VLCメディアプレーヤーはVLCハードウェアアクセラレーションという先進的な技術を搭載しています。ハードウェアアクセラレーションという概念が現れたとき、デジタル市場には大きなインパクトを与えました。もっとも著しいメリットとしては、ラップトップのバッテリー寿命が長持ちし、コンピューターの機能が改善された点です。しかし、VLCでハードウェアアクセラレーションを有効にすると、エラーになってしまうこともあります。この記事では、VLCハードウェアアクセラレーション、及びエラーになったときの解決案について、詳しく紹介します。



パート1:ハードウェアアクセラレーションについて

ハードウェアアクセラレーションを解説する前に、メディアファイルをストリーミングするメカニズムの基本情報を説明します。メディアデータはマルチフォーマット(MP4、AVI、MKVとか)、もしくはさまざまな圧縮コーデックシステムに格納されます。メディアコンテンツはコンピューターでのメディアソフトに導入された後、ソフトはソフトウエアデコード処理を行って、圧縮されたビデオを開きます。このデコーディングプロセス中に、プレーヤーはコンピューターの助けが必要です。それがCPU(シーピーユー、英: Central Processing Unit、中央処理装置)の役目です。


しかし、CPUはコーデックの演算に苦手です。それに引き換え、Graphics Processing Unit(グラフィックス プロセッシング ユニット、略してGPU)は、ビデオファイルのエンコードとデコードに特化した演算装置あるいはプロセッサです。GPUは一部のビデオファイルしか加速できませんが、コーデックの演算と言えば、CPUの処理速度より速いです。この機能の最大のメリットは消費電力を最小限に抑え、バッテリー効率を上げられ、バッテリー寿命を延ばせます。そのため、動画をスムーズに再生するために、VLCハードウェアアクセラレーションはCPUではなく、GPUから助けを求めます。バッテリーを高効率よく長く運行してほしい場合、VLCハードウェアアクセラレーションは検討に入れるべき機能です。


VLCハードウェアアクセラレーションは一部のビデオフォーマットしかサポートできません。普通に言えば、264形式の動画を再生する際に、VLCハードウェアアクセラレーション機能は利用可能です。ほかのハードウェアアクセラレーション搭載のソフトと同じように、VLCメディアプレーヤーの初期設定では、ハードウェアアクセラレーションは無効されている常態です。下記にて、それを有効にする手順を説明します。


パート2:VLCメディアプレーヤーでハードウェアアクセラレーションを有効にする方法

ハードウェアアクセラレーションをサポートできるプレーヤーは多くないです。VLCメディアプレーヤーはその中の一つです。そのため、リリースされて以来、素早く大人気のソフトになって来ました。クロスプラットフォームで動作するメディアプレーヤーとして、VLCメディアプレーヤーはビデオと音声トラックを対応できます。ハードウェアアクセラレーションのことでエラーが現れたとき、それを再度無効することも可能です。VLCハードウェアアクセラレーションをオン/オフにする手順は以下のようです。


ステップ1:VLCメディアプレーヤーをダウンロード&インストールします。

注:VLCメディアプレーヤー は、クロスプラットフォームで動作するメディアプレーヤーです。Windows版のほか、Linux版とMac版も提供しています。自分のOSに相応しいバージョンを選択してください。


ステップ2:VLCメディアプレーヤーを開き、「設定」ボタンをクリックします。

メインインタフェースで、上部のメニューバーから「ツール」ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから一番下の「設定」を選択します。


ステップ3:「入力/コーデック」ラベルにアクセスします。

「設定」をクリックすると、「シンプルな設定」パネルにアクセスできます。
そこで「インタフェース」、「オーディオ」、「ビデオ」、「字幕/OSD」、「入力/コーデック」、「ホットキー」という項目があります。VLCハードウェアアクセラレーションを設定するには、「入力/コーデック」アイコンをクリックします。


ステップ4:VLCハードウェアアクセラレーションをオンにします。

「入力とコーデックの設定」タブの下には、「コーデック」、「光学ドライブ」、「ファイル」、「ネットワーク」というセクションがあります。VLCハードウェアアクセラレーションをオンするには、一番上の「コーデック」の下の「ハードウェアアアクセラレーションによるデコード」のサブメニューから、初期設定の「無効」を「自動」に変更します。


ステップ5:VLCハードウェアアクセラレーションを適用します。

「自動」を選択してから、下部の「保存」をクリックし、VLCハードウェアアクセラレーションを適用します。すべての設定が終わってから、VLCメディアプレーヤーを再起動し、動画を再生します。


パート3:VLCハードウェアアクセラレーションの欠点―エラーを起こる可能性がある

ハードウェアアクセラレーションはこれほどのメリットがあるのに、どうして初期設定では無効化されたでしょう。VLCハードウェアアクセラレーションはオペレーティングシステム全体をサポートするハードウェア機能と関わりがありますので、時代遅れの古いコンピューターを使っているなら、バッグが多き古いドライブとの相性によって、エラーが起きる可能性があります。このようなハードウェアアクセラレーションエラーを避けるために、初期設定では、ハードウェアアクセラレーションはオフにされています。


ハードウェアと互換できないケースを避けるために、VLCメディアプレーヤーの初期設定では、ハードウェアアクセラレーションは無効されていますが、ハードウェアアクセラレーションエラーを完全に取り除くというわけではありません。VLCメディアプレーヤーを実行するとき、可能なエラーを注意する必要があります。VLCハードウェアアクセラレーション機能を試した後、またオフにするユーザーの話によりますと、VLCのソフトウエアデコードモードに切り替えると、原因不明なハードウェアアクセラレーションエラーが起きます。しかも、このトラブルは解決しにくいです。こういう場合、VLCメディアプレーヤーを代替できる別のプレーヤーを利用することをおすすめします。


パート4:VLCメディアプレーヤーを代替できるハードウェアアクセラレーション搭載の優れたメディアプレーヤーーLeawo Blu-ray Player

プレーヤーのおすすめランキングにトップ1と選ばれたのはLeawo Blu-ray Playerです。VLCメディアプレーヤーと同じようなハードウェアアクセラレーションを持つ以外、さまざまなビデオとオーディオをデコードする機能も備えています。シンプルなユーザーインタフェースから容易くハードウェアアクセラレーション機能を見つけられます。強力なハードウェアアクセラレーションのほか、このプロのビデオプレーヤーはすべてのH.264ビデオを再生できます。よりよい視覚効果を提供するために、絶えず技術更新を求めています。AVI、MPEG、WMV、MKV、MP4、M4A、RMVB、NSV、 WTVのほか、ロスレス品質で4K映画を再生できます。つまり、このプログラムは最大限にハードウェアアクセラレーション機能の強みを生かせます。



Leawo Blu-ray Playerで動画を再生するとき、ビデオ、オーディオと字幕は調整可能です。ユーザーは思う存分に再生効果をコントロールできます。リージョン制限とコピープロテクト付きのブルーレイもしくはDVDディスクでも対応できますので、あらゆるディスクのコンテンツを再生できます。ガイドは下記のようです。


ステップ1:Leawo Blu-ray Playerをダウンロード&インストールします。

Windows版とMac版両方を用意しております。



Step 2. Leawo Blu-ray Playerを起動する。

ステップ2:メインインタフェースにアクセスし、「ファイルを開く」ボタンをクリックすることで、再生したいファイルを導入します。或いは、ファイルをメインパネルにドラッグしてもいいです。こうして、Leawo Blu-ray Playerでファイルを再生できるようになります。


ステップ3:プレーヤー設定をします。

「プレーヤー設定」パネルを出すには複数の方法があります。メインインタフェースの右下には、歯車の印があって、それをクリックすると、プレーヤー設定の画面にたどり着けます。あるには、ストリーミングエリアで右クリックし、「プレーヤー設定」オプションを選択します。「X」の隣のドロップダウンメニューからでも右クリックのメニューを見つけられます。最も早いのはホットキーのF5をクリックし、直接次ぎのページを表示されることです。


ステップ4:ハードウェアアクセラレーションを有効にする

「プレーヤー設定」パネルが開かれた後、左側から「再生」タイトルを選択すると、「ハードウェアアクセラレーションを使用する」アイコンは右側に現れます。その前のチェックボックスにチェックを入れれば、ハードウェアアクセラレーション機能が有効になります。


パート5:まとめ

VLCハードウェアアクセラレーションはラップトップのバッテリー寿命を延ばせ、再生品質を安定化できますが、VLCでソフトウェアデコードモードに切り替えると、ハードウェアアクセラレーションエラーが起きる可能性があります。このトラブルを避けるため、Leawo Blu-ray Playerを利用することをおすすめします。


Leawo Blu-ray Playerを利用したら、VLCハードウェアアクセラレーションエラーを避けられます。それに、VLCメディアプレーヤーと違って、ハードウェアアクセラレーション機能のほか、Leawo Blu-ray Playerはバーチャルリモコン、スクリーンショットなどの機能も備えています。また、便利な電源管理はバッテリーの寿命を延ばせます。それに、ユーザーは好みによって言語と背景を変更できます。ロスレス品質でBlu-ray/DVDをMKVに変更可能です。