「ISOイメージファイルを私のUSBメモリに取り入れたいですが、どうすればいいのか分かりません。ISOイメージファイルをコピーしてUSBに貼り付けることでできますか?それとも、専用のISO USB書き込みソフトを使用する必要があるのですか?」

同じ質問を抱えている人が多いかもしれません。一部の人はISOを起動可能なUSBフラッシュドライブに焼きたいと思うかもしれないが、容量を節約するためにISOをUSBにコピーしたいと思う人もいます。したがって、ニーズによってソリューションも違っています。この記事では、ブート可能なUSBフラッシュドライブにISOを作成する方法ではなく、ISOファイルをUSBドライブに書き込む方法、またはデータを保存するだけのためにISOをUSBフラッシュドライブにコピーする方法を紹介します。ですから、この文章を読み続けることを決める前に、あなたの目的を明確する必要があります。

USB ドライブご紹介

USBは、ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)という規格の略称です。コンピュータに周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つです。USBの策定以前にはプリンタ、モデム・TA、マウス・キーボードなど多数のポートが使用されていました。またパソコンの電源が入ってから切るまで、接続したままにしておかなければならないという制約がありました。それらの多数の規格を統一して1つのポートで運用できるようにしたのが、USBという規格です。また、パソコン本体の電源を入れている最中でもケーブルを抜き挿しできること(ホットプラグ)、機器の動作に必要な電源をパソコンから得られること、さらにUSBハブを介して多数の機器を接続できることなどの利点があります。初心者の方にも使いやすいデバイスとして、ほとんどのパソコンに搭載されています。

外付けHDD(ハードディスク)(英: USB hard drive)は、TVやレコーダーの録画番組を保存するため、またはPCのデータを保存するための製品です。同じくデータを保存するための製品としてUSBメモリーやポータブルHDDやDVD・ブルーレイなどがありますが、外付けHDDは一般的に大容量のデータを保存することに適しています。

USBフラッシュドライブ(英: USB flash drive)は、USBメモリとは、外付け記録媒体のひとつで、パソコンのUSBポート(接続口)に直接に接続してデータを読み書きするフラッシュメモリのことである。日本国内においてはUSBメモリ、またはさらに略して単にUSBとも呼ばれる。

USBドライブの種類

USBハードドライブは比較的重く、手のひらサイズ程度です。USBハードドライブは通常、データを読み取る磁気ヘッドと複数の回転プラッタによって構成されます。一方、USBフラッシュドライブは、親指のサイズほど非常に小さくて、サムドライブとも呼ばれています。サムドライブはソリッドステートストレージドライブです。つまり、動く部品がないため、故障する可能性は低くなります。フラッシュドライブは非常に小さいので、あまり電力を消費しないので、ノートパソコンのバッテリーの寿命を延ばすことができます。

ISOファイルをUSBドライブに書き込む

したがって、USBフラッシュドライブまたは他のUSBストレージデバイスに取り入れたいISOファイルを持っていて、そのISOファイルをUSBに書き込むか、ISOファイルをUSBドライブにコピーするにはどうすればいいですか?実は、ISOをUSBドライブに焼くことはまったく難しくありません。ただし、あなたの目的を明確にしなければなりません。ISOをUSBハードドライブに書き込みたいのですか?それとも、ISOをUSBフラッシュドライブにコピーしたいですか?ISOファイルをUSBドライブに書き込むのは、ISOファイルをDVDディスクに書き込むのと似ていますが、ISOをUSBフラッシュドライブにコピーするのは少し違いがあります。以下のソリューションは、ISOファイルをUSBドライブに書き込む方法の詳細です。

ソリューション1:ISOファイルをUSBドライブにコピーする

ISOをUSBドライブに直接コピーすることで、USBドライブにISOイメージファイルを保存するか、ISOイメージファイルをあるコンピュータから別のコンピュータに転送することができます。

1. USBフラッシュドライブをUSBポートに差し込みます。コンピュータが自動的にそれを検出します。USBドライブがインストールされていない場合は、インストールが先にインストールされます。お使いのUSBフラッシュドライブはISOイメージファイルを格納するのに十分なスペースがあることを確認してください。
2. ISOイメージファイルを位置して右クリックし、「送信先」オプションを選択して取外し可能ディスクに送信します。または、ソースISOイメージファイルを直接コピーし、USBフラッシュドライブに貼り付けます。

ソリューション2:ISOをUSBハードドライブに書き込む

前述のコピーペーでISOをUSBドライブにコピーするソリューション以外に、サードパーティ製のISO書き込みプログラムを使用して外付けのDVD/Blu-rayレコーダーのUSBハードドライブにISOを書き込むこともできます。ISO書き込みソフトウェアは、ソースISOイメージファイルのすべての内容をCD、DVD、またはBlu-rayディスクに書き込むことができます。ISO書き込みソフトで焼いたCD/DVD/Blu-rayディスクはCD/DVD/Blu-rayプレーヤーで自由に再生することができます。ISOをUSBハードドライブに書き込む方法については、以下のガイドを参照してください。

dvd-copy

Leawo DVD コピー

☉ DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをPCや空のディスクにバックアップ

☉ 数クリックでISOからDVDコピーに対応

☉ ディスクの丸ごと複製、動画専用DVD複製などに対応

☉ 字幕とオーディオトラックが自由に選択可能

☉ DVD-9とDVD-5ディスクを高品質で圧縮

無料体験 無料体験

DVDを変換する前に確認すべきことはことら

  1. パソコンにネットが接続している
  2. USBケーブルとUSBドライブを用意した
  3. ISOイメージファイル/DVD
1. USBケーブルを使用してUSBハードドライブをコンピュータに接続します。すると、コンピュータがそれを自動的に検出します。
2.ドロップダウン矢印をクリックし、「ISOファイルを追加」オプションを選択してソースISOファイルを追加します。
3.「ISOファイルを追加」パネルでの「コピー先」オプションで、USBハードドライブを出力先として設定します。
4.「書き込み」ボタンをクリックすれば、ISOイメージファイルをUSBハードドライブに書き込んでコピーする作業が開始します。

ガイド動画