PPTを再生する時に、ビデオのように背景音楽または別の面白い音が出てほしい?親友に、YouTubeまたはほかの動画共有サイトでPPTを共有したい?目的を達成するために、PPTをビデオで汎用されるWMV形式のビデオに変換することができます。そして確かに上記に言及したことができるように、PPTからWMVへの変換ソフトを介して簡単にPPTをWMVに変換することが可能です。その中では、オンライン無料変換ソフトとプロの変換アプリの両方が利用可能です。

ソリューション1:オンラインPPT WMV変換ソフトでパワーポイントをWMVに無料変換する

Online-convertは無料のオンラインWMV動画変換ソフトであり、高品質のマイクロソフトWMV動画を作成します。そしてWMVが50以上のソース形式から変換されることができます。その中では、PPTは確実に含まれています。最も人気のあるPPTからWMVへのオンライン無料変換ソフトとして、それは簡単な手順でPPTをWMVに変換することができます。

ステップ 1: 自由にWMV変換を行うために、お使いのPCまたはクラウドストレージからPPTファイルを選んでアップロードします。

ステップ 2:必要に応じて、出力ビデオのオプション設定が利用可能です。

ステップ 3:「Convert」をクリックすると、PPTからWMVへの変換を開始するようにファイルがアップロードされます。

ステップ 4:変換が完了したら、数分内でファイルは成功に変換され、ダウンロードされます。

online-converter-for-ppt-to-wmv

ソリューション2:Leawo PowerPoint to Video ProでパワーポイントをWMVに変換する

PPTからWMVへのオンライン無料変換ソフトの以外、ほかのおすすめがあります。それはPPTをWMVに変換するために特別に設計されるLeawo PowerPoint to Video Proを利用することです。

Leawo PowerPoint to Video Proを選択する理由

まず、Leawo PowerPoint to Video Proは素晴らしいPPTからWMVへの動画変換ソフトであり、ソースパワーポイントファイル内のすべてのアニメーション、トランジション、サウンド、ビデオクリップがキープされたままでビデオ共有Webサイトやポータブルデバイスでパワーポイントコンテンツを表示できるように、パワーポイントをビデオとHDビデオに(PPTからMP4へ、PPTからAVIへ、PPTからWMVへ、PPTからiPad/iPhone/YouTube/Facebookへの変換も含む)変換するのに役に立ちます。次に、その多言語ユーザーインターフェースは使いやすくて、フランス語、ドイツ語、イタリア語、中国語(簡体字)と中国語(繁体字)などを対応出来ます。また、透かしを追加したり、背景音楽を挿入したり、リアルタイムのナレーションを記録したり、変換中にプロファイルとプロセスでスケジュール通りにビデオ設定を修正したりすることができます。次はこのソフトウェアでPPTをWMVに変換するガイドを見てください。

段階を踏んでLeawo PowerPoint to Video ProでPPTをWMVに変換するガイド

Leawo PowerPoint to Video Proをダウンロードしてインストールした後、それを起動して
以下のステップに従ってパワーポイントをWMVに自由に変換することができます。

ステップ1:パワーポイントファイルを追加する

「追加」アイコンをクリックしてソースパワーポイントファイルをこのプログラムに追加して、そして再生のためにロードされたPPTファイルをダブルクリックします。また、一度無制限の数のPPTファイルを追加してワンクリックでPPTをWMVに変換することができます。

add-ppt-files-1

ステップ2:出力形式を設定する

「ファイル形式」ドロップダウンリストからWMVを出力ビデオ形式として選択して、そして「保存先」でエクスポートされたファイルの出力フォルダを設定します。

format-settings-2

ステップ3:カスタイズ

「カスタマイズ」ボタンをクリックして変換設定を修正します。その中では、「タイミング」、「ミュージック」、「オーディオ」、「スライド」のそれぞれは、スライドの間の遷移時間の設定、PPTの背景音楽の設定、選択されたパワーポイントプレゼンテーションや全てのパワーポイントファイルからオーディオファイルを無視するかどうかを選ぶこと、元のスライドアスペクト比をキープするかどうかを決めることに対応しています。「変換」と「透かし」も含まれています。

customize-3