音楽ファイル拡張子を言えば、.MP3、.AAC、.FLACなどが主流です。拡張子「.tta」のファイルが分からない方は多いでしょう。この記事では、.tta形式のファイルを再生する方法及び再生ソフトをお勧めします。



パート1:TTAとは

TTA (英語:The True Audio)はAleksander Djourikが2007年に開発したロスレスコンプレッサーです。TTAロスレスオーディオコーデック(TTA Lossless Audio Codec)は8,16および24 ビットのマルチチャンネルのオーディオデータのためのロスレス圧縮ツールです。つまり、TTA Lossless Audio Codecは入力したWAVファイルをTTAオーディオにトランスコードします。拡張子「.tta」のメディアファイルにはTTAロスレスオーディオコーデックによって作成されたオーディオコンテンツが含まれています。


FLACやAPEなどのロスレスオーディオフォーマットのように、.tta形式のファイルはソースのデータをサイズの30%まで圧縮できます。リアルタイムエンコード/デコードのアルゴリズムを採用し、ハードウェア圧縮もサポートします。ロスレストゥルーオーディオTTAは、オリジナルデータと同じもの(サウンドデータ)がないと表示するかもしれません。


.tta形式のファイルを再生するには、TTA Lossless Audio Codecが必要です。お使いのメディアプレーヤーにはTTA Lossless Audio Codecがインストールされていない場合、一部のtrue audio TT Aplugin(プラグイン)を利用可能です。しかし、出所が不明なTTA Lossless Audio Codecをダウンロードしたら、ウイルスに感染する可能性が高いです。.tta形式のファイルを対応するメディアプレーヤーで直接再生するのが良い方法です。次のパートでは、ロスレス音質でTTAファイルを再生する二つの方法を紹介いたします。


パート2:ロスレス音質でTTAファイルを再生する無料ソフト

.tta形式のファイルを開く一番の方法は、Leawo Blu-ray Playerなどのようなメディアプレーヤーを利用することです。TTA Lossless Audio Codecをダウンロード、インストールするための複雑な手順がいらない、.tta形式のファイルを直接Leawo Blu-ray Playerにロードし、再生することができます。


Leawo Blu-ray Playerは全ての.tta形式のファイルを対応できるクロスプラットフォームデバイスです。最高の音声再生ソフトとして、TTA、AAC、AC3、APEなどの幅広いオーディオファイルを再生するソリューションを提供します。Leawo Blu-ray Playerがあれば、ドルビー、DTS、AAC、TrueHD、DTS-HD(5.1、7.1チャネルを含む)などのステレオサウンドを高品質で楽しむことができます。

また、最高の動画再生ソフトとして、Blu-ray/DVDディスク、フォルダ、ISOファイルと4Kビデオ、HDビデオをサポートし、高品質にあらゆる動画ファイルを再生できます。


メディア再生のほか、色々な便利な機能が搭載しています。例えば、電源管理、バーチャルリモコン、スキン/背景/言語をカスタマイズ、スクリーンショットなど。更に、Blu-ray映画をMKVに変換するという機能が備えているため、ブルーレイリッピングソフトとして使えます。


関連記事:『関ジャニ’sエイターテインメント』ライブDVD/Blu-rayのマルチアングル再生方法

media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray Player

無料でBD/DVD/ISO/HD動画/4K動画再生可能!
☉ Blu-ray/DVDをリージョンフリー再生!
☉ MP4、AVC、MTS、MKV、AVCHDなどの形式に対応!
☉ 映画館並みの映像空間を創出、最高の映像体験を提供!
☉ 英語、ドイツ語、フランス語など、多言語に対応!

無料体験 無料体験


Leawo Blu-ray Playerを利用して、.tta形式のファイルを再生する方法

ステップ 1.Leawo Blu-ray Playerをダウンロード
Leawo Blu-ray Playerの公式サイトからプログラムをダウンロードし、パソコンにインストールします。


ステップ 2. tta形式のファイルをロード
Leawo Blu-ray Playerを実行し、「ファイルを開く」ボタンをクリックし、.tta形式のファイルをプログラムにロードします。すると、.tta形式のファイルが自動的に再生されます。


ステップ 3. オーディオ設定
マウスを右クリックし、「オーディオ」オプションを選択します。オーディオ設定パネルでは、音量、オーディオオフセット、オーディオストリーム、オーディオ出力などの設定を行えます。


パート3:TTA Lossless Audio Codecをダウンロードする

ほかのメディアプレーヤーをインストールしたくない、規定のメディアプレーヤー(例えば、Windows Media Player)で.tta形式のファイルを再生したい場合、TTAオーディオデコーダーが必要です。Windowsユーザーなら、TTA lossless audio codecをインストールすれば、Windows Media Playerで.tta形式のファイルを再生できるようになります。外部TTA lossless audio codecをダウンロードする前、その安全性を確認することを忘れないでください。


ステップ 1. オンラインでTTA lossless audio codecパックケージをダウンロード
ブラウザで「XP Codec Pack」を検索し、信頼できるサイトにアクセスし、XP Codec Packをダウンロードします。


ステップ 2. TTA lossless audio codecプラグインを解凍
実行しているメディアプレーヤーを終了します。TTA lossless audio codecパックケージをダブルクリックすると、セットアップウィザードボックスが表示されます。ガイドに従って、「Next」ボタンをクリックします。


ステップ 3. TTAオーディオデコーダのコンポーネントを選択
「Audio Filters」(オーディオフィルター)内にリストされているすべての項目をチェックします。


ステップ 4. 「Start Menu Folder」(スタートメニューフォルダ)を決定
この手順ではTTA lossless audio codecをアクティブにするショートカットを作成します。「Install」をクリックして開始させます。


ステップ 5. Windows Media Playerを再起動し、.tta形式のファイルをインポートします。


パート4:.tta形式のファイルを再生するほかのソフト

Top 1. GOM Player

GOM PlayerはローカルTTA lossless audio codecを含む無料な動画再生ソフトで、.tta形式のファイルを直接再生可能です。それに、MP4、AVI、MKVのような流行ってるメディアフォーマットを対応し、ストリームできます。更に、一部の破損したメディアファイルを再生できるようです。しかし、このソフトはMac OSに対応できません。


Top 2. Media Player Classic – Homecinema

Media Player Classicは強力な音楽再生ソフトとして、幅広い音楽フォーマットを対応し、再生できます。.tta形式のファイルだけでなく、一般的なオーディオとビデオフォーマットもサポートできます。その古いメインインタフェイスに気にしないなら、Media Player Classicを一度試してみてください。しかし、このソフトはMac OSに対応できないことをご注意ください。


パート5:まとめ

この記事では、.tta形式のファイルの基本知識及び再生方法を案内いたしました。.tta形式のファイルの再生方法は唯一ではありません。Leawo Blu-ray Playerとそのほかの再生ソフト(GOM Playerとか、Media Player Classicとか)で直接再生したり、外部TTA lossless audio codecをインストールし、Windows Media Playerで再生したりできます。更に、動画変換ソフトで.tta形式のファイルをほかの汎用的な音声ファイルに変換することもできます。例えば、WAV。しかし、手順が少し煩わしいと思われます。