デジタル時代では、人々はいつもインターネットを介してデジタル情報を共有しています。また、ハイテクの急速な発展とともに、インテリジェントデバイスで仕事やレジャーをサポートすることができます。
その結果は、写真、ビデオ、DVDファイルなどのデジタル情報は山のように高められました。例えば、増加し続ける映像データによって、どんどん減っていくパソコンのストレージに対して、どのように対処しますか?言い換えれば、これらのデータやファイルを保存するためのいい方法はありますか?寿命、価格、容量このような条件を総合すれば、ディスクにデータを保存するのはいい方法かもしれません。実は、そうしている人は少ないです。

DVDを作成、または作成したDVDを再生するには、プロのDVDレコーダー、またはDVDライターが必要です。一般的に言えば、DVDレコーダーとDVDライターはほぼ同じですが、どっちを購入するのかに混乱している場合、この資料は参考になります。
次では、DVDレコーダーとDVDライターの違いについて説明いたします。

パート1.DVDレコーダーについて

まずDVDレコーダーについて説明します。DVDレコーダーとはDVD-Videoの再生のほかに、記録型DVDに動画などを記録できる据え置き型映像機器である。名前が示したように、空のDVDに情報を記録することもできます。具体的に言えば、それは主にファームウェアまたはAV入力を介してデジタルビデオカメラから任意のアナログビデオソースを入力するために使用されます。このような観点から見れば、DVDレコーダーはテレビ番組やほかのビデオをレコードするVCRとして理解することができます。

DVDレコーダーは再生以外、メインの機能はデータを記録することです。データを読んで、書き込みではなく、記録です。DVDレコーダーは、スタンドアロン、DVD VCRコンボ、DVDハードドライブコンボなど、いくつかの種類があります。さらに、スタンドアロンのDVDレコーダーは、そのチューナーまたは外部デバイスからリアルタイムで記録することができます。ここでは、DVDレコーダーはコンピュータに接続して利用するのではなく、アナログビデオ入力に接続されている場合にのみ使用できることを注意してください。

2008年以降は各社ともBDレコーダーへの移行の動きが高まり、2012年現在すべてのメーカーが新製品をBDレコーダーに移行した。

パート2.DVDライターについて

DVDレコーダーに対して、DVDライターはパソコン用語で、完全に「書き込み」という単語で定義します。DVDライターは書き込み可能のDVDドライブです。実際は、DVDレコーダーもDVDライターも、すべてはレーザーを介してDVDを作成して、空のDVDにコンテンツを書き込むために使用されます。記録方法は、レーザーはヒートを使用してビデオやオーディオの情報の内容を格納するDVDに「ピット」を作成します。データファイルだけを記録するのではなく、DVDライターはまた、コンピュータのデータを読み書きすることができますし、空のDVDに書き込みすることもできます。

DVDライターの仕組みは簡単で、パソコンが必要です。DVDを作成する場合、オーサリングソフトウェアも必要です。
DVDレコーダーとのもう1つの違いは、DVDライターは、CD-RまたはCD-Wにビデオとオーディオを記録することができます。DVDライターを使用すると、まずコンピュータにデバイスを接続してから、DVD書き込みソフトにコンテンツを書き込みます。

パート3.家でDVDを作成する一番いい方法

DVDを作成したい場合、家でどうすればいいですか?最も必要なツールは強力なDVDライターです。最高のDVD書き込みソフトは何ですか?ここで近年で最も強力なDVD書き込みプログラムの1つとみなされているLeawo DVD作成をお勧めしたいと思います。それはカスタマイズされた機能でDVDに様々なファイルを書き込むのに役立ちます。詳細な手順については、以下のガイダンスを参照してください。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験