PCでディスク内容を圧縮するための優れた方法として、ISOファイルはインターネットにディスク内容を有効にバックアップすることができます。また、PCの仮想ディスクドライブに設定することで、DVDディスクを再生することもできます。ISOとは?Window 10でISOファイルを作成する方法は?
InstallShieldソフトウェアに使用されるISOファイルは、国際標準化機構が発行したISO-9660規格に準拠したCD/DVDディスクイメージを指します。ISOファイルには、PCにインストールされているプログラムのイメージが格納されます。さまざまなソフトウェアパッケージが作成できます。プログラムが大きい場合があるので、ISOファイルを使用して大量のデータを集め、よりコンパクトで配布することができます。CD/DVDの複製やバックアップコピーを作成する場合は、ISOファイルを使用することが好ましいそうです。CD/DVDのコンテンツにアクセスするときに、ISOファイルを参照して詳細を確認するだけで良いです。通常、オプションを選択すると、PCのハードドライブのフォルダにISOファイルはDVD書き込み中に作成されます。ISOはファイルのバックアップに重要な役割を果たすため、Windows 10でISOを作成する基本的な手順を知ることが特に必要となります。次に、いくつかのISO作成支援ソフトにて、さまざまなソリューションを手に入れます。

パート 1: Windows 10でLeawo DVD作成を使用してISOを作成する方法

Windows 10でISOを作成するには、ISOファイルを簡単に作成できる強力なISO書き込みプログラムを用意する必要があります。Leawo DVD作成は、元のビデオの画質を保ちながら、ビデオをDVDに書き込むことができるため、再生するDVDの画質は元のビデオと変わりません。また、トリミング、クロップ、ウォーターマークの追加など、独自のスタイルにすることもできます。DVDディスクをカスタマイズする時、ディスクメニューテンプレートとディスクメニューの項目を高速で高品質に変更することもできます。次に、Window 10でISOを作成する詳細な手順について説明します。一般的に、Windows 10でLeawo DVD作成を使用してISOを作成するプロセスは、DVDディスクの書き込みに似ています。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験