豊富なビデオコンテンツで大人気になるYouTubeでも、視聴中にエラーが出る短所があります。ユーザーに報告されている最も多いエラーは「YouTubeオーディオレンダラーエラー」です。このエラーが出るとき、ビデオの再生が中断され、せっかくのいいムードは台無しされてしまいます。この記事では、「YouTubeオーディオレンダラーエラー」で悩んでいる方に、エラーを修復する対処法を紹介します。

YouTube オーディオレンダラーエラーが発生する原因

YouTube動画を視聴するとき、「オーディオレンダラエラー。パソコンを再起動してください」というエラーが発生し、動画が正常に再生されなくなることがあります。Windows特にWindows 10で発生したことが多く、特定のブラウザでしか起こる現象ではないため、ブラウザを変更しても改善されない場合が多いです。YouTubeオーディオレンダラーエラーが発生する原因は何でしょうか。どうやって修復できますか。Googleで対処法を検索するユーザーは少なくありません。この記事では、YouTubeオーディオレンダラーエラーが出る原因、及びその解決策を全面的に解説します。

ユーザーレポートを分析した上で、YouTube オーディオレンダラーエラーが発生するいくつかの原因をまとめました。詳しくは下記をご参照ください。


オーディオデバイスの接続状況が悪い

オーディオデバイスが適切に接続されていない場合、YouTube オーディオレンダラーエラーが発生しやすいです。ワイヤードヘッドホン、スピーカー、Jack オーディオ接続キット、USBなどのサウンドデバイスを利用している場合、適切にパソコンに接続されているかどうか確認しましょう。


オーディオドライバー故障

オーディオドライバーとは、PCにオーディオデバイスを繋ぐ場合に、オーディオデバイスを認識し、処理する仲立ちのファイルです。サウンドドライバーが古かったり破損していることもYouTubeオーディオレンダラーエラーに繋がります。


ウェブブラウザのバージョンが古い

YouTubeに内蔵されているプレーヤーはウェブブラウザと密接な関係があるので、ブラウザのバージョンが古い場合、YouTube動画再生に支障をきたすので、YouTubeオーディオレンダラーエラーが発生しやすいです。


BIOSにバッグがる

BIOS(バイオス)とは、ファームウェアの一つで、入出力を行うためのプログラムです。BIOSを常にアップデートする必要があります。最新バージョンにアップデートされない場合、YouTubeオーディオレンダラーエラーが発生しやすいです。


YouTube オーディオレンダラーエラーを修正する完全ガイド

上記はYouTubeでオーディオレンダラエラーが出る原因を紹介しました。下記にて、このエラーの解決策を紹介します。

オーディオデバイスを接続し直してみる

YouTubeオーディオレンダラーエラーが発生するとき、スピーカーや、ヘッドホンなどのオーディオデバイスが接続されている場合、一旦オーディオデバイスを抜き出して、エラーが消えるかどうかを確認します。オーディオデバイスが抜き出された後、エラーが消えた場合、改めてオーディオデバイスを差し込めば、YouTube動画を引き続き視聴できます。


パソコンを再起動する

「オーディオレンダラエラー。パソコンを再起動してください」とのエラーメッセージが示したとおりに、再起動は問題を解決できる可能性があります。ただし、一時的に解決できてもオーディオレンダラエラーが再発するケースも多いようです。


ウェブブラウザをアップデートする

ウェブブラウザでYouTube映画を視聴するときに、オーディオレンダラエラーが発生する場合、ほかのブラウザに切り替えて、エラーが消えるかどうかを確認します。ほかのブラウザでも同じエラーが発生する場合、ブラウザを最新バージョンにアップデートしてみます。各ブラウザを最新バージョンにアップデートする手順は下記のようです。

  • Google Chromeの場合: 1.右上の三点のアイコンをクリックし、グーグルのメニューを開きます。 2.「ヘルプ」をクリックします。 3.「Google Chrome について」をクリックします。
  • Mozilla Firefoxの場合: 1.Firefoxメニューを開きます。 2.「ヘルプ」をクリックします。 3.「Firefox について」をクリックします。
  • Microsoft Edgeの場合: 1.メニューを開きます。 2.「ヘルプ&フィードバック」をクリックします。 3.「Microsoft Edgeについて」をクリックします。

Windowsのオーディオ再生のトラブルシューティングツールを実行する

上記の方法でオーディオレンダラエラーを解消できない場合、Windows 10に内蔵されたトラブルシューティングツールを利用して問題を検出し、修復します。オーディオ再生のトラブルシューティングツールを実行する手順は下記のようです。

  YouTube-audio-renderer-error-troubleshooting
  • 1.「スタート」メニューを開き、「troubleshoot settings(トラブルシューティング設定)」と入力し、「開く」を選択します。
  • 2.「追加のトラブルシューティングツール」オプションを選択します。
  • 3.「オーディオの再生」をクリックし、「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします 。


オーディオドライバーを再起動する

オーディオドライバーに一時的なエラーにより、Youtube上でオーディオレンダラエラーが表示されるケースもあります。この場合、オーディオドライバーを再起動すれば、エラーが解消されます。

1.「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。 2.「音声入力と出力」を展開し、デイフォルトのオーディオデバイスを右クリックします。 3.「デバイスを無効にする」を選択し、「はい」をクリックし、次へ進みます。 4.オーディオデバイスを再度右クリックし、「デバイスを有効にする」を選択します。


オーディオドライバーをロールバックする

オーディオドライバーを再起動しても、エラーを修復できない場合、オーディオドライバー自体に何か問題がある可能性が高いです。この場合、オーディオドライバーをロールバックもしくはアップデートすることによってYouTubeオーディオレンダラーエラーを修正します。オーディオドライバーをロールバックする方法は以下のようです。

 YouTube-audio-renderer-error-rollback-driver

オーディオ再生デバイスに対する場合

  • 1.「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。
  • 2.「音声入力と出力」を展開します。
  • 3.ディフォルトのオーディオデバイスを右クリックし、「プロパティ」ボタンを選択します。
  • 4.「ドライバー」タブを選択し、「オーディオドライバーをロールバックする」をクリックします。

オーディオカードドライバーに対する場合

  • 1.「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。
  • 2.「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」のツリーを展開し、オーディオカードドライバーを右クリックし、「プロパティ」ボタンを選択します。
  • 3.「ドライバー」タブを選択し、「オーディオドライバーをロールバックする」をクリックします。


オーディオドライバーをアップデートする

オーディオドライバーをロールバックしても、YouTubeオーディオレンダラーエラーが相変わらず出る場合、オーディオドライバーをアップデートしてみてください。オーディオドライバーをアップデートする方法は以下のようです。

 YouTube-audio-renderer-error-update-driver

オーディオ再生デバイスに対する場合

  • 1.「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。
  • 2.「音声入力と出力」を展開し、ディフォルトのオーディオデバイスを右クリックし、「ドライバの更新」をクリックします。
  • 3.「ドライバソフトウェアの最新版を自動検索」を選択し、最新バージョンにアップデートします。

オーディオカードドライバーに対する場合

  • 1.「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。
  • 2.「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」のツリーを展開し、オーディオカードドライバーを右クリックし、「ドライバの更新」をクリックします。
  • 3.「ドライバソフトウェアの最新版を自動検索」を選択し、最新バージョンにアップデートします。


ハードウェアアクセラレーションを無効化する

Chromeを利用するときに、YouTubeオーディオレンダラーエラーが発生する場合、原因はハードウェアアクセラレーションにあるかもしれません。この時、ハードウェアアクセラレーションを無効化する必要があります。

Chromeのハードウェアアクセラレーションを無効化する手順は下記のようです。

1.Chromeの右上のメニューボタンを選択します。 2.表示されるメニュー内の「設定」を選択します。 3.Chromeの設定画面が表示された後、画面を下までスクロールして「詳細設定」を選択します。 4.「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をチェックします。


windows オペレーティングシステムをアップデートする

オペレーティングシステムのバージョンが古い場合、YouTubeオーディオレンダラーエラーを含む、いろいろな技術障害が起こりやすいです。古いバージョンのOSをアップデートする必要があります。アップデート手順は下記のようです。

 YouTube-audio-renderer-error-windows-update
  • 1.Windowsの[スタート]を開き、「windows update」と入力し、「Enter」キーを押します。
  • 2.「利用可能な更新を自動でチェックする」を選択します。
  • 3.「すべてのアップデート」からオーディオ関連のアップデートをインストールします。


ASIOドライバーを修復する

Cubaseが開いているときだけYouTubeオーディオレンダラーエラーが出る場合、サンプルレートの違いによる可能性があります。下記の手順を通してサンプルレートを同期できます。

ステップ1:スピーカーアイコンを右クリックし、「サウンド」をクリックします。 ステップ2:「再生」タブを開き、必要のオーディオデバイスを選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。 ステップ3:「ディフォルトフォーマット」の下には、「共有モードで使用されるサンプルレートとビット数を選択します」と表示され、下の欄に必要のサンプルレートを指定します。 ステップ4:ASIOドライバー設定を開き、「オーディオ」タブを選択します。ステップ3と同じサンプルレートを指定します。 ステップ5:パソコンを再起動します。


BIOSをアップデートする

BIOSに不具合があり、オーディオレンダラエラーが発生することがあります。特にDELLのPCの場合、BIOSのバグによってオーディオレンダラエラーが発生することが過去に報告されています。この場合、BIOSを修正されたバージョンにアップデートすることで解決できます。そのため、BIOSのバージョンが古い場合は、アップデートを一度検討してみてください。ただし、正しい手順でBIOSをアップデートしない場合、パソコンに支障をきたします。DELLの公式サイトに記載された手順でBIOSをアップデートしてください。


YouTubeビデオをダウンロードできるソフトおすすめ

上記で紹介される方法でYouTubeのエラーを修復できない、または操作方法が難しいため操作できないなら、サードパーティーのソフトウェアを利用して、YouTube動画をオンラインで再生したり、ダウンロードしてオフラインで鑑賞したりすることができます。

Leawo YouTubeダウンロードはオンライン動画をダウンロードするための専門的なビデオダウローダーです。YouTube、ニコニコ動画、Dailymotion、Vevo、Vimeo、GYAO、B9DM、MioMioなどの動画共有サイトから動画をダウンロードできます。また、WindowsとMacの両方を対応しています。Leawo YouTubeダウンロードを使えば、簡単かつ高速にオンライン動画をダウンロード可能です。(ご注意:Leawo YouTubeダウンロードはLeawo Prof. Mediaという多機能のオールインワンメディア変換ソフトに統合されています。

video-downloader

Leawo YouTubeダウンロード

☉ Facebook、YouTubeや100以上の他のオンライン動画共有サイトからビデオや音楽をダウンロードする。
☉ 内部プレーヤー経由で 音楽とビデオが再生できる。
☉ さまざまな解像度のターゲット動画と音楽オプションを提供する。
☉ ダウンロードしたビデオを自由に管理できる。

無料体験 無料体験

Leawo YouTubeダウンロードでYouTube動画をダウンロードする方法

手順1:出力先を設定。プログラムのホーム画面で「設定」アイコンをクリックして、ダウンロードした動画の保存先を設定できます。

Launch-the-Recorder-1