2007年から販売されたiPhoneは、簡単で使いやすいOSや革新的な機能で、あっという間にスマートフォン業界のテクノロジーリーダーと標榜されています。世界で大人気のiPhoneは、日本でも大歓迎されています。ある会社の調査報告より、2014年では、日本のiPhone普及率は既に68.9%と半数以上に上回る結果が出てきました。街で暇つぶしのため、スマートフォンを使っている人を見かけることも多くなりました。スマートフォンの使用は既に日常生活の一部になっています。
iPhoneで日常生活の写真や動画をいっぱい撮りました。でも、容量が不足する時がある、いつまでも保存するにはいけません。テレビで再生することもできません。そこで今回は、iPhoneの動画をブルーレイに焼く方法についてご紹介します。簡単にブルーレイを焼けますでの是非ご参考ください。

 

iPhoneの動画をPCに取り込む方法

iPhoneの動画をブルーレイに焼くために、まず撮った写真や動画をPCに取り込むことです。でもIOSセキュリティシステムの関係で、取り込むことが複雑です。そのゆえ、専門のiPhoneデータ移行ソフトが必要です。

Leawo iTransferはIOSデバイス、iTunesとPCの間で音楽、動画、写真、アプリなどのデータを簡単に転送できます。色んな手段で無制限にファイルを転送できます。また複数のIOSデバイスに対応でき、デバイスにあるたくさんのファイルをPCにバックアップすることができます。IOSデバイスをソフトと接続して、ソフトが自動的にデバイスの基本情報を検索します。更にシンプルな操作画面で初心者にも簡単に利用できます。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

 

ステップ1:

iTransferを起動して、IOSデバイスをPCと接続してください。

1-2

 

ご注意:
IOSデバイスをPCやその他のデバイスにはじめて接続すると、そのコンピュータを信頼するかどうかを確認する警告が表示されます。信頼されたコンピュータなら、iOS デバイスと同期し、バックアップを作成し、デバイスの写真、ビデオ、連絡先、その他のコンテンツにアクセスすることができます。それで、「信頼」を選択してください。「信頼しない」場合は、データの転送は不可能です。

 

ステップ2:

成功に接続時、ソフト画面はデバイスの基本情報が現れます。
ソフト画面左半分にあるライブフリー項目で、「ビデオ」をクリックしてください。

1-2

ステップ3:

ビデオペネルで転送したい動画に移行して、転送ボタンをクリックしてください。
転送画面で「フォルダーに保存」にチェックを入れてください。
「変更」ボタンをクリックして、転送先を設置してください。
「今すぐ転送」ボタンをクリックして、動画をPCに転送します。

1-2

メモ:
ファイル直接にを右クリックすると、転送先の選択肢が見えます。そこで転送することもできます。

 

 

動画をブルーレイに焼く方法

動画をブルーレイに焼くには、やはりLeawo Blu-ray作成を利用するのが定番です。速いスピードで高品質のブルーレイディスクを焼けます。また、追加した動画や音声を編集できます。内蔵している多様なテンプレートでディスクのメニューも簡単に作成できます。更にお客様のニーズによって、出力形式も設置できます。

ステップ1:

空白のブルーレイディクスをドライブに挿入してください。
ソフトを起動して、「ビデオを追加」ボタンをクリックして、先ほど転送した動画を追加してください。

1-2

ステップ2:

動画の隣にある編集をクリックして、編集メニューが見えます。
編集機能パネルで動画を細かい再編集ができます。

1-2

ステップ3:

ソフト画面の右半分にある、テンプレートパネルで、ディスクメニューが作成できます。

1-2

ステップ4:

メイン画面にある大きな緑り「書き込み」ボタンをクリックしてください。
書き込み先メニューで空白ディスクを選択してください。

 

1-2

ステップ5:

書き込みペネルで円形の「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み開始です。

1-2