「いろいろ比べた上で、サイバーリンク PowerDVD 15 Ultraを購入しました。Windows 7搭載のパソコンにインストールした後、Netflix (ネットフリックス)からダウンロードした『Seventh Son(セブンス・サン 魔使いの弟子)』を再生するとき、図1と図2のようなエラーメッセージが現れました。再生不能の原因を確認するために、サイバーリンク CyberLinkのカスタマサービスセンターに問い合わせたかったのですが、問い合わせ自体も有料で、諦めました。どうしてCyberLink PowerDVDはブルーレイを再生できないでしょうか。どうやって問題を解決しますか。」


「CyberLink PowerDVDを購入しなかった方がよかったのです!2017年のブルーレイ映画と2015年のブルーレイ映画で試しましたが、全然再生してくれなかったのです!パソコンもWindowsシステムも映画自体も問題がなくて、CyberLink PowerDVDの「再生」アイコンをクリックし、少し再生したら、すぐ止まってしまって、ウォーニングコードもエラーメッセージもまったくなくて、わけがわからないのです。似たような経験がある方は解決案を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします!」


現在、市場にはブルーレイを再生できるメディアプレーヤーがかなり多くあります。CyberLink PowerDVDもその中の一つです。普通のブルーレイ以外に、コピーガード付きのブルーレイディスクでも再生できます。

しかし、上記のように、CyberLink PowerDVDはブルーレイ映画を再生できないときもよくあります。この記事では、CyberLink PowerDVDはブルーレイを再生できない原因とその解決案を詳しく説明します。



パート1:Cyber PowerDVDについて

PowerDVDはコンピューターで高品質のMPEG-1とMPEG-2ビデオコンテンツを再生できるソフトウェアデコーダーです。コンピューターのDVDドライブと組み合わせると、PowerDVDはDVD、VCD、SVCD、miniDVD(ミニDVD)、ビデオとオーディオファイルを再生できます。数多くのインタラクティブ機能を備えているので、最高の観賞体験をお届けできます。

powerdvd-01

2018年4月にリリースされた最新バージョンのPowerDVD 18は新たなUltra HDブルーレイディスクフォーマットでもサポートできます。2016年、PowerDVD が BDA(Blu-ray Disc Association)からUltra HD Blu-ray ディスク再生の認定を取得し、世界初かつ唯一、BD-ROM 4.0 PC Application Software License の認定を受けた動画再生ソフトウェアになりました。

古い映画などの動画ファイルでしたら、Free Blu-ray Player、VLC、Media Player Classic、Home Cinema、Quicktime、Windows Media Playerなどを使ったほうがいいです。


初めてUltra HDブルーレイディスクを再生できるバージョンはPowerDVD 17です。このPowerDVD 17は4K UHDブルーレイドライブを再生することに対して、CyberLink PowerDVD 19は8Kブルーレイディスクをサポートできます。


パート2:Cyber PowerDVDでブルーレイを再生する方法

「どうやってCyberLink PowerDVD 12 のシネマ モードで、ブルーレイ 3D、 ブルーレイ、DVD のフォルダーを再生しますか。」上述のように、ユーザーはPowerDVDでブルーレイ映画を再生できます。どうやってCyberLink PowerDVDでブルーレイを再生しますか。

CyberLink PowerDVD 12 のクラシック モードおよびシネマ モードで、ブルーレイ 3D、 ブルーレイ、DVD のフォルダーを再生することができます。PowerDVD 12を例として、PowerDVDを利用し、ブルーレイフォルダを再生する方法を説明します。


クラシックモードでは、次の手順でディスクフォルダーを再生します。

  • [BD/DVD ムービー] タブをクリックし、左下の「ディスク」ボタンをクリックします。
  • ハードドライブのターゲットディスクフォルダーを選択します。
  • [最初から再生] をクリックして、ムービーを再生します。


シネマモードでは、次の手順でディスクフォルダーを再生します。

  • シネマモードに切り替えるには、右上の「シネマ」ボタンを選択します。
  • 「ムービーの選択」をクリックして、「ハードドライブのディスク フォルダーを開く」を選択します。
  • ハードドライブのターゲットディスクフォルダーを選択します。
  • 「最初から再生」をクリックして、ムービーを再生します。


下記の手順でブルーレイISOファイルを再生します。

  • 「ムービーライブラリ」もしくは「マイコンピューター」タブを通して、Cyberlink PowerDVDでISOファイルをブラウズ&特定します。
  • 再生したいISOを選択し、「最初から再生」をクリックします。
  • 必要なドライブをインストールするように、Cyberlink PowerDVDはウォーニングメッセージを出します。
  • 「インストール」ボタンをクリックし、「User Access Control」ウィンドウが現れるときに、「Yes」をクリックします。
  • ドライブのインストールが終わってから、Cyberlink PowerDVDは自動的にISOファイルを再生し始めます。


実は、PowerDVDを利用してブルーレイディスクを再生するのはごく簡単です。ブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿入した後、PowerDVDで開けばいいです。コンピューターはブルーレイディスクを再生&読み込めることを予め確保しておいてください。


パート3:CyberLink PowerDVDはブルーレイを再生できないときの解決案


サイバーリンクPowerDVDでブルーレイ映画を再生するとき、エラーが起こってしまうときがあります。どうやってこれらのエラーを修復しますか。下記にて、エラーが発生する原因と解決案を詳しく説明します。

原因と解決案

  • 利用しているバージョンのサイバーリンクPowerDVDはブルーレイ再生をサポートしません。すべてのバージョンのPowerDVDはブルーレイを再生できるというわけではありません。古いバージョンをご利用の場合、最新のバージョンにアップデートすれば、ブルーレイ再生機能を入手できます。
  • 最小限の動作環境を満たしていません。ブルーレイディスクを再生するには、パソコンは一定の動作環境を満たさなければなりません。サイバーリンクの公式サイトからBD-Advisorをダウンロードすると、パソコンがブルーレイディスクを再生できる動作環境を持っているかどうかを確認できます。
  • 利用しているグラフィックカードドライバは古いです。AMD / NVIDIA /インテルのウェブサイトから最新のグラフィックカードドライバをダウンロードします。ダウンロードするとき、何かトラブルがあったら、コンピューターメーカー、即はディスクプレイメーカー、サウンドカードメーカーに関連の部品は最新のドライバに向いているかどうか問い合わせてください。容量が足りないと提示された場合、ブルーレイ映画を再生するにはかなり多くのメモリスペースが必要です。インストールされたドライブに十分なスペースがあることを確保しておいてください。
  • アンチウイルスソフトウェアはPowerDVDでのブルーレイ再生を阻止します。アンチウイルスソフトウェアの影響でPowerDVDはスムーズにブルーレイを再生できないときがあります。アンチウイルスソフトウェアを無効にすれば、問題を解決できる可能性があります。
  • アンチウイルスソフトウェアを無効にしても、エラーが消えない場合、アンチウイルスソフトウェアとPowerDVDをアンインストールし、コンピューターを再起動した後、もう一度PowerDVDをインストールしてみてください。


上記の方法を全部試しても、PowerDVDのカスタマサービスセンターにお問い合わせください。カスタマサービスセンターでも有効な解決案を提供できない場合、パート4の方法を使ってください。絶対に根本から問題を解決できます。


パート4:Leawo Blu-ray変換でブルーレイをCyberLink PowerDVDがサポートできる形式に変換する方法

ブルーレイリッピングソフトを利用し、ブルーレイ映画をCyberLink PowerDVD、Windows Media Player、VLC、QuickTimeなどのメディアプレーヤーと互換できるフォーマットに変換すれば、対応のメディアプレーヤーで再生できるようになります。
Leawo Blu-ray変換は市場では最高のブルーレイリッピングプログラムで、おすすめします。


Leawo Blu-ray変換はブルーレイディスク/ブルーレイフォルダの暗号化を解除できて、またはさまざまなオーディオとビデオフォーマット(たとえば、MP4、MKV、MOV、AVI、FLV、MPEG、AAC、MP3など)にリッピング&変換できるプロのブルーレイリッピング&変換プログラムです。

また、任意のブルーレイをiPad、iPod、iPhone、アップルテレビ、ソニーデバイス、サムスンデバイス、Microsoft Surface(マイクロソフト サーフェス)などのデバイスで再生する形式に変換できます。先端的なディスク暗号化解除技術を搭載したため、Leawo Blu-ray変換はAACS、BD+、と最新のMKBコピープロテクトを採用したブルーレイディスクを対応できます。


使用する前に、Leawo Blu-ray変換をコンピューターにダウンロード&インストールする必要があります。ダウンロード自体は無料です。MacユーザーにLeawo Blu-ray変換 for Macを用意しています。


   


Leawo Blu-ray変換を利用して、ブルーレイをコンピューターもしくはテレビで自由に再生できるビデオにリッピング&変換する手順は下記のようです。


注:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaに含まれます。コンピューター自体はブルーレイドライブを含まない場合、ブルーレイディスクをロード&読みとめる外付けブルーレイドライブをコンピューターに接続しておいてください。


ステップ 1: ブルーレイディスクをロード。
リッピングしたいブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿入し、Leawo Prof. Mediaを立ち上げます。「変換」モジュールを開いて、Leawo Blu-ray変換を立ち上げて、メインインタフェースの「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、ブルーレイディスクをロードします。


add-source-files-04

ティップス:

  1. Leawo DVD変換は三つのロードモードを用意しています。フルムービー(ソースDVDのすべてのコンテンツをロード)、メインムービー(ディフォルトでは、一番長いタイトルはメインムービーと認識されます。変更可能)、とカスタムモード(ユーザーは変換したいタイトルをマニュアルで選択します)です。ご自分の必要に応じて一つを選択してください。
  2. ソースのブルーレイ映画をロードした後、ロードされた各ブルーレイファイルの「字幕」と「オーディオトラック」のドロップダウンボックスから必要の字幕とオーディオトラックを選択できます。


ステップ 2: 出力フォーマットを選択
「写真を追加」ボタンの隣のフォーマットボタンのドロップダウンボックスから「変更」をクリックし、出力フォーマットを選択できる「プロファイル」パネルに入ります。MP4はコンピューターなどのデバイスとうまく互換できますので、おすすめします。また、「Common Video」、「HD Video」、「4K Video」、「Lossless Video」グループからほかのビデオプロファイルを選択できます。


choose-output-profile-05


出力フォーマットを設定してから、フォーマットボタンのドロップダウンボックスに戻って、「編集」をクリックすると、出力ファイルのビデオとオーディオパラメーターを調整できます。たとえば、ビデオコーデック、オーディオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、チャンネル等。


set-profile-settings-06


ステップ 3: ブルーレイをビデオに変換
最後に、大きな緑の「変換」ボタンをクリックすると、右側からサイドバーが現れます。「保存先」ボックスのところに、変換されたブルーレイ映画の保存先を指定できます。


set-output-directory-07


指定が終わってから、下部の「変換」ボタンをクリックし、ブルーレイ映画をビデオファイルに変換し始めます。変換プロセスが終わってから、任意のメディアプレーヤーもしくはデバイスで再生できるブルーレイ映画を入手できます。


Leawo ブルーレイ変換があれば、ブルーレイ映画を編集したり、映画に3D効果を追加したり、複数のブルーレイファイルを一つに合併したりなどができます。また、DVD動画もビデオに変換できます。動画変換には必要不可欠なツールです。
Leawo ブルーレイ変換以外に、Leawoはパソコンで直接無料にブルーレイ映画を再生できるメディアプレーヤーも発売しました。その名はLeawo Free Blu-ray Playerです。世界各地で自由に使えて、ブルーレイ、DVD、HDビデオ、オーディオ、ISOイメージファイルなどをスムーズに再生できます。


Leawo ブルーレイ変換でDVD映画をビデオクリップに変換してから、好きのように再生できます。
HandBrakeと比べると、Leawo DVD変換は変換機能のほか、ディスクの暗号化解除機能、DVD映画再生機能、DVD映画編集機能、3D映画作成機能、映画だけを変換する機能などを備えています。