iPhoneには、iPhoneユーザーがノートを取ることができる「メモ」アプリが内蔵され、多くの人がそのアプリでメモを取る習慣があります。内蔵の「メモ」アプリを使用すれば、サードパーティのアプリをダウンロードしなくても簡単にメモを取ることができます。重要な情報やイベントを記録するためにメモを取るのが一般的です。万が一に、そのメモが間違って削除されたら、大した損になってしまうかもしれません。そういうことで、この記事で、iPhoneで消えたメモを復旧する方法をいくつか紹介します。

「Leawo iPhoneデータ復元」でiPhoneから消えたメモを復旧する方法

iOS 9またはそれ以降のiPhoneを使用していて、「メモ」アプリをアップグレードした場合は、「メモ」アプリの「最近削除した項目」フォルダで削除されたメモを見つけることができます。削除されたメモが永久に削除される前に、「最近削除した項目」フォルダに30日間保存されることができます。ですから、30日間以内に削除されたメモを「最近削除した項目」フォルダから直接に復元することができます。しかし、iOS 8やそれ以前の場合は、「メモ」アプリに「最近削除した項目」フォルダがないため、メモを復元するにはサードパーティのデータ復元ソフトが必要なのです。

ここでは、Leawo iPhone データ復元というソフトを勧めします。「Leawo iPhone データ復元」 は、iPhone、iPad、iPodデバイス用の包括的なデータ復元ソフトです。間違った削除操作や他の原因で起こしたデータの損失を取り戻すために、iPhone、iPad、iPodのあらゆるモデルから削除または失われたデータを復元できるiPhoneデータ復旧ソフト、iPadデータ復元ソフトやiPodデータ復元ソフトとして機能することができます。14種類までのデータを簡単に復元できます。「Leawo iPhoneデータ復元」は、iPhone/iPad/iPod Touchデータ復元ツールだけでなく、iPhone/iPad/iPod Touchデータバックアップソフトでもあります。

Download Windows Version
Download Mac Version




1. 「Leawo iPhone データ復元」ソフトをインストールして開くと、三つのリカバリモードが表示されます。iOSデバイスからの復元を選択して、iPhoneをコンピュータにUSBで接続します。プログラムは自動にiPhoneを認識して分析します。

快照1

快照2

2. 「Leawo iPhone データ復元」がiPhoneを分析した後、左側のサイドバーに12のカテゴリが表示され、スキャンが終了したときにユーザーが選択できます。サイドバーの[メッセージ]を選択して、左下にある[削除されたアイテムのみを表示]をオンにすると、削除されたメッセージが右側に表示されます。したいメッセージをチェックし、右下の「復元」ボタンをクリックして、完成します!。

快照4img (3)

iTunesのバックアップからiPhoneの消えたメモを復元する方法

iPhoneのメモを取り戻すもう1つの方法は、バックアップからメモを復元することです。つまり、前のバックアップがなければメモを復元することができないのです。iPhoneでiCloudにサインインしてiCloudで「メモ」がオンになるとしたら、iPhoneでメモを削除するときにiCloudでメモのバックアップも削除されるはずなので、iCloudバックアップからメモを復元できない可能性もあります。したがって、iTunesのバックアップからiPhoneを復元することで、消えたメモを復旧する方法を紹介したいと思います。一番目の方法としてお勧めしなかった理由は、iTunesのバックアップからiPhoneを復元することは多くの時間がかかり、iPhoneのデータもiTunesバックアップのデータに置き換えられるからです。iPhoneのデータがiTunesバックアップに置き換えられたら、デバイスに保存された最近のデータが紛失されてしまうかもしれません。ですから、復元を開始する前に、iPhoneのデータを事前にバックアップしておいたほうがいいです。

#1. iTunesを使ってiTunesバックアップからiPhoneを復旧してメモを取り戻す方法

1. iTunesを開き、USBケーブルでiPhoneをiTunesに接続します。

2. iTunesでiPhoneアイコンをクリックして概要ページに入り、「バックアップ」セクションで「バックアップを復元」をクリックします。

2. iTunesでiPhoneアイコンをクリックして概要ページに入り、「バックアップ」セクションで「バックアップを復元」をクリックします。

以上は、iTunesからバックアップを復元してiPhoneで消えたメモを復元する手順です。実際には、iTunesのバックアップからiPhoneのメモを復元する別の方法があります。 「Leawo iPhoneデータ復元」を使用すると、iTunesバックアップなどからiPhoneを復元しなくて、iTunesバックアップから直接にメモのバックアップを抽出することができます。

#2. 「Leawo iPhoneデータ復元」を使ってiTunesバックアップからiPhoneを復旧してメモを取り戻す方法

Choose Recover from iTunes Backup

「iTunesバックアップから復元」を選択

Leawo iPhoneデータ復元を実行し、「iTunesバックアップから復元」を選択します。

Select iPhone Backup

iPhoneバックアップを選択

iPhoneバックアップを選択し、右下の「スキャン」をクリックします。

Select Photos

写真を選択

プログラムは自動的にiPhoneバックアップをスキャンし、スキャンが終了すると、カメラロールをチェックしてください。復元したい写真を選択し、「復元」をクリックします。

Choose Target

保存先を選択

ポップアップダイアログで「開く」をクリックして、ターゲットフォルダを選択します。次に、「開始」ボタンをクリックしてiPhoneバックアップから写真を抽出します。

復元が完了すると、写真がご指定の保存先フォルダに表示されます。