プレーヤー設定

メインインターフェイスの右上にあるドロップメニューアイコンをクリック(ショットカットキー:F5)、または右下にある車輪アイコンをクリックすると、プレーヤー設定パネルを開くことができます。

プレーヤー設定パネルでは、再生、変換、ファイルの関連付け、オーディオ出力、DVD&ブルーレイ、テキスト字幕、言語、スクリーンショット、スキン、電源管理、一般設定など各種設定があります。

1. 再生

Renderメソッド:Renderメソッドとは. 呼び出すテンプレート(ビュー)ファイルを指定するメソッドです。自動認識、ソフトウェア、ピクセルシェーダー、DXVA、4つの選択肢があります。

ハードウェアアクセラレーションを使用する(DXVA2):デフォルトで有効(ON)になっています。これを無効(OFF)にするには、右側の ◎ を青色(OFF)にします。
このタブにチェックが付いたままでも問題なく動作するという場合は、ここにチェックを入れたほうが映像処理が迅速に行われます。GPUが搭載されていないパソコンで、ここにチェックを付けると、不具合が生じます。

ディスプレイのリフレッシュレートを再生するビデオに合わせる:再生するビデオのフレームレートによって最適なディスプレイのリフレッシュレートを使用します。デフォルトで無効(OFF)になっています。また、「常に使用する」「開始/停止する時に使用する」の設定も選択できます。

リフレッシュレート変更中はビデオの再生を一時停止する:「ディスプレイのリフレッシュレートを再生するビデオに合わせる」で「常に使用する」または「開始/停止する時に使用する」を選択する場合、このタブの設定が可能です。ディスプレイのリフレッシュレートを変更するとき、再生するビデオの一時停止時間が設定できます。「オフ」や0秒~20秒までの時間帯が選択できます。

再生を同期して表示します:デフォルトで無効(OFF)になっています。右側の ◎ を白色(ON)にしますと、ビデオの再生速度を変更することによってディスプレイのリフレッシュレートとビデオのフレームレートを強制的に同期して、画像が滑らかに流れていることができます。だが音ズレが発生してしまうことがあります。そこでA/V同期の設定が必要になります。

A/V同期:音声周波数、ビデオ周波数(Drop/Dupeオーディオ)、ビデオ周波数(オーディオをリサンプル)の選択で映像と音声の出力タイミングを調整できます。

黒枠を最小化するために、アスペクト比を調整:黒い枠をできる限り最小化するには、映像のアスペクト比を0~20%の間に設定することができます。最大値の20%に設定する場合、4:3の動画が3.2:3.6や4.8:2.4の比率になります。

4:3のビデオ解像度を変更:4:3比率のビデオの表示設定。「ノーマル」「ズーム」「4:3にストレッチ」「ワイドズーム」「16:9にストレッチ」「元のサイズ」「カスタム」の各種設定があります。お好きな表示画面を設定できます。

Teletextを有効にする:右側の ◎ を白色(ON)にしますと、Teletextを追加することができます。

Teletextを4:3にする:右側の ◎ を白色(ON)にしますと、Teletextを追加する時にTeletextを4:3に表示されます。

2. 変換

ビデオフォーマット:変換モジュール機能を利用してBD/DVDをMKV動画に変換することができます。

ローカルファイル保存先:BD/DVDをMKV動画に変換したそのMKV動画の保存先。このタブをダブルクリックすることで、変換済ファイルの保存されているロケーションを変更することができます。

3. ファイルの関連付け

Leawo Blu-ray Playerと関連付けしたいファイルを設定できます。「すべて選択」で全ての拡張子を一括にを選定できます。関連付けしたい拡張子を選択だけでも可能です。「適用」をクリックすると設定完了です。

4. オーディオ出力

オーディオ出力:出力音声の設定。オーディオ出力デバイスや使用環境に応じてアナログ音声とデジタル音声(光デジタル/同軸ケーブル)が選択できます。

スピーカー調整:スピーカー出力の設定。スピーカーや使用環境に応じて、自動、2.0、2.1、3.0、3.1、4.0、4.1、5.0、5.1、7.0、7.1、各種の出力チャンネルが選択できます。

ダウンミックス時、音量レベルをブースト:ダウンミックスされた音声が出力されているとき、ボリュームをブーストかどうかの設定で、最適な音声出力を調整できます。

ステレオを全てのスピーカーへ出力:

  • オーディオ出力で「光デジタル/同軸ケーブル」を選択すると、ドルビーデジタル(AC3)対応レシーバーを有効/無効に設定することができます。
  • オーディオ出力で「光デジタル/同軸ケーブル」を選択すると、DTS対応レシーバーを有効/無効に設定することができます。
  • オーディオ出力で「光デジタル/同軸ケーブル」を選択すると、AAC対応レシーバーを有効/無効に設定することができます。

オーディオ出力機器:音声を出力する機器の設定。ヘッドセット、スピーカーなどのオーディオ機器を接続したときに、楽しめたいオーディオ出力機器が設定できます。

GUIサウンドで再生:グラフィカルユーザインターフェースでの操作する時にサウンドがあるかどうかの設定。デフォルトでは「再生が停止した時に」になっています。

5. DVD&ブルーレイ

DVD/BDを自動再生:ソフトを実行する時に、DVD/BDディスクを挿入すると自動に再生するかどうかを設定することができます。これを有効(ON)にするには、右側の ◎ を白色(ON)にします。

BDプレーヤーのリージョン設定:ブルーレイ機器のリージョンを強制的に設定する。ブルーレイメディアと再生機器の両方に設定されていて両方が一致しないと再生に失敗にしまうことがあります。一般にはデフォルトの「自動」に設定します。

メニュースキップしてメインムービーを再生:Blu-ray/DVDを再生する時に直接にメインムービーを再生するかどうかの設定。右側の ◎ を白色(ON)にしますと、次の再生からBlu-ray/DVDのメニューをスキップしてメインムービーを再生することになります。

6. テキスト字幕

テキスト字幕用フォント:字幕テキストフォントが選択可能。必要に応じてarial.ttfとteletext.ttfを設定することができます。

サイズ:字幕表示サイズの設定。必要に応じて16-72までの字幕サイズが選択できます。デフォルトでは28のサイズとなっています。

フォントスタイル:字幕表示時にフォントスのタイルの設定。フォントのスタイルをノーマル、太字、斜体、太字 斜体に指定する際に使用します。

色:字幕の色設定。デフォルトでは白色となっています。色を変更するには、右側にある色(デフォルト白)をクリックします。色の設定のウィンドウが開きますので、お好みの色を選択してください。

フォントの種類:字幕用フォントの設定。外部から追加した字幕ファイルにもフォントの設定に適用します。ただ一致に設定されていないと表示できないことがあります。「デフォルト」に設定することをおすすめいたします。

ASS/SSAテキスト字幕フォントを無効にする:右側の ◎ を白色(ON)にしますと、ASS/SSAテキスト字幕フォントを無効にすることができます。

テキスト字幕フォルダー:外部字幕を追加する設定。「テキスト字幕フォルダー」このタブをクリックすると、字幕ファイルをインポートすることができます。

テキスト字幕の位置:字幕の表示位置を調整。固定、再生画面の横下、再生画面外(黒い枠)の横下、再生画面の横上、再生画面外(黒い枠)の横上に調節することができます。

7. 言語

プログラム言語:用意されている15言語の中から、Leawo Blu-ray Playerの表示言語を設定します。

リージョン:プログラム言語によってリージョンを自動に認識できます。リージョンに対する日付、時間が表示されます。

フォントの種類:テキスト字幕項目の「フォントの種類」と同じな設定です。

音声言語:再生時、優先的に使用する音声言語の設定。「デフォルトの言語」はPCシステム言語と一致にします。「プログラムの言語と同じ」やほか様々な言語を選択できます。

字幕言語:再生時、優先的に使用する字幕言語の設定。「デフォルトの言語」はPCシステム言語と一致、また「プログラムの言語と同じ」やほか様々な言語を選択できます。

8. スクリーンショット

スクリーンショット形式:スクリーンショットの保存形式の設定。スクリーンショットした画像の保存形式はJPG、PNG、BMP形式から選択できます。

保存先:スクリーンショットの保存場所の設定。「保存先」このタブをクリックすると、スクリーンショットの保存先を任意に指定できます。

9. スキン

スキンテーマ:4つの内蔵スキンテーマが選択できます。このガイドでは2番目のテーマを使用して各設定/操作を紹介します。

カスタマイズした背景を利用する:メインインターフェイスの表示背景の設定。右側の ◎ を白色(ON)にしますと、「背景データの保存先を開く」が有効になります。タブをクリックすればローカルフォルダからお好きな写真を追加でき、メインインターフェイスの背景に設定できます。

10. 電源管理

電源状態:使っている電源状態を表示します。Leawo Blu-ray Playerは現在AC線の電源状態に対応します。

バッテリー保護を有効にする:ノートパソコンでLeawo Blu-ray Playerを利用する場合、この設定が有効になります。バッテリー保護モードはデフォルトで無効になっています。バッテリー保護モードを有効にするには、右側の ◎ を白色(ON)にします。そして、再生を自動に停止するバッテリー残量やノーティフィケーションを表示するバッテリー残量を設置できます。

11. 一般設定

本プログラムについて:Leawo Blu-ray Playerの使っているバージョン、サポートページ、ホームページなどの基本情報が確認できます。

登録:クリックすると登録&認証センターが出ています。ここで製品登録コードを入力して認証すると、Leawo Blu-ray Player製品版になり、変換モジュール機能が有効になります。登録コードを持っていない場合、「購入」または「製品版」をクリックすると購入ページへ飛びます。

購入:このタブをクリックすると、Leawo Blu-ray Player プレミアム版を購入できるぺーじへ飛び込みます。今なら50%OFFで入手できますのでぜひお見逃しなく!

ヘルプセンター:「ユーザーガイド」「サポート」「不具合を報告」3つの部分があります。

  • 「ユーザーガイド」をクリックすると本ガイドページが出ています。
  • 「サポート」をクリックするとLeawoサポートセンターページが開きます。FAQ、お問い合わせ窓口など各サポートが用意いたします。
  • 「不具合を報告」をクリックすると、バグレポート報告のウィンドウが出ています。Leawo Blu-ray Playerを利用中に何なバグ/不具合/問題がありましたら、ぜひ「不具合を報告」をお手軽にご利用ください。お名前、メールアドレス、発生した不具合の詳細、できれば再生するDVD/BDファイルをこちらに提出してください。弊社のサポートチームは1営業日以内にお客様にご連絡いたします。

アップデートをチェックする:現在の製品プログラムよりも新しいアップデートが提供されていないか確認する機能です。新しいアップデートがある場合は、ダウンロードできます。

※アップデートの有無は、製品の起動時にも自動でチェックします。

キャンペーンについて:Leawo Blu-ray Playerを各言語にローカル化する翻訳者を募集いたします。このタブをクリックすると詳細な紹介が記載されるページを開きます。

次のガイド:Blu-ray/DVDディスクを再生

本サイトに掲載されている商品またはサービスなどの名称は、一般に各社の商標または登録商標です。下記の他社商標・登録商標をはじめ、YouTube、Amazon、Netflix、Hulu、Disney +、HBOなどを含む、これらに限定されていません。Leawo Softwareはこれらの企業が所有または提携しているわけではありません。なお、文章および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。その他、弊社以外の製品・サービスの利用をご希望の際は、各社にお問い合わせください。