「USB でASUS(エイスース) の外付けのBD光学ドライブをNVIDIA 760搭載のcore i7パソコンに接続し、またHDMI経由でパソコンをフィリップス5500のテレビに接続し、3Dブルーレイディスクをドライブに挿入すると、映画メニューのところには2Dモードしか表示されなくて、3Dモードを選択できません。どうしてですか。」
PowerDVDで3Dブルーレイ映画を再生するとき、2D効果しか出せないトラブルに巻き込まれたことがありませんか。PowerDVDで3Dブルーレイ映画をうまく再生できないときがありませんか。この記事では、これらのトラブルが発生した原因、及びその解決案を提供します。



パート1:PowerDVDで3Dブルーレイを再生時に2Dモードしか表示されない

PowerDVD は高品質MPEG-1 や MPEG-2 ビデオを再生できるパソコン用動画再生ソフトです。パソコンにDVDドライブが搭載されば、PowerDVDはDVD、VCD、SVCD、ミニDVD、ビデオとオーディオファイルを再生できます。PowerDVDは観賞体験を上げるさまざまなインタラクティブな機能が備えます。CyberLink PowerDVD 12以降のバージョンのPowerDVDはクラ シックモードでもシネマモードでも、ブルーレイ3D、ブルーレイディスク、DVDフォルダを再生できます。


しかし、PowerDVDで3Dブルーレイを再生するとき、エラーが発生する声もありました。一部のユーザーはCyberLink PowerDVD 12以降のバージョンのPowerDVDで3Dブルーレイディスクを再生しても、再生不能です。また、PowerDVDで3Dブルーレイ映画を再生するとき、2D映画効果になってしまうケースもあります。これらのトラブルが起きる原因について、下記にて挙げられます。


  • 1.PowerDVD プログラムのエラー/バグ。トラブルが発生したのはPowerDVD プログラム自身による問題かもしれません。PowerDVD自体にバグもしくはコードエラーが発生するときがあります。
  • 2.PowerDVDで3Dブルーレイ映画を再生するには、3Dブルーレイ映画を読み込める3Dブルーレイレコーダードライブと3D効果を表現できる3Dテレビが必要です。
  • 3.アップデートされたディスクコピー。殆どの3Dブルーレイ映画ディスクはコピーガード付きです。PowerDVDが認識できないアップデートされたディスクコピー技術を採用した場合、PowerDVDは映画を再生できなくなります。
  • 4.グラフィックカードエラー。3Dブルーレイ映画を再生時に、3D映画効果を出すには、コンピューターのグラフィックカードは3Dをサポートしなければなりません。
  • 5.3Dブルーレイディスクもしくは映画ファイル自体に問題がある。ディスクもしくはファイル自体に問題があったら、どのメディアプレーヤーで再生してもエラーが発生します。


そのほか、ネット接続環境も肝心です。殆どの3Dブルーレイ映画ディスクはコピーガード付きなので、PowerDVDもしくはほかの3Dブルーレイ映画再生ソフトでコピーガードを解除し、映画を再生するときに、ネット接続環境が必要です。ネット接続エラーになったら、再生不能になります。PowerDVDで3Dブルーレイ映画を再生するとき、2D映画効果になってしまうことについて、下記にて解決案を提供します。


パート2:PowerDVDで3Dブルーレイを再生時に2Dモードしか表示されない解決案

上記にて、PowerDVDは3Dブルーレイ映画を再生時に、3D効果を出せない原因を説明しました。原因が特定された以上、対策も立てられるようになります。具体的には、下記をご参照ください。


  • 1.まず、PowerDVDをアップデートしてみてください。PowerDVD プログラム自体の問題で3Dブルーレイ映画を再生時に、3D効果を出せないなら、プログラムをアップデートすれば問題を解決できます。PowerDVDの公式サイトにアクセスし、最新版をダウンロードしてください。
  • 2.ブルーレイレコーダードライブは3Dブルーレイディスクと互換できるかどうかを確認します。ブルーレイレコーダードライブの問題であるかどうか、確認するために、ブルーレイレコーダードライブのメーカーに問い合わせしてもいいですし、3Dブルーレイディスクをほかのブルーレイレコーダーに挿入し、正常に再生できるかどうか試してもいいです。
  • 3.テレビもしくはほかのディスプレイは3Dと互換できるかどうかを確認します。3Dテレビが提供した3D効果は3Dブルーレイディスクと一致しない場合、3Dブルーレイ映画の3D効果を出せません。
  • 4.ソースとしての3Dブルーレイ映画は正規版であるかどうかを確認します。
  • 5.グラフィックカードは3Dブルーレイディスク再生をサポートできるかどうかを確認します。メーカーに問い合わせ、もしくはネットで関連情報を検索、いずれも確認できます。
  • 6.インタネットに適切に接続されているかどうかを確認します。
  • 7.上記の対策で問題を解決できない場合、CyberLinkサポートセンターにお問い合わせすれば、プロの解決案は提供されます。


ほかにも、PowerDVDを代替できるほかのメディアプレーヤーを利用するとか、3Dブルーレイ映画をPowerDVDが対応できるビデオファイルに変換するとか、さまざまな方法があります。


パート3:MakeMKVで3DブルーレイをPowerDVDと互換できる形式に変換

上述のように、3Dブルーレイ映画をPowerDVDが対応できるビデオファイルに変換したら、無制限に正常に3Dブルーレイ映画を再生できるようになります。MakeMKVは3Dブルーレイを直接3D SBS MKVにリッピングできる一流の3Dブルーレイ変換ソフトの一つです。MVC(3D MVC(Multiview Video Coding)とも呼ばれる)はMPEGとVCEGが共同で開発したH.264/MPEG-4 AVCビデオ圧縮規格です。MPEG4-MVCは左目用の画像を基準とし、右目用の画像はその差分として符号化することで、全体的なデータ量を2D映像の50%増程度に抑えることができて、既存の3D非対応ブルーレイディスクプレーヤーでも、1080i/pのフルHD映像を再生できる後方互換性を備えています。



MakeMKVで3Dブルーレイを3D SBS MKVにリッピングするプロセスは以下のようです。

  • ステップ1:最新版のMakeMKVをコンピューターにダウンロード&インストールします。
  • ステップ2:ブルーレイ3DをHTPCに挿入し、MakeMKVを立ち上げます。起動後、MakeMKVは自動的にディスクの暗号化を解除できます。
  • ステップ3:光ディスクの形のアイコンをクリックすると、MakeMKVはディスクを読み込み、そのコンテンツを表示します。MakeMKVのインタフェースからリッピングしたいディスクコンテンツを直接選択できます。
  • ステップ4:必要に応じて、出力ビデオにキープしたいトラックを選択します。メイン映画をクリックし、MVCボックスをチェックすれば、MakeMKVは自動的にロスレス品質でブルーレ3D MVCをAVCトップダウン(もしくはフレームパッキング方式)にリッピングします。出力ファイルはオリジナル品質そっくりのコピーガードフリーのファイルです。
  • ステップ5:トラックを選択後、「3D MKV」をクリックすれば、MakeMKVは映画ファイルを変換し始めます。


ご注:ディスクは複数のタイトルを持つ場合、タイトルごとに一つのファイルが生成されます。ブルーレイリッピングプロセスは結構時間がかかります。終わるまでしばらくお待ちください。


パート4:Leawo Blu-ray変換で3DブルーレイをPowerDVDと互換できる形式に変換

Leawo Blu-ray変換は3Dブルーレイ映画の暗号化を解除でき、映画をPowerDVDプレーヤーの対応形式にリッピング&変換できる最高の3Dブルーレイ変換ソフトです。プロのブルーレイ暗号解読&リッピングツールとして、Leawo Blu-ray変換はAACS、BD+、と最新のMKBプロテクトで暗号化されるブルーレイディスクとCSS-DVDディスクを解読、リッピング、変換できます。リージョン制限も同じく解除可能です。4Kブルーレイ映画の暗号化を解除し、4K MP4、4K MKV、HD MP4、HD AVIなどの形式に変換し、HD映画鑑賞体験をお届けできます。このブルーレイライティングソフトがあれば、映像コーデック、品質、ビットレート、フレームレート、アスペクト比、チャンネル、オーディオコーデック、解像度などの出力ビデオとオーディオパラメーターを調整できます。6種類の3D効果を出力可能なので、所持の3Dテレビもしくはスクリーンディスプレイによってソースの3Dブルーレイ映画の3D効果を変更できます。


media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray変換

☉ Blu-ray/DVDを任意形式の動画/音声に変換保存!
☉ 出力字幕と音声トラックを自由選択!
☉ 実用な使いやすい編集機能!
☉ 映画館並みの映像体験を提供!
☉ 高速変換速度およびシンプルなインターフェース!

無料体験 無料体験


Leawo Blu-ray変換をダウンロードし、コンピューターにインストールします。PowerDVDで3D Blu-ray映画をスムーズに再生するには、Leawo Blu-ray変換を利用して、3D Blu-ray映画を変換します。

注意:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaというオールインワンメディア変換ソフトのモジュールの一つです。

ステップ1:Leawo Blu-ray変換を起動

Leawo Prof. Mediaを起動し、「変換」タブをクリックし、Blu-ray変換モジュールに入ります。


ステップ2:ソースブルーレイを追加

「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、3D Blu-ray映画をインポートします。


注意:Blu-ray/DVD映画をロードするには、Leawo Blu-ray変換は三つのモードを提供しています。
フルムービー:Blu-ray/DVDの全てのコンテンツをロードする
メインムービー:一番長い(メイン映画)タイトルをロードする
カスタムモード:自由に任意のタイトルを選択してロードする


ステップ3:出力形式を設定

出力形式を選択するには、「写真を追加」の隣にあるプルダウンメニューの「変更」アイコンをクリックし、「フォーマット別」グループから「MP4 Video」を出力形式として指定します。


プルダウンメニューの「編集」ボタンをクリックすれば、MKVファイルのビデオとオーディオパラーメータを調整できます。例えば、ビデオコーデック、オーディオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、チャンネル。


ステップ4:3D効果を調整

Leawo Blu-ray変換は「レッド/シアン」、「レッド/グリーン」、「レッド/ブルー」「ブルー/ イエロー」、「インターリーブド」、「サイド・バイ・サイド」という六つの3D効果タイプを提供します:。お使いのテレビによって、一つを選んでください。追加した3D Blu-ray映画の右にある「編集」ボタンをクリックし、3D効果を設定するパネルで3D効果を調整できます。


ステップ5:出力先を設定し、変換開始

大きな「変換」ボタンをクリックし、出力先を設定します。最後に、下の「変換」ボタンをクリックし、3D Blu-ray映画をMP4形式に変換します。


変換プロセスがすぐに終わります。変換が完了したら、PowerDVDで3D Blu-ray映画をスムーズに再生することができます。


パート5:まとめ

Leawo Blu-ray変換とMakeMKVの相違点を知りたい場合、次の比較表をご覧下さい。

 

Leawo Blu-ray変換

MakeMKV

Blu-ray/DVDムービーをリッピングしてビデオに変換する

暗号化された2D / 3Dブルーレイディスクを復号化する

Blu-rayディスクのリージョン制限を回避する

ブルーレイムービーを再生する

×

Blu-ray/DVDムービーを編集する

トリミング、トリミング、効果の調整、透かしの追加、回転など。

×

3D効果を適用する

×

字幕を選択する

×

ファイルをマージする

×

Blu-ray / DVDを4Kビデオに変換する

×

Blu-ray/DVDをマルチトラックMP4/MKVに変換する

×

Blu-ray/DVDをオーディオに変換する

×

出力形式

MP4、AVI、MKV、FLV、MOV、M4V、WMV、MP3、AAC、FLACなど200種類以上

MKV