同じ動画でも、フォーマットが違うと、視聴体験も違ってきます。目の疲れや、映像酔いを起こしやすい映像でも、ほかのフォーマットに変換すると、目に優しくなり、最適の視聴体験をお届けできます。動画の視聴効果は動画の撮影技術に関連しています。VR動画と360度動画は動画作成の二つの形式で、映画制作の違う分野に適用されます。360度動画を視聴するとき、360度動画の魅力を最大限に引き出すために、優れた360度動画プレーヤーが必要です。この記事では、よく見かける端末で使用できる最高の360度動画対応のVR 動画プレーヤーを紹介します。

【2021年版】最高の360度動画対応のVR 動画プレーヤー

VR動画と360度動画を再生するプレーヤーと言えば、YouTube、Vimeo、Facebook、Samsung VR、Steam VR、Oculus、HTC、VeeR VR、WITHIN、 Littlstar、Jauntなどの普段からよく使われる動画プレーヤーが挙げられます。下記にていくつかの別のVR/360動画プレーヤーを紹介します。


Video360

iOSシステム専用の360動画プレーヤーです。ローカル動画を再生できますし、動画URLを入力すれば、オンラインビデオもストリーミングできます。一部のiOSバージョンでしか最高の視聴効果を得られません。iOS 11やiPhone Xとの互換性が悪いです。

Homido VR Player

アンドロイドシステムとiOSシステム両方と互換でき、オンライン360度動画もローカル360度動画も再生できます。Homidoヘッドセットと併用するようにデザインされ、YouTube、Vimeo、およびHomidoの自社サイトの360度コンテンツを無料にストリーミングできます。

Go VR Player

Go VR PlayerもiOSシステムでローカルストレージに保存されている360度映画とオンライン360度映画を再生できるアプリケーションです。検索機能は頼れないですが、360度映画をしっかりと再生できます。VRプラットフォームのカタログは実在のVRコンテンツに繋がりません。

上述のように、YouTube、Vimeo、Facebookなどの人気動画サイトから360度映画をダウンロードできます。360度動画の解像度は低くとも4kなので、ダウンロードするときに、4kエラーが起こりやすいです。4kエラーを避けるために、Leawo YouTube ダウンロードで動画をダウンロードすることをおすすめします。

  • Leawo YouTubeダウンロード
  • Leawo YouTubeダウンロード

    – YouTube、GYAO動画など100個以上の動画共有サイトからビデオや音楽をダウンロードできます。
    – 720P,1080P,4K動画に対応しています。
    – MP3、MP4、Webmなど様々なフォーマットを提供します。
    – ダウンロードしたビデオファイルを簡単に再生、変換、管理できます。 Download Windows VersionDownload Mac Version

フル機能の動画ダウンロードアプリケーションとして、Leawo YouTube ダウンロードは千以上の動画サイトからMP4、M4V、AVI、AIFFなどのフォーマットの4k動画と1080p動画をダウンロードできます。6倍速で複数の動画を一括にダウンロードできます。強力なブラウザを内蔵したため、千以上の動画サイトから映画、音楽動画、テレビ番組、生放送をダウンロードできます。ユーザーインタフェースはフレンドリーで、機能も豊富で、ユーザーに最高の使用体験を提供できます。


360度動画とは

360度動画とは、その名の通りに全天球カメラなどのカメラで上下左右全方位の360度の角度から景色や物を撮影した動画です。視聴者は球面もしくは球面の一部に配置されるディスプレイまたはプロジェクタで360度動画を再生でき、パノラマのように視聴の方向をコントロールできます。

数学においては、円の一周・一回転が360度で表されます。360度で動画を撮影すると、死角がなく、上下左右全周囲の視野を記録でき、視聴者は360度の様々な角度から景色や物を楽しめられます。例えば、表面から撮影された建物の左右、裏面も見られ、自分(視聴者)が動画内の「中心」となって周りを見渡す構造になっています。

360度動画の種類

360度動画は主に平面視 360 度動画と立体視360 度動画という二つの種類に分けられます。それぞれの詳細は下記のようです。


平面視360度動画

名前の通りに、平面視とは単一視覚の意味です。VRヘッドセットには両目に映されていますが、実際に平面視 360 度動画は一つの視点から見た視野で撮影され、縦1横2の比率で長方形の映像に展開したエクイレクタングラー(正距円筒図法)の動画です。3840×1920、4096×2048、5760×2880、7680×3840などの解像度があります。お馴染みの例として、「地球儀平面図」が挙げられます。世界地図の球体を平面化してパノラマ映像を実現できます。

平面視360度動画は単一視覚しか持っていないので、4k解像度のビデオはぼやけに見えます。つまり、3840×1920解像度の360度動画を再生すると、半分の解像度の1280×720しか表示されません。


立体視360 度動画

右目用左目用の映像を、立体視可能な機器を通すことで立体的に見える3Dフォーマット形式です。視聴者の両目に映る二つの角度の映像がやや違いますので、被写界深度が形成されます。二つの視野から同時に録画する必要があるため、録画コストも時間もかかります。

二つの角度のコンテンツは同じ動画コンテナに収納されているため、動画解像度は折半され、動画はぼやけやすいです。解像度を倍にして補うことしかできません。高い解像度はほとんどのストリーミングプラットフォームとハードウェアにとって挑戦的です。ハイエンドハードウェアは3840×3840、5120×5120、ひいては7680×7680の動画解像度をサポートできますが、低性能ハードウェアは3840×2160解像度しかサポートできません。そのため、低性能ハードウェアで360 度動画を再生すると、数えきれない細目が失われます。最高の動画観賞体験をもらうために、4k動画をサポートできる動画ダウンロードソフトでダウンロードし、ハイエンドハードウェアで再生することをおすすめします。


360度動画とVR動画の違

上記で、360動画の主な二つの種類を紹介しました。下記にて、360度動画とVR動画の違いを解説します。両者は撮影術、タイムライン 、視聴方法とコンテンツの面で違います。

撮影術

360度動画とVR動画の主な違いは撮影術にあります。VR動画は仮想環境でデジタル的に作成される映像で、すべての景色、人物、要素はDigital Studio (デジタルスタジオ)などのようなソフトによって作成され、視聴者に仮想現実を提供します。360度映画は現実の風景を加工せずにそのまま記録するので、専門スキルがない一般人でも気軽に現実の風景を撮影できます。

タイムライン

VR動画のタイムラインは無限に伸ばられ、ユーザーに長時間楽しませるので、ビデオゲーム業界に採用されたことが多いです。ユーザーはVR動画のタイムラインの始まりと終わりを決めます。その一方、360度映画のタイムラインのプログレスは製作者より決められます。

視聴方法

VR動画を視聴するには、VRヘッドセットなどの専用視聴ツールが必要で、コストが高いです。360度映画を視聴するには、テクニカルツールが必要としなく、YouTubeなどの360度映画をサポートできるフリー動画いサイトで見られます。

コンテンツ

360度映画が撮影したのは実在の景色などで、製作者は視聴者の視野をコントロールできます。それに引き換え、VR動画のコンテンツは仮想環境なので、製作者はコンテンツ作成に工夫しなければなりません。没入型体験を提供できるように、製作者は丹念に動画コンテンツを制作する必要があります。

360度映画を視聴する方法

360度映画はラップトップパソコン、ウェブブラウザ、モバイルフォン、VRヘッドセットを含む、様々なデバイスと互換できます。各デバイスでの再生方法は違います。

  • 1.デスクトップパソコンで360度映画を見るとき、地図を展開するように、動画をパンして見ます。
  • 2.モバイルフォンで360度映画を見るとき、指で動画を上下左右に動かして見ます。
  • 3.VRヘッドセットで360度映画を見るとき、視聴者は動画に没入され、頭を振り向ければ周りを見られ、現実の風景にいるような感じがします。