Twitterスペース(Spaces)をご存知ですか?

Twitterスペースとは、米Twitterは5月3日(現地時間)に、iOSやAndroidのTwitterアプリに対して正式リリースされた新機能です。Twitterアカウントを持っていれば、Twiiter上でスペースという音声ライブ配信機能を利用してリアルタイムで会話できます。仲間内で気軽にウェブチャットを楽しむことができるので、最近日本でも人気が高いです。

本記事は初心者のために、Twitterスペース機能の使い方を徹底解説します。また、簡単にTwitterスペース音声配信を録音する方法も紹介します。

ご注意:

スペース機能が利用できない方はiOSやAndroidのTwitterアプリを最新版にアップデートしてください。

Twitterスペースの使い方

スペースのユーザー区分

スペースの作成者はホストと呼ばれます。ホストが新たに1名の共同ホストを追加できます。

ホストとスピーカーを含め、最大12人がスペース内で同時に会話することができます。

スペースは一般公開されていて、誰でもリスナーとして参加することができます。ただし、リスナーは話すことができません。リスナーの数に制限はありません。

スペースを作成した後に、スペースへのリンクをDMで送ったり、ツイートしたり、SNSで共有したりすることにより、リスナーをスペースに直接招待できます。

ユーザー 権限
ホスト スペースの作成、スピーカーへの招待、スペース内のアカウントの管理、スペースの終了など
共同ホスト ホストと同様の権限を持つ
スピーカー スペース内で発言ができる、絵文字を送る
リスナー スペース内で発言が聞ける

スペースのホストになる方法

現時点(2022年1月)、Twitterのスペース機能のホスト権限が全ユーザーに開放されています。

ホストになるには、以下の条件を満たしていることが求められます。

ホストになる条件

  • フォロワー数が600人以上
  • 公開アカウントであること

実は、フォロワー数が600人未満のアカウントでも、下記の申請フォームを入力してホスト権限の申請をすることができます。申請フォームは英語で入力する必要があります。

ホストとしてスペースを開始する方法

ホストとしてスペースを開始する方法

  • タイムライン画面の右下にあるツイート作成のアイコンを長押しして、一番左にあるスペースのアイコンをタップします。
  • スペースに名前を付けて、「スペースを開始」をタップすると新しいスペースが作成できます。また、「スケジュールする」をタップすると、スペースを公開する日付と時間を設定できます。
  • spaces-host-1
  • スペースで人型アイコンをタップすると、ゲスト管理画面が表示されます。ここで、共同ホストやスピーカーを招待することができます。または、スペース内でリスナーのプロフィール写真をタップして、スピーカー要請をリスナーに送ることができます。
  • spaces-host-2

スピーカー/リスナーとしてスペースに参加する方法

スピーカー/リスナーとしてスペースに参加する方法

  • タイムラインの一番上にあるプロフィール写真(スペースに参加中のアカウントは紫色のバブルが表示)か、またはツイートやDMに記載されたリンク先をタップします。
  • 「このスペースに参加」をタップすると、自動的にリスナーになります。
  • spaces-speaker-listener-1
  • リスナーは発言することはできません。スピーカーになりたい場合は、「リクエスト」のマイクアイコンをタップしてホストに発言権をリクエストすることができます。
  • スピーカー/リスナーは絵文字を使ってリアクションすることができます。
  • spaces-speaker-listener-2

PCのブラウザ版でもTwitterスペースが利用可能

また、PCのブラウザ版(twitter.com)でもTwitterスペース機能が利用できます。

現時点ではリスナーとしてのみ参加できます。自分でスペースをホストすることはできません。

pcでの聞き方

Twitterスペース音声配信を録音する方法

Twitterスペース標準搭載の録画機能を使う(ホスト向け)

Twitterは2021年10月28日(現地時間)に、スペースに録音機能を追加したと発表しました。

一部のユーザーしか利用可能!

    ただし、現時点では(2022年1月)では、Twitterスペースの録音機能はiOS版かつ、初期のベータ版を利用していたユーザーがホストとして配信をした場合のみ利用が可能です。つまり、まだ一部のユーザーにしか録音機能は導入されていなく、全ユーザーへ実装されているわけではありません。

アーカイブを残すには、ホストとしてスペース開始する時に、作成画面に「スペースを録音する」にチェックを入れるだけでいいです。

space-録画機能-1

録音されたアーカイブを聴くには、スペースが終了後にツイートから「録音を再生」ボタンをクリックします。

space-録画機能-2

再生画面に、CC字幕の表示、再生速度の設定ができます。

space-録画機能-3

また、アーカイブはスペースの終了後30日以内に聴けます。30日を過ぎる場合は、「録音を再生する」ボタンが「このスペースは終了しました」になり、再生できなくなります。そのため、早めに保存した方がいいです。

Google拡張機能のストリームレコーダーを使えば、簡単に録画されたアーカイブを保存できます。

PCからTwitterスペースを録音する方法

ここで、Leawo Music Recorderという録音ソフトを紹介します。

Leawo Music Recorderはパソコンに流れる音声・音楽を高音質のままで録音できます。内蔵スピーカー・YouTube、Spotify、Apple Musicなどの音楽配信サービス・らじるらじる、radikoなどのラジオ局をMP3またはWAVとしてMP3またはWAVとして保存することができます。

次に、Leawo Music Recordeを利用してTwitterスペース音声配信を録音して保存する方法を説明します。

music-recorder

Leawo Music Recorder

☉ YouTubeなど、オンラインサイトから録音可能

☉ マイクなどの外部音源から録音可能

☉ アーティスト、アルバムなどのタグ編集可能

☉ 録音時間を設定、予約録音可能

無料体験 無料体験

Leawo Music Recordeの使い方:

  • Leawo Music Recorderを起動して、「音源を選択」ボタンをクリックします。
  • Leawo Music Recordeの使い方-1
  • 「音源選択」を「スピーカーの音声を録音」に設定して、「次へ」をクリックします。
  • Leawo Music Recordeの使い方-2
  • ソフトの左上の丸い「録音開始」ボタンをクリックすると、録音が開始します。
  • Leawo Music Recordeの使い方-3 Leawo Music Recordeの使い方-4

スマホ(iPhone/Android)からTwitterスペースを録音する方法

スマホからTwitterスペースを録音するには、スマホに標準搭載された画面収録機能を使うのが一番簡単な方法です。

iPhoneでTwitterスペースを録音する方法:

  • iOS 14 以降では、「設定」アプリで「コントロールセンター」を選択し、「コントロールを追加」をタップして、画面収録機能を追加します。
  • コントロールセンターを開き、赤い録画ボタンをタップすると、画面録画が開始します。もう一度録画ボタンをタップすると、録画が終了します。
  • iPhone-画面録画

AndroidのスマホでTwitterスペースを録音する方法:

  • Androidのスマホの画面を上から下にスワイプすると、通知画面が表示されます。クイック設定で鉛筆のアイコンをタップします。
  • クイック設定で「スクリーンレコード」をタップして、録画設定画面が表示されます。
  • 設定完了後に、「開始」ボタンをタップすると、画面録画が開始します。
  • 通知画面で「タップして停止」をタップすると、録画が終了します。
  • Android-画面録画