最高のVR体験を楽しみたい人に、映画館並みの豊かな効果をお届けできるCmoar VRをおすすめします。値段も手頃で、近年以来、市場シェアを拡大し続けています。優れた3D体験はユーザーに高く評価されていて、ほかのVRヘッドセットと比べると、圧倒的な優位性を持っています。多くの3Dブルーレイブルーレイディスクを持つブルーレイファンにとって、重たいDVDプレーヤーとブルーレイディスクは持ち歩きにくいため、家でしか観賞できないことはとても不便です。それに引き換え、Cmoar VRの方は軽くて、持ち歩きやすいです。Cmoar VRで3Dブルーレイを再生できたら、いつでもどこでも3Dブルーレイ映画を観賞できる至福のことになります。では、果たしてCmoar VRで3Dブルーレイを再生できますか。この記事では、この疑問を解きます。



パート1:Cmoar VRで3Dブルーレイを再生できるかどうか

単刀直入に言うと、Cmoar VRは直接に3Dブルーレイディスクをサポートしませんが、3Dブルーレイを再生する方法があります。
バーチャル・リアリティが流行っているこの時代に、Cmoar VRは必要不可欠なVRヘッドセットです。このヘッドセットは3D効果付きのMKV、AVI、WMV、MOV、MP4形式を対応できます。
つまり、サードパーティ3Dブルーレイリッピングソフトで3Dブルーレイディスク内の3DブルーレイファイルをCmoar VRの対応形式に変換したら、MacもしくはWindows版のCmoar VRで自由に3Dブルーレイを再生できるようになります。



パート2:最高の変換ソフトであるLeawo Blu-ray変換で3Dブルーレイ映画をCmoar VRの対応形式に変換

市場には、3Dブルーレイ映画をCmoar VRの対応形式に変換できるライティングソフトはたくさんあります。ネット上から見知らないソフトをダウンロード&インストールすると、デバイスはウィルスに感染されたり、3Dブルーレイディスクは不適切に読み込まれた原因で損害されたりのリスクがあります。これらの潜在的なリスクを回避するために、最高の変換ソフトであるLeawo Blu-ray変換を利用することをおすすめします。


Leawo Blu-ray変換は最高のオールインワン3Dブルーレイリッピングソフトで、ずっと前から高く評価され、世界中のユーザーに愛用されています。このソフトがあれば、簡単に3Dブルーレイ映画をCmoar VRがサポートできる3Dサイド・バイ・サイド、MP4、MKV、AVI、WMV、MOVフォーマットに変換できます。ブルーレイ映画ファイルからオーディオファイルを抽出し、さまざまなフォーマットに保存可能です。必要であれば、通常の2Dブルーレイ映画に3D効果を追加し、3D映画を作成できます。下記にて、Windows版Leawo Blu-ray変換を例として、Leawo Blu-ray変換で3Dブルーレイ映画をCmoar VRがサポートできるMP4形式に変換する手順を説明します。Mac版Leawo Blu-ray変換の操作手順も同様です。


media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray変換

☉ Blu-ray/DVDを任意形式の動画/音声に変換保存!
☉ 出力字幕と音声トラックを自由選択!
☉ 実用な使いやすい編集機能!
☉ 映画館並みの映像体験を提供!
☉ 高速変換速度およびシンプルなインターフェース!

無料体験 無料体験


ステップ1:Leawo Blu-ray変換をダウンロードする
Leawo Blu-ray変換を公式サイトからダウンロードして、インストールします。(Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaの一つのモジュールです。)
Leawo Prof. Mediaを実行し、「変換」タブをクリックし、変換モジュールに入ります。Leawo Blu-ray変換は6X高速で3D Blu-ray 映画を180+ビデオとオーディオファイルに変換することができます。


ステップ2:3D Blu-ray 映画ソースをインポートする
「BD/DVDを追加」ボタンをクリックして、3D Blu-ray 映画ソースをプログラムにインポートします。3D Blu-ray 映画のファイルをプログラムの真中のエリアにドラッグしてもいいです。


メモ:Leawo Blu-ray変換はメインムービー、フルムービー、カスタムモードという三つのロードモードを提供します。ユーザーは一つのモードを選んで、3D Blu-ray 映画を追加できます。


ステップ3:出力形式を設定する
出力形式を設定するには、ディフォルトでは「MP4 Video」と表示されるドロップダウンボックスを呼び出し、「変更」ボタンをクリックします。「フォーマット別」グループからCmoar VRと互換性のあるビデオ形式(例えば、MP4 Video)を選択すればいいです。


ドロップダウンボックスの「編集」ボタンをクリックすると、ビデオファイルのパラーメータ(ビデオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、オーディオコーデックなど)を設定することができます。


ステップ4:出力先を選択する
緑の「変換」ボタンをクリックして、サイドバーを呼び出します。「出力先」のところで出力する動画ファイルの保存場所を選択します。


最後に、下の「変換」ボタンをクリックして、3D Blu-ray 映画を変換します。3D Blu-ray 映画を変換する前に、3D Blu-ray 映画をカスタマイズしたい場合、追加された3D Blu-ray 映画の「編集」ボタンをクリックすればいいです。動画のサイズをクロップしたり、長さをトリムしたり、効果を調整したりすることができます。


パート3:MakeMKVで3Dブルーレイ映画をCmoar VRの対応形式に変換

MakeMKVも簡単に3Dブルーレイ映画をCmoar VRの対応形式に変換できます。MakeMKVでブルーレイディスクからビデオクリップをMKVファイルにリッピングできます。MakeMKVで3Dブルーレイ映画をCmoar VRがサポートできるMKVフォーマットに変換する手順は下記のようです。


ステップ1: MakeMKVをダウンロードし、コンピューターにインストールします。起動後、画面上に表示された手順でプログラムを設定します。
ステップ2: プログラムを設定後、「ファイル」をクリックし、3Dブルーレイ映画をプログラムにロードします。MakeMKVは自動的に映画ファイルをスキャンし、すべての「タイトル」を表示します。必要に応じて、変換したいタイトルを選択できます。


ステップ3:最後に、右側のフォルダアイコンをクリックし、出力ファイルの保存先を設定します。終わってから、「Make MKV(MKV作成)」をクリックすれば、プログラムは自動的に3Dブルーレイ映画をMKVファイルに変換できます。


パート4:ImElfin Blu ray Ripperで3Dブルーレイ映画をCmoar VRの対応形式に変換

ImElfin Blu ray Ripperも3Dブルーレイ映画をCmoar VRの対応形式(たとえば、MKV、AVI、 MP4など)に変換できます。MKB、AACS、BD+などのコピープロテクト付きのブルーレイディスクもサポートできます。さらに、2Dブルーレイ映画を3Dブルーレイ映画に変換できます。豊富な編集機能も備えています。ImElfin Blu ray Ripperで3DブルーレイをMacもしくはWindows版Cmoar VRの対応形式に変換する手順は以下のようです。


ステップ1:3Dブルーレイ映画をロード。
3Dブルーレイファイルはディスクに格納された場合、ブルーレイディスクをコンピューターのドライブに挿入しておきます。その後、「BD/ DVDを追加」ボタンをクリックし、ソースファイルを導入します。ISOファイルとIFOファイルも変換可能です。


ステップ2:出力フォーマットと保存先を決める
「プロファイル」ボタンをクリックし、ドロップダウンリストからCmoar VRがサポートする形式(たとえば、MP4、MOV、MKV、WMV、AVI、FLV、MP3、WMA、WAV、M4Aなど)を選択します。出力フォーマットを選択性てから、コンピューターをブラウズし、出力ファイルの保存先を決めます。


ステップ3:3DブルーレイをCmoar VRの対応形式に変換
すべての設定が終わってから、「変換」ボタンをクリックし、プログラムは自動的に3Dブルーレイ映画をCmoar VR の対応形式(たとえば、MKVファイル)に変換できます。変換プロセスが終わってから、指定された保存先に出力ファイルを確認できます。こうして、MacもしくはWindows版Cmoar VRで無制限に3Dブルーレイ映画を再生できるようになります。