動画をDVDに書き込む場合、DVDをリッピングする場合、または、動画関連ソフトウェアを利用する場合、「ビットレート」というワードはよく耳にするだろう。ビットレートとは何?動画の画質、音質との関係は何でしょうか?
この記事は、ビットレートについて、動画の画質、音質との関係を説明します。

 

パート1. ビットレートとは

ビットレートとは、電気通信やコンピューティングにおいて、単位時間あたりに転送または処理されるビット数です。簡単に言えば、1秒間に送受信できるデータ量のことです。ビット速度とも呼べます。変数Rとして表されます。

デジタル・マルチメディアでは、ビットレートは、情報源符号化(データ圧縮)後の音声・映像などの連続したメディアを表すために、再生時間単位あたりに使用されるビット数を指すことがよくある。マルチメディアファイルの符号化ビットレートは、バイト単位のマルチメディアファイルのサイズを記録の再生時間(秒)で割った値に8を掛けたものです。

private

デジタル・マルチメディアにおいて、ビットレートは、単位時間当たりに記録される情報の量を表す。ビットレートはいくつかの要因によって決まる。

  1. 元の素材は、異なる周波数でサンプリングすることができる。
  2. サンプルは異なるビット数を使用することがある。
  3. データは、異なるスキームによって符号化されてもよい。
  4. 情報は、異なるアルゴリズムまたは異なる程度でデジタル圧縮することができる。

 

パート2. ビットレートと画質・音質の関係

    一言で言えば、ビットレートが高ければ高いほど、画質・音質が向上します。

映像と音声のビットレートの合算は、オーバルビットレート(総ビットレート)と呼ばれます。
オーバルビットレート = 映像ビットレート + 音声ビットレート

private

ビットレートが高いほど、画質・音質は良くなりますが、ネット帯域を多く消費し、PCスペックが必要になります。ここでは、ビットレートに関するいくつかのポイントを紹介します。

ご注意:

  • ビットレートが高ければ高いほど、ネット帯域を多く消費し、再生負荷が掛かる
  • 高画質を目指してビットレートを高くしがちですが、ビットレートを上げ過ぎると、CPUに負荷が掛かり過ぎて、うまく再生出来ないこともあるので注意が必要です。特にスマートフォンの電波が悪い時や帯域制限が掛ってしまっている場合に、高いビットレートではスムーズに再生されないことがあります。
    例えば、ビットレートを500Kbpsから1,000Kbpsに上げると、ネット帯域使用量は2倍になり、再生負荷も2倍かそれ以上となります。

  • ビットレートを高くしても一定以上は画質・音質は上がらない
  • 実は、ビットレートは上げれば良いというものでもありません。動画のビットレートには上限があります。
    ビットレートは、元動画の画質・音質を維持するためのものです。どんなに高ビットレートであっても、元々の動画素材の画質が悪ければ、画質はそれ以上に良くなることはないのです。
    例えば、カメラで撮影した元々の動画素材の画質が100であるとした場合に、動画編集ソフトやエンコードソフトによって高いビットレートに変換したとしても、元動画の画質100以上の高画質の動画を作成することは出来ません。

 

パート3. Leawo HD動画プロで動画のビットレートを調整する方法

Leawo HD動画変換プロはLeawoソフトウェア会社が開発した動画変換ツールです。このソフトを利用して、動画のフォーマットが簡単に変換できます。このソフトは180種類以上のビデオ・オーディオ フォーマットに対応しています。出力ファイルのフォーマットを設定した後、プロファイルのパラメータが設定できます。例えば、ビットレート、コーデック、フレームレートやアスペクト比など。
また、ビデオ、オーディオを出力する前に、編集がてきます。例えば、透かし追加、時間カット、ノイズ除去など。

Leawo HD動画変換プロで動画のビットレートを調整する方法

手順 1: Leawo Prof.Mediaをダウンロードしてインストールします。Leawo HD動画変換プロは一つのモジュールとして該当ソフトに内蔵されています。

Import-Source-file-Leawo-DVD-Ripper-3

手順 2: 「ビデオを追加」ボタンをクリックして、動画ファイルを追加します。動画を追加した後、ドロップダウンメニューで「変更」をクリックして、出力動画フォーマットが設定できます。

手順 3: 「変更」をクリックして、出力動画のフォーマットが選択できます。

Output-Settings-Leawo-DVD-Ripper-4

手順 4:「編集」ボタンをクリックすると、動画のオーディオコーデック、サンプルレート、ビットレートなどの出力ファイルパラメータが設定できます。

手順 5:必要があれば、動画の編集を行うことも可能です。編集画面で動画に透かし追加、時間カット、ノイズ除去や動画3D化などのことができます。

手順 6:最後は、緑色の「変換」ボタンをクリックし、MP3 の出力を開始します。変換を開始する前に、出力先を設定する必要があります。


以上はビットレートの紹介やLeawo HD動画変換で動画のビットレートを変更する方法です。ご興味がございましたら、ぜひお試しください。