ISOイメージファイルはブルーレイ/DVDディスクのすべてのコンテンツを格納できて、ディスクのコピーとして使われます。1枚の光ディスクを1つのファイルにすることで、取り扱いが容易になり、たとえディスク自体は紛失もしくは損傷されても、ファイルは継続されます。それでは、ディスクをISOイメージファイルに変換後、どうやってテレビや、メディアプレーヤーなどで再生できますでしょうか。


WDTVなどのISOイメージファイルを認識できるストリーミング・メディアプレーヤーがあれば、無線/有線LAN経由でテレビでISOファイルを楽しめます。具体的には、外付けハードディスクをWDTVに差し込んで、またHDMI経由でWDTVをテレビに接続すれば、WDTVを通してテレビでISOイメージファイルを再生できるようになります。

下記にて、テレビとコンピューターでISOイメージファイルを再生する方法を紹介します。


パート1:Leawo Blu-ray変換でISOファイルをテレビの対応フォーマットに変換

周知のように、テレビはUSBドライブからのビデオファイルを再生できます。そのため、ISOファイルをテレビの対応フォーマットに変換できたら、テレビで再生できるようになります。Leawo Blu-ray変換でISOファイルをテレビの対応フォーマットに変換できる最高の変換ソフトなので、おすすめします。


最高のブルーレイライティングソフトとして、Leawo Blu-ray変換はブルーレイをビデオにリッピング&変換できて、ブルーレイからオーディオを抽出し、任意のメディアプレーヤーとデバイスで再生できる必要なフォーマットに保存できます。ブルーレイ/DVDディスク、フォルダ、ISOイメージファイルを幅広いファイルフォーマット(たとえば、4K MP4、4K MKV、HD MP4、HD AVI、MOVなど)にリッピング&変換可能です。Leawo Blu-ray変換があれば、不自由がなくiPad(アイパッド)、iPhone(アイフォーン)、Surface(サーフェス)、アンドロイドデバイスなどでブルーレイ/DVD映画を楽しめます。


それに、ユーザーが所持するテレビやデバイスにより適切するファイルを出力するために、コーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、チャンネルなどの出力ビデオ/オーディオパラメーターも編集可能です。このブルーレイライティングソフトがあれば、あらゆるブルーレイ映画(コピーガードとリージョン制限にかかられたものを含む)を任意のデバイスとメディアプレーヤーで再生できる必要なフォーマットにリッピング&変換できます。
この記事では、Windows版Leawo Blu-ray変換を例として、Leawo Blu-ray変換でISOファイルをテレビの対応フォーマットにリッピング&変換する手順を説明します。本番に入る前に、Leawo Blu-ray変換をコンピューターにダウンロード&インストールしておいてください。


media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray変換

☉ Blu-ray/DVDを任意形式の動画/音声に変換保存!
☉ 出力字幕と音声トラックを自由選択!
☉ 実用な使いやすい編集機能!
☉ 映画館並みの映像体験を提供!
☉ 高速変換速度およびシンプルなインターフェース!

無料体験 無料体験


注意:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaというオールインワンメディア変換ソフトのモジュールの一つです。

ステップ1:Leawo Blu-ray変換を実行します

Leawo Prof. Mediaを起動し、「変換」タブをクリックするか、または「Blu-ray/DVD変換」アイコンをクリックして、Blu-ray変換というモジュールに入ります。


ステップ2:Blu-rayのコンテンツをインポートします

「変換」モジュールでは、「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、ブルーレイ映画のコンテンツをプログラムにインポートします。

注意:

  • Leawo Blu-ray変換は三つのロードモードを提供します:フルムービー、メインムービー、カスタムモード。フルムービーでは、全てのタイトルをロードできます。メインムービーでは、メインムービー(ディフォルトでは一番長いタイトル)しかロードできません。カスタムモードでは、自由にお好みのタイトルを選択し、ロードできます。
  • ISOイメージファイルをロードした後、ソースISOファイルの字幕とオーディオトラックを選択できます。


ステップ3:出力フォーマットを設定します。

ドロップダウンボックスから「変更」ボタンをクリックし、出力ビデオのフォーマットを設定するためのパネルに入ります。「フォーマット別 > Common Video」グループから「MP4 Video」を選択します。ほとんどのテレビはMP4 ビデオと互換性があります。


必要に応じて、ビデオファイルのパラーメータを設定することができます。ドロップダウンボックスから「編集」ボタンをクリックし、設定画面に入ります。そして、ビデオビットレート、アスペクト比、フレームレート、品質、オーディオコーデックなどの設定を行えます。


ステップ4:出力先を設定し、変換開始します

メインインタフェイスに戻り、緑の「変換」ボタンをクリックします。ポップアップしたサイドバーで出力ビデオの保存場所を設定します。最後に、下の「変換」ボタンをクリックし、ISOファイルからMP4ビデオへの変換プロセスを開始させます。


変換プロセスは変換パネルに表示されます。途中にキャンセルや中止も可能です。変換プロセスは長くかかりません。変換が終わってから、汎用ビデオフォーマットを入手できます。それをUSBドライブに転送し、またUSBドライブをテレビに接続すれば、無制限に再生できるようになります。


パート2:VLCを利用してテレビでISOファイルを再生

VLCメディアプレーヤーもテレビでISOファイルを再生できます。クロスプラットフォームで動作するメディアプレーヤーとして、Windows OSからビデオにビデオをストリーミングしたり、再生したりできます。VLCはホームネットワークもしくはインタネットを通して、デバイスでビデオを再生できます。VLCの設定画面でWeb インターフェースを有効にすれば、おうちのどのところでもビデオ再生をリモートコントロールできます。ネットを通してビデオをストリーミングするには、高速のネット接続が必要です。ネット接続がないと、ビデオをストリーミングできません。


VLCメディアプレーヤー経由でテレビでISOイメージファイルをストリーミング&再生する手順は下記のようです。

  • 1.VLCメディアプレーヤーをコンピューターにダウンロード&インストールします。テレビとコンピューター両方がWiFiに適切に接続されていることを確認します。再生したいISOイメージファイルを用意しておきます。
  • 2.VLCメディアプレーヤーを立ち上げて、メニューバーでの「メディア」タブをクリックし、「ストリーミング」オプションを選択します。ショートカットキーの「Ctrl+S」を押しても同じ役割があります。
  • 3.「ファイルを開く」ウィンドウがポップアップされて、利用可能なオプションがすべて表示されます。その中から、再生したいファイルを選択します。
  • 4.「ファイルを開く」ウィンドウでの「ファイル」タブのサブメニューの「追加」ボタンをクリックし、VLC経由で再生したいソースのISOイメージファイルを選択します。
  • 5.メニューから「メディア > キャプチャーデバイスを開く」を選択し、 「キャプチャーモード」のドロップダウンから、「デスクトップ」を選んで、「ストリーミング」ボタンを押します。
  • 6.出力ウィンドウが表示されます。ストリーミングしたいメディアファイルを確認後、「次へ」をクリックします。
  • 7.次のウィンドウで「Destination(保存場所)」オプションを設定します。ここで「HTTP」を選択し、「追加」ボタンをクリックし、ストリーミングしたいメディアファイルの保存場所を選択します。「Display Locally(ローカルファイルをすべて表示)」オプションのチェックボックスにチェックを入れることで、パソコンのメディアファイルをほかのデバイスにストリーミングしたり、再生したりできます。設定が終わってから、「次へ」をクリックします。
  • 7.次のウィンドウで「Destination(保存場所)」オプションを設定します。ここで「HTTP」を選択し、「追加」ボタンをクリックし、ストリーミングしたいメディアファイルの保存場所を選択します。「Display Locally(ローカルファイルをすべて表示)」オプションのチェックボックスにチェックを入れることで、パソコンのメディアファイルをほかのデバイスにストリーミングしたり、再生したりできます。設定が終わってから、「次へ」をクリックします。
  • 9.このウィンドウで「ストリーミング」ボタンをクリックすればいいです。「Display Locally(ローカルファイルをすべて表示)」オプションが選択された場合、メディアファイルはコンピューターで再生され始めます。ファイアウォールはアクセス可否とのアラームが出たら、「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。
  • 10.「メディア」メニューをクリックし、「ネットワークストリームを開く」をクリックし、ストリームに接続します。
  • 11.HTTP設定をした場合、IPアドレスを確認し、http://IP.Address:8080の形式に入力します。
  • 12.こうして、ほかのデバイスでビデオを再生できるようになります。


パート3:Leawo Blu-ray PlayerでISOファイルを再生

コンピューターでのメディアプレーヤーは殆どISOイメージファイルを再生できませんん。VLCメディアプレーヤーもしくは同類のメディアプレーヤーで再生する必要があります。しかし、VLCメディアプレーヤーはコピーガード付きのISOイメージファイルを対応できません。リージョン制限とコピーガード付きのISOイメージファイルを再生するには、プロのブルーレイメディアプレーヤーが必要です。下記にて、無制限にISOイメージファイルを再生できるLeawo Blu-ray Playerを紹介します。


Leawo Blu-ray Playerがれば、あなたができること:

  • 1.コンピューターでディスク、フォルダー、ISOイメージファイルを含むBlu-ray / DVDムービー(コピーガードがかかったディスクも対応)をリージョンフリーで再生します。
  • 2.ビデオファイル(4Kビデオも対応)をロスレスに再生します。
  • 3.字幕をオーディオトラックを自由に選択します。
  • 4.自由にアングルを選択し、マルチアングルBlu-rayムービーを再生します。
  • 5.外部字幕を追加します。
  • 6.バーチャルリモコンの経由で、Blu-ray/DVDムービーを再生します。


パート4:まとめ

適切なツールがあれば、テレビでISOイメージファイルを再生できます。Leawo Blu-ray変換はISOイメージファイルをテレビと互換できる汎用ビデオファイルに変換できます。リージョン制限とコピーガード付きのISOイメージファイルでも対応可能です。ビデオ変換することにより、多少に品質劣化が発生しますが、問題を解決できます。VLCメディアプレーヤー経由でテレビで直接ISOイメージファイルを再生できますが、コピーガードとリージョン制限にかかられたISOイメージファイルは対応対象外です。その一方、Leawo Blu-ray Playerはコピーガード付きのブルーレイ、DVD、HDビデオ、オーディオとISOイメージファイルを直接再生できるリージョンフリーのブルーレイプレーヤーです。