ブルーレイ/ビデオの変換

手順1 ソースファイルを追加

「変換」タブをクリックします。「BD/DVDを追加」或いは「ビデオを追加」をクリックして、ソースファイルをプログラムに読み込みします。追加後、字幕とオーディオトラックを選択、追加したファイルをプレビュー、設定を変更、ビデオを編集することができます。


手順2 出力形式を選択

「BD/DVDを追加」ボタンの隣にクリック可能なタブ(デフォルトでは「MP4 Video」が表示されます)をクリックして、ドロップダウンボックスには「編集」、「変更」と「全てに適用」が選べます。「変更」をクリックすれば、プロファイルのパネルが出て、そのパネルでお好きなプロファイルを出力形式に設定することができます。プロファイル設定パネルでは、設定したプロファイルを「お気に入り」、「カスタム」に追加することができます。


手順3プロファイルの詳細設定

ドロップダウンボックスで「編集」をクリックすれば、選択したプロファイルのビデオとオーディオのパラメータを編集することができます。設定画面でビデオデック、画質、解像度、ビットレット、フレームレート、アスペクト比、オーディオコーデック、オーディオ品質、サンプルレート、チャンネルなどを自由に設定できます。解像度はオプションの一つを選択、或いはご希望のデータを入力することで設定できます。


手順4 出力ディレクトリを設定

大きな緑の「変換」ボタンをクリックすれば、サイドバーが立ち上がります。そのサイドバーで、出力ディレクトリを設定してください。


手順5変換開始

すべての設定が完了した後、下部の白い「変換」ボタンをクリックするだけで、変換作業が開始します。

ビデオからDVD /ブルーレイを焼く

手順1 ソースファイルを読み込む

「書き込み」タブをクリックすると、ディスク作成の画面に入ります。まず、「ビデオを追加」をクリックして、ブルーレイやDVDに焼きたいソースビデオファイルを追加します。追加後、ニーズに応じて、一番下部で出力ディスクのタイプ、品質、アスペクト比を設定することができます。


手順2ディスクメニューを選定する

プログラムの右側にメニューギャラリーまたはカスタムディスクメニューからお好きなディスクメニューを選択することができます。 標準、ビジネス、子供時代、教育、休日、自然、スポーツと結婚式という各種メニューテンプレートがプログラムに用意されています。お好きなメニューテンプレートの中央をクリックすると、左側の画面でその効果をプレビューすることができます。


手順3 メニューをカスタマイズする

メニューのプレビュー画面で、プレビューボタンの隣にある「編集」ボタンをクリックしてから、メニューを自由に編集できます。編集パネルでは、背景音楽の追加、背景画像/ビデオの追加、タイトルの変更、テキスト・フォントの編集、アイコン位置の調整することができます。すべての設定が終わったら、左下の「保存」ボタンをクリックしてください。


手順4出力ディレクトリを設定する

メニューを設定した後、大きな緑色の「書き込み」ボタンをクリックすると、書き込み設定ボックスが表示されます。書き込み設定ボックスで、ディスクラベル、書き込み先と保存先を設定する必要があります。


Step 5 動画からBlu-ray/ブルーレイ/ DVD作成を開始する

すべての設定が終わったら、下部の「書き込み」ボタンをクリックすると、動画からブルーレイ/ DVDへの作成が開始させます。


ISOファイルをDVD/Blu-rayディスクに焼く


Step 1 ISOイメージファイルを読み込む

「ビデオを追加」の横にある逆三角形アイコンをクリックして、「ISOファイルを追加」を選択してファイルを読み込みします。 或いは、ソースファイルをソフト画面の中央にドラッグしてISOファイルを追加する。


Step 2 書き込み設定

ポップアップの「ISOファイルに追加」画面で、「ディスクラベル」と「コピー先」オプションを設定します。「書き込み」ボタンをクリックして、ISOファイルをDVD/Blu-rayディスクに焼きます。

Blu-ray(DVD)ムービーをコピー

手順1ソースのBlu-ray(DVD)映画をインポートする

「コピー」タブをクリックすると、Blu-ray(DVD)ディスクをコピーするための画面に入ります。まず、「ビデオを追加」をクリックして、コピーしたいBlu-ray(DVD)ディスクを追加します。追加後、ニーズに応じて、三つのコピーモード(フルムービー、メインムービー、カスタムモード)から一つを選んで、出力するディスクのタイプを設定します。


手順2ブルーレイのコピーを開始

緑の「コピー」ボタンをクリックすると、コピー設定パネルが出ます。設定パネルで、コピー先、保存先やディスクラベルの設定ができます。設定が完了した後、その下の「コピー」ボタンをクリックすれば、コピーが開始します。


ISOファイルをDVD/Blu-rayディスクにコピー

Step 1 ISOファイルを追加

「ビデオを追加」の横にある逆三角形アイコンをクリックして、「ISOファイルを追加」を選択してファイルを読み込みします。 或いは、ソースファイルをソフト画面の中央にドラッグしてISOファイルを追加する。


Step 2 ISOからディスクへのコピーを開始

ポップアップの「ISOファイルに追加」画面で、「ディスクラベル」と「コピー先」オプションを設定し、「コピー先」の場所はドライブに挿入したディスクに設定します。「書き込み」ボタンをクリックすると、ISOファイルをDVD/Blu-rayディスクにコピーし始めます。

写真をスライドショーに作成

Step 1 ソース写真を追加


「変換」モジュールで、「写真を追加」をクリックして、写真をインポートします。
すると、追加された写真は自動的にスライドショーに変換されます。
そのスライドショーをプレビュー、編集することができます。


Step 2 出力プロファイルを選択

作成された写真のスライドショーは180以上の動画形式に変換することができます。
「写真を追加」の隣のドロップダウンボックスをクリック、「変更」を選択してください。
ポップアップした「プロファイル設定」画面で、ほしいプロファイルや出力形式を選択してください。


Step 3 プロファイルの詳細を設定

ビットレート、アスペクト比、フレームレート、音声コーデック、チャンネル等、
ご選択の出力プロファイルの映像と音声パラメータを調整することができます。


Step 4 出力ディレクトリを設定

出力形式を設定した後、メイン画面に戻ります。
大きな「変換」ボタンをクリックして、ポップアップのスライドバーで、「保存先」を設定してください。


Step 5写真のスライドショーを出力

最後に、再びその大きな「変換」ボタンをクリックして、写真のスライドショーの出力を始めます。


写真スライドショーを焼く

Step 1 ソース写真を追加

「変換」モジュールで、「写真を追加」をクリックして、写真をインポートします。
すると、追加された写真は自動的にスライドショーに変換されます。
そのスライドショーをプレビュー、編集することができます。


Step 2 ディスクメニューを設定

作成されたスライドショーをBlu-ray/DVDに書き込む前に、ディスクメニューが選択できます。
右のサイドバーからお気に入りのメニューを選択してください。
メニューの中央をクリックすれば、プレビューができます。


Step 3 (オプション)メニューを編集

プレビュー画面での鉛筆のようなアイコンをクリックすれば、メニューの編集/作成ができます。
というのは、背景音楽/背景画像/背景動画の追加、タイトルの内容と位置の調整及び文字の色とサイズの変更が可能です。


Step 4 スライドショーをBlu-ray/DVDに書き込み

「書き込み」ボタンをクリックすれば、さらに書き込み設定の画面が出ます。
そこでは、「コピー先」、「ディスクラベル」と「保存先」を設定する必要があります。
書き込みを開始する前に、記録型のドライブに書き込み可能な空白のディスクを挿入してください。それに、そのドライブをコピー先にしてください。
その後、書き込み設定画面の「書き込み」ボタンをクリックすれば、写真のBD/DVD化が開始します。


写真スライドショーを編集する方法

Step 1 映像を編集する

写真を追加した後、その写真は自動的にスライドショーに変換されます。
自動的に作られたスライドショーのタイトルをクリックすれば、編集画面に入ります。
「映像」 タブでは、写真の削除/追加/反転及びスライドショーの再生時間と効果を設定することができます。


Step 2 音声を編集する

「音声」タブを開き、「音楽を追加」ボタンをクリックすれば、お気に入りの音楽をスライドショーの背景音楽として追加することができます。
「フェードイン」、「フェードアウト」と「ループ再生」から、背景音楽のエフェクトが調整できます。

ビデオを編集

ビデオの長さをトリム

ソースメディアファイルを追加した後、各ファイルのタイトルの右側に「編集」アイコンがあり、クリックすると、編集パネルに入ります。タイトルを右クリックして「編集」をクリックすることでも、編集パネルに入ることができます。編集パネルで、ビデオの長さをトリムするために、プレビュー画面下のスライドを動かすか、開始時間と終了時間を設定してください。


透かしを追加

ビデオにお好きなテキストの透かしや画像の透かしを追加することができます。 透かしの許可にチェックを入れて操作を開始します。また、透かしのカスタマイズも自由です。


部分拡大

「切り抜き」タブでは、左のプレビューにある上枠のハンドラをドラッグすることで、動画を部分拡大すことができます。また、下のパラメータを設定することで、より正確にビデオサイズや黒い余白を除去することができます。


効果を調整

編集したい動画の「輝度」、「コントラスト」、「彩度」の変更ができます。また、動画の音量をカスタマイズすることもできます。その他、左右反転、上下反転、90°時計回りに回転、90°反時計回りの回転、などのようにビデオを回転させることもできます。


3D変換

3Dタブでは、3Dモードを有効にして3Dムービー作成できます。3D効果が選択でき、3D奥行きも-50から50に調整することができる。 利用可能な3D効果はインタリーブ、左右並行、赤/シアン、赤/緑、青/黄色、赤/青などがあります。

オンライン動画ダウンロード

Step 1 お気に入りの動画を探す

ダウンロード」モジュールで、ブラウザにダウンロードしたい動画のURLをコピペー、又は、ブラウザで動画サイトを訪問して目標の動画を探して下さい。動画をアクセスすると、本ソフトは動画資源を検知でき、右サイドバーでは複数のダウンロード源が表示されます。


Step 2 ダウンロードを開始

様々な解像度の動画から、適当な動画を選んで、「ダウンロード」アイコンをクリックすれば、ダウンロードが始まります。ダウンロードされているすべての動画は「ダウンロード中」タブで表示されています。このダブで、ダウンロード中の項目を一時停止/再開/削除することができます。


Step 3 ダウンロードした動画を管理

動画をダウンロードした後、すべての動画は「ダウンロード完了」タブで表示されています。動画名、日付、サイズ等によってそれらの動画を分類することができます。

Prof. Media

サイズ: 52.90 MBバージョン: V7.2.1.4価格: 14805円(税込)

人気製品


  • icon9
  • 1000万以上のお客さまや法人様にご利用いただいています。

  • icon10
  • オンラインストアのすべての取引は、ベリサイン社の最新技術によって保護されています。

  • icon11
  • 弊社は30日間の返金保証を提供しております。