デジタルビデオ録画を聞いたことがありませんか。簡単に言うと、日常生活にビデオカメラなどで録画した動画のことです。これらの動画はVLCなどの通常のメディアプレーヤーで再生できません。この記事では、再生不能の解決案を紹介します。

パート1:DVRファイルについて

CCTV監視カメラビデオの正式な名前はDVRファイルあるいはH.264 DVRファイルです。
DVRはデジタルビデオレコーダー(Digital video recorder)の略で、監視カメラの映像をハードディスクにデジタルデータとして記録、保存する機器の総称です。

DVRが提供した画像は写真と同じようにはっきりしていて、既存のものを替える傾向があります。新世代のデジタル監視デバイスはCCTV監視カメラの役目をシミュレーションします。
今の監視システムで採用しているビデオ録画デバイスアナログビデオ録画モードを通してビデオテープを録画します。ビデオテープの解像度が低くて、また定期的にテープを変える必要があります。

DVRはイメージをデジタルイメージに変換できて、テープを変える必要もなく、長時間に保存されます。
何回再生されても、画像品質が落ちなくて、いつも高品質のイメージを提供できます。
また、ネットがあれば、リアルタイム転送と遠距離操作も実現できます。
ネットを通して、各地で共同作業する大企業や、区役所などに向いています。

上記に、DVRについて紹介しました。それによりますと、DVRファイルはデジタル監視デバイスが作成し、ASFファイルや、コンテナファイルに似たような存在だという結論を出せます。DVRファイルは生放送、テレビ番組、時間記録、映画コンテンツ、タイムシフト、などを格納できます。

パート2:VLCにDVRコーデックをインストールする方法

VLCなどのメディアプレーヤーでどうやってDVRファイルを再生しますか。
VLCはDVRファイルをサポートしますか。実は、DVRファイルはファイルを制作した会社が提供するプレーヤーもしくはデバイスでしか再生されません。

上述のように、DVRファイルはMPEG-2ビデオデコーダとAACオーディオデコーダを含むので、DVRファイルを再生するプレーヤーもこの2種類のデコーダを備えなければなりません。
つまり、VLCでDVRファイルを再生したい場合、VLCはMPEG-2ビデオデコーダとAACオーディオデコーダを含むかどうか、確認しておく必要があります。

VLCでDVRを再生不能の原因は殆どDVRコーデックが欠けています。コーデックとは何でしょうか。
コーデックはデジタルデータストリームあるいは信号をエンコードしたり、デコードしたりできるデバイスあるいはプログラムのことです。
コーデックを含むマルチメディアファイル(たとえばビデオとオーディオファイル)はサイズが大きい傾向があって、ネットで転送されやすいです。

その反面、VLCメディアプレーヤーはDVRコーデックを含む場合、簡単に、しかも正確にDVRファイルをデコードしたり、エンコードしたりできて、スムーズに再生できます。

コーデックはさまざまな種類があります。どうやってDVRファイルに適切なコーデックを選択しますか。
単独なDVRコーデックより、複数のコーデックを一体化するコーデックパックをおすすめします。コーデックパックを選択したほうが簡単で、特に初心者に向いています。
どうやってDVRコーデックパックをダウンロードしますか。どうやってそのコーデックパックをVLCにインストールしますか。

『K-Lite Codec Pack』(ケーライトコーデックパック)は最も人気が高いDVRコーデックパックで、おすすめします。
K-Lite Codec Packの公式サイトにアクセスし、コーデックパックのzipファイルをコンピューターにダウンロードします。ダウンロード完了してから、zipファイルをダブルクリックし、画面上の指示に従えば、インストールプロセスを完了できます。

DVRコーデックパックのインストールが完了してから、Windowsを再起動し、VLCメディアプレーヤーにインストールしたコーデックをアクティブ化します。
コーデックパックが正しくインストールされたら、VLCメディアプレーヤーは直ちにDVRファイルを再生できます。

パート3:DVRファイルをVLCがサポートできるMP4に変換する方法

DVRコーデックパックのダウンロードとインストールは面倒だと思われる場合、DVRファイルをVLCと互換できるビデオフォーマット(たとえば、MP4)を変換するほうが便利で、容易いです。
DVRをMP4フォーマットに変換するには、強力なビデオ変換ソフトが必要です。この記事では、Leawo HD動画変換プロをおすすめします。

最高のビデオ変換ソフトの一つとして、Leawo HD動画変換プロは同類ソフトより6倍の速さで180種類以上(MP4、MOV、FLV、AVIなどを含む)のビデオを変換できます。

Leawo HD動画変換プロはロスレス品質で任意のビデオを変換できて、さらにビデオをカスタマイズする編集機能が備えています。
たとえば、ファイルマージ、メディア編集、3D映画作成、パラメーター調整など。この強力なビデオ変換ソフトでDVRファイルをMP4に変換するプロセスは以下のようです。

ステップ 1. Leawo HD動画変換プロをダウンロードし、コンピューターにインストールします。

   

ステップ 2. DVRファイルをプログラムにロードします。「ビデオを追加」アイコンをクリックし、あるいはDVRビデオを直接メインメニューにドラッグすることで、ソースファイルをインポートします。

ステップ 3. 出力形式を設定します。成功にVLCメディアプレーヤーで再生するために、MP4を出力形式に指定します。
緑の「変換」アイコンの隣の形式ボタンのドロップダウンボックスから「変更」を選択すると、出力形式を指定できる「プロファイル」パネルにアクセスできます。
今回は「MP4 Video」を選択します。必要に応じて、ほかのフォーマットを指定しても大丈夫です。

ステップ 4. DVRをMP4に変換し始めます。
すべての設定が終わってから、メインインタフェースの緑の「変換」アイコンをクリックすれば、DVRをMP4に変換するプロセスが始まります。
その前に、出力ファイルの保存先を設定するのを忘れないでください。

パート4:DVRを無料に再生できる最高のプレーヤーーLeawo Blu-ray Player

コーデックのダウンロードとインストール、およびファイル形式の変換に苦手な方に、DVRファイルを直接再生できるメディアプレーヤーをおすすめします。その名はLeawo Blu-ray Playerです。

すべてのマルチメディアを再生できる最高のメディアプレーヤーとして、Leawo Blu-ray Playerは簡単に、スムーズにDVRファイルを再生できます。再生品質も再生の流暢さも確保されます。

先進的なオーディオとビデオプロセシング技術を搭載したため、Leawo Blu-ray Playerはスムーズに最高品質のビデオをお届けできます。使い方もごく簡単です。この無料のメディアプレーヤーをダウンロードし、コンピューターにインストールし、メインインタフェースの「ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、DVRファイルを再生できます。

パート5:終わりに

VLCメディアプレーヤーでDVRファイルを再生したい場合、上述の方法でコーデックパックをプレーヤーにインストールすればいいです。Leawo HD動画変換プロはさまざまなビデオとオーディオの相互変換をサポートできるプロの変換ソフトで、使い方も簡単で、初心者にも向いています。

もっと簡単な方法として、DVRファイルをサポートできるLeawo Blu-ray Playerで直接再生すればいいです。