マーケティング事業に20年以上貢献してきたことを振り返ってみると、仕事とチームのために大量のPPTを集めてきました。自分のキャリアでは、これらの栄誉と成果を非常に誇りに感じています。今動画共有サイトではよりよく保存して共有できるようにこれらの一部をMPEG形式のビデオに変換するのに何の仕方もありません。非常に幸運なことに、このポストのおかげで、如何に高速な方法でパワーポイントをMPEGに変換するかは明確になります。パワーポイントをビデオファイルに変換するために同様な助けが必要である場合、参考までにこのポストを紹介します。

パート1.MPEGについて

ウィキで纏めた情報のように、Moving Picture Experts Group(MPEG)はオーディオおよびビデオの圧縮および伝送の標準を設定するためにISOおよびIECによって作成された当局のワーキンググループです。MPEGは圧縮形式とMPEG-1、MPEG-2、MPEG-3、MPEG-4のような付随基準を標準化します。.MPEG拡張子付きのファイルは最も汎用性のあるファイル形式として、Windows Media Player、VLC、QuickTime、iTunesとWinampなどのマルチフォーマットのメディアプレーヤーで開くことができます。一方、パワーポイントはメディアプレーヤーよりそんなに一般的ではないPPTプログラムや視聴ソフトしか開くことができません。従って、多くの人々はウェブサイトでPPTを共有したり、再生のためにこれらをお使いのモバイルデバイスに送信したりできるように、PPTをMPEGに変換する傾向があります。単にファイルの拡張子名を変更するだけで、PPTはビデオに変換されることができません。代わりに、PPTからビデオへの変換ソフトが必要です。

パート2.3つのPowerPoint MPEG変換ソフトおすすめ

以下の3つのパワーポイントからMPEGへの変換ソフトは強力なパフォーマンスがあるので、私のおすすめとなっています。

1. Leawo PPT to Video Pro

これはフォント、アニメ、サウンドなどの元のPPT効果をキープしたままでPPTをビデオファイルに変換するために最も高度なプログラムです。このプログラムは180以上の形式をサポートしており、自由、迅速、確実にPPTをAVI、MP4、WMV、MPEG-2やMOVなどの任意ビデオ形式に変換するのに開発されました。同時に、数多くの編集機能はビデオをよりプロ且つ素敵にさせるために提供されています。個人的な意見ですが、Leawo PowerPoint to Video Proは初心者とアデプトの両者に向けて最も安定的なPPTからビデオファイルへの変換ソフトです。

Leawo-PPT-to-Video-Pro

2. Xilisoft PowerPoint to Video Converter Free

それはPPTをビデオファイルに変換するための無料バージョンがあります。このプログラムを使うと、PPTはマイクロソフト・パワーポイントだけでなく、任意のメディアプレーヤーやモバイルデバイスを介して再生することができます。一方、PPTプレゼンテーションはYouTubeや他の動画共有サイトでアップロードして共有するように、YouTubeと互換性のある形式に変換することができます。

Xilisoft

3. Online-Convert

無料、使いやすさ、オンラインというメリットを持っているOnline-ConvertはPPTからMPEGへのオンライン変換ツールとオンライン無料動画変換ソフトの両方としてよく知られています。このプログラムは全体なプロセスには長時間がかかるが、無料であることで、多くの人によって使われています。

Online-convert

パート3.パワーポイントをMPEGに変換する方法

前述の3つのPPTからMPEGへの変換ソフトは動画変換では非常にプロです。ビデオの共有と再生のために、これらを利用してPPTスライドショーをMPEGに変換することができます。この部分では、PPTをMPEGに変換する手順に関して、Leawo PowerPoint to Video ProとOnline-Convertその2つの変換ソフトを紹介します。

方法1.Leawo PowerPoint to Video ProでパワーポイントをMPEGに変換する

ステップ1:Leawo PowerPoint to Video Proをダウンロードしてインストールする

以下のボタンをクリックして直接このプログラムをダウンロードしてインストールします。

ステップ2:このプログラムを起動してPPTスライドをこのプログラムに追加する

「追加」ボタンをクリックしてソースPPTをこのプログラムにインポートします。ここでは、時間を節約するためにPPTをバッチで追加するのを勧めます。必要に応じて以下のボタンをクリックすることによってスライドを削除、クリア、上下へ移動することができます。

Add-ppt-1

ステップ3:MPEGを出力形式として設定する

「ファイル形式」ボックスでは、「MPEG」を出力形式として選定します。そしてそれなりにオーディオとビデオ品質を指定します。ディレクトリは出力ボックスに設定される必要があります。

Set-output-format-2

ステップ4:PPTをMPEGに変換する前に出力ビデオパラメータを編集する

コーデック、ビットレート、フレームレートなどのオーディオとビデオパラメータを設定してビデオ出力品質を修正します。

Edit-parameters-3

ステップ5:PPTをMPEGに変換する

「Start」ボタンをクリックしてPPTからMPEGへの変換を開始します。このプログレスバーから、変換時間が分かります。全てのPPTは成功に変換された後、それなりのビデオファイルを入手することができます。

View-progress-4

方法2:PPTからMPEGへのオンライン変換ソフトでパワーポイントをMPEGに無料で変換する

ステップ 1: Online-Convertに移動します。

ステップ 2: PPTをウェブサイトにアップロードするか、またはURLを貼り付けて他のところからダウンロードします。

ステップ 3: 画面サイズ、ビデオビット、音声トラックなどのビデオパラメータを編集します。

ステップ 4: 「Convert file」をクリックしてPPTをMPEGに変換します。

Convert-ppt-to-MPEG-via-online-convert

PPTからMPEGへのオンライン変換ソフトはアップロード、ダウンロード、PPTからMPEGへの変換ではより長い時間がかかりますが、優れたツールです。まとめると、パワーポイントをMPEGに無料で変換したい場合、Online-Convertは良好な選択です。強力で信頼できるPPTからMPEGへの変換ソフトが欲しい場合、Leawo PowerPoint to Video Proは最高の選択となっています。