場合、VLC media playerの代替ソフト – Leawo Prof. Mediaを利用することができます。


Leawo Prof. Mediaは動画変換、Blu-ray/DVD変換、Blu-ray/DVDコピー、Blu-ray/DVD作成、Blu-ray Cinavia解除、及び動画ダウンロードを堪能できる多機能のメディア変換ソフトです。Leawo Prof. Mediaで動画を変換、Blu-ray/DVDを変換、もしくはBlu-ray/DVDを作成する時、動画を回転することができます。



Leawo Prof. Mediaで動画/DVD/Blu-rayファイルを回転する方法は下記のようです。

ステップ1:Leawo Prof. Mediaをダウンロードする

Leawo Prof. MediaをLeawoの公式サイトからダウンロードし、インストールします。「変換」タブをクリックしたら、動画/DVD/Blu-rayを回転し、変換できます。


ステップ2:DVD/Blu-ray/ビデオファイルをインポートする

「BD/DVDを追加」または「ビデオを追加」ボタンをクリックし、Blu-ray/DVD/動画ファイルをプログラムにインポートします。Blu-ray/DVD/動画ファイルを直接メイン画面にドラッグ&ドロップすることもできます。


メモ:

  • 1.BD/DVDをインポートするには、三つのロードモードがあります:フルムービー、メインムービー、カスタムモード。
  • 2.動画を回転してDVD/Blu-rayディスクに焼きたい場合、「書き込み」モジュールを利用してください。


ステップ3:出力フォーマットを選択する

「写真を追加」ボタンを横にあるドロップダウンボックスをクリックして、「変更」ボタンをクリックします。設定パネルでは出力ビデオファイルの形式を設定することができます。


ビデオのパラーメータを調整するには、ドロップダウンボックスから「編集」ボタンをクリックすればいいです。すると、ビデオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、オーディオコーデックなどのパラーメータを調整可能です。


ステップ4:Blu-ray/DVD/ビデオを回転する

Leawo Prof. Mediaの「変換」と「書き込み」モジュールでは、Blu-ray/DVD/動画ファイルを回転、編集することができます。追加された動画ファイルの右にある「編集」ボタンをクリックしたら、動画を編集するためのパネルに入ります。「切り抜き」タブでは、動画ファイルを上下反転、左右反転、90度回転することができます。
メモ:編集パネルでは、動画をトリム(カット)したり、透かしを追加したり、効果を調整したりするなどができます。


ステップ5:出力先を設定する

緑な「変換」ボタンをクリックし、動画ファイルの保存場所を設定します。

最後に、下の「変換」ボタンをクリックし、動画を変換して出力します。数分待ってから、編集された動画ファイルを入手できます。


パート4:まとめ

VLC media playerはMacとWindowsバージョンを提供するため、VLC media playerを使えば、Mac/Winで簡単に動画を回転させることが可能です。しかし、VLC media playerは暗号化されたBlu-ray/DVD映画を対応できなくて、回転させることもできません。市販やレンタルのBlu-ray/DVD映画を回転、編集する場合、Leawo Prof. Mediaを使えます。VLC media playerの最高の代替ソフトとして、Leawo Prof. Mediaは簡単にあらゆる動画を回転できます。また、オンライン動画をダウンロードしたり、Blu-ray/DVD映画を汎用的な動画と音声ファイルに変換したりできます。更に、スライドショーを作成できるし、写真と動画をBlu-ray/DVDディスクに高品質に焼けます。どの面から見ると、VLC media playerより実用的かつ豊富な機能を備えています。