トイレに落としてしまったとか、風呂に入る時水に落ちてしまったとか、豪雨によって水没してしまったとか、iPhoneを水没させてしまったことはよくあります。
各原因でiPhoneを水に落としてしまったら、すぐにiPhoneを乾かすことが一番大事です。

水からiPhoneを救い上げたら、ティッシュや綿棒などで本体外装とイヤホンジャックなどの水分を拭き取ります。乾燥剤が用意してあるなら、ジップロックなどのビニール袋に一緒に入れます。乾燥剤が用意できない場合は、米に入れることやドライヤーで乾かすことでiPhoneを乾燥させます。

しかし、乾燥をさせたけど復活しなかった場合は、修理に出すか新品交換になるかを必要になります。どの方法でもデータは全て消去してしまったことになります。
こういう時、「Leawo iPhoneデータ復元」が必要です。このソフトを使って、バックアップから水没したiPhoneのデータを復元できます。

 

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

 

水没したiPhoneのデータを復元する方法

 

1. iTunesバックアップより水没したiPhoneのデータを復元

ステップ1:バックアップファイルを選択

■復元ソフトを起動後、パソコンとiPhoneをケーブルで接続してください。

「iTunesバックアップ より復旧」をクリックします。

快照1

■自動的にiTunesバックアップファイルを検出します。

itunes1

ステップ2:スキャン開始

■接続した画面で「スキャン」をクリックすれば、バックアップファイルを抽出します。

itunes4

■検索結果が、左のメニューに表示され、検索結果をクリックすると、右にプレビューが表示されます。

itunes5

ステップ3:データを復元

■復元したいデータにチェックを入れ、[復元]クリックするだけです。
アプリや音楽のデータはもちろん、電話帳やSafariのブックマークなどあらゆるデータを復元することができます。

itunes3

 

2. iCloudバックアップから水没したiPhoneのデータを復元

ステップ1:iCloudにログイン

直接Leawo iPhoneデータ復元の「iCloudバックアップ より復旧」モードに入ってから、iCloudのアカウントとパスワードを入力します。

快照1

ステップ2:iCloudバックアップファイルを選択、ダウンロード

iCloudにログインしたら、初期化した前にバックアップしたファイルは自動的に検出されます。復元したいファイルを選択して、「ダウンロード」ボタンを押します。

iCloud3

ステップ3:データを復元

バックアップのデータをプレビューして確認してから、復元したいデータをマークします。それから、「復元」ボタンを押して、データはPCに復旧します。

iCloud5

このiPhone・iPad・iPodデータ復元ソフト「Leawo iPhoneデータ復元」はiTunes、iCloudよりも簡単で速くiPhoneのデータを復元することができます。

Download Windows Version
Download Mac Version

 
 

 
ご注意:定期的にiTunesやiCloudでバックアップを取った方が良いです。水没やバグなどでデータを紛失した時、まだデータを復元させることができますから。