Windows10の無償アップグレートは2015年7月29日から始まった。
この最新のOSはWindows7のスタートメニューを復活したとともに、色々な新機能を追加した。Windows8/8.1より使いやすいと思われている。
しかし、Windows10からWindows Media Playerを削除されて、Blu-ray再生はともより、DVD再生もできなくなった。
自分で別途に最適なWindows10 Blu-ray再生ソフトを選ぶ必要がある。
では、本文はWindows10用Blu-ray再生ソフトをまとめた。ぜひ見逃さないでください~

 

Leawo メディアプレーヤー

Windows10 Blu-ray再生ソフトおすすめ度:★★★★★

Leawo メディアプレーヤーは完全無料ブルーレイプレーヤーソフトとして、最新のビデオ/オーディオコーデック技術を持って、ほとんどすべての暗号技術をサポートする。
最新Blu-rayディスクであっても品質を損なうことなく再生できる、品質ロスレスのブルーレイプレイヤー。片面1層(BD-25)/ 片面2層(BD-50)のBlu-rayディスクの再生にも対応。
それに加えて、外部字幕の追加、音声デコード(Dolby / DTS / AAC / TrueHD / DTS-HD など)の調整、スキンの変更などの機能も備えて、プラグインやポップアップ広告、ワーターマック等一切組み込まなく、100%安全に利用可能でき、PCで最高の視聴体験を提供することが保証される。

5

 

PowerDVD 13 Pro

Windows10 Blu-ray再生ソフトおすすめ度:★★★★

BDやDVD再生だけでなく、メディアプレイヤーとしても使える。
MP3 / WMA / AAC、動画WAV / AVI / MP4 / FLVなど様々な動画ファイル、音楽ファイル、画像ファイル(RAWフォーマットなど)に対応しておりマルチメディアプレイヤーとしての機能が強化されている。
デメリット:
・2世代ごとに有償アップデートが必要。
・有料ソフトなので、自由に使えない。
・要求スペックがやや高い。
・操作といえば、初心者にとって操作はやや煩雑かもしれない。

Power DVD 13

 

WinDVD Pro 11

Windows10 Blu-ray再生ソフトおすすめ度:★★★★

「WinDVD Pro 11」はBlu-ray Discの再生にも対応したDVD再生ソフトです。「WinDVD 11」との主な違いはBlu-ray Discと3D再生への対応の有無。
普通にPCでBlu-rayとDVDを再生する分には、Pro版がおすすめ。
映像を綺麗に補正するアップスケーリングテクノロジー、手ぶれ補正などの画質補正機能がある。
デメリット:
・有料ソフトなので、自由に使えない。
・WinDVDを立ち上げた時にDVDなどが入っていると自動的に再生を始める。
・XPやVistaでは3D再生機能は使えない。

windvd

 

Media Player Classic – Home Cinema

Windows10 Blu-ray再生ソフトおすすめ度:★★★★

Media Player Classic は、Blu-rayも軽く動作するマルチメディアプレイヤー。ほとんどの動画フォーマットに対応しており、音楽、動画、DVD、Blu-ray の再生可能。
シンプルで作動が軽く、様々なコーデックに対応した優れた動画再生ソフトという。DXVAによるハードウェア動画再生支援にも対応している。
デメリット:
.m2tsファイルを再生出来るが、メニューは再生不可能

mpchc

 

以上はWindows10 Blu-ray再生可能なおすすめソフトの四つ。
個人的に一番おすすめするとしたら、やはりLeawo メディアプレーヤーである。無料、性能も需要に応じているから。
ユーザーは自分のニーズに応じて、最適なBlu-ray再生ソフトをインストールして、Blu-rayを快適に楽しもう!