MPEGは一般的なビデオファイル形式として広く使用されています。ほとんどのメディアストリーミングやオンラインビデオもMPEG形式を使用しています。MPEG形式のビデオが多くなると、コンピュータ上のスペースを占有してしまいます。より多くのデジタルデータを保存するために、容量を解放したい場合はどうしますか。このようなMPEGビデオをDVDディスクに書き込むのは最適です。MPEGをDVDに書き込むには、強力なMPEG-DVD書き込みソフトを使う必要があります。DVD変換ソフトをどのように使ってMPEGファイルをDVDに無料で書き込みますか。この文書では、次のDVD書き込みプログラムを参照して解決策を説明します。

パート 1: DVD と MPEG

MPEGは、動画圧縮方式、動画や音声を圧縮・伸張する規格の一つです。。規格を策定した組織、Moving Picture Experts Groupの略称が規格名に使われている。動画のコマ間の差分を記録する圧縮方式。ビデオCDなどに使われるMPEG-1、DVDや放送メディアに使用されるMPEG-2、ネットワーク配信や携帯端末向けのMPEG-4などがある。

MPEGフォーマットの動画があれば、DVDの作成が簡単です。オーサリングソフトウェアを利用して、MPEG動画ファイルをDVD-Video形式に変換して、動画をDVDへ簡単に書き込むことができます。DVDとは、コンピュータをはじめとする情報機器でデータ記録メディアとして利用される光学ディスクの一種で、普及しています。

about-MPEG

パート2: WinX DVD Authorを使ってMPEGをDVDに無料で書き込む方法

MPEGをDVDに無料で書き込むには、特定のMPEG-DVD書き込みソフトを入手する必要があります。選択できるオプションがあります。ここでは、最も優れたMPEGをDVDに書き込むソフトウェアを2つ紹介します。1つ目はWinX DVD Authorです。2つ目のサードパーティ製編集機能付きのMPEG-DVD書き込みソフトはLeawo DVD作成です。この2つのDVD作成ソフトを初めてお聞きになる場合は、以下で詳しい説明をご覧ください。

WinX DVD Authorについて

Windows版WinX DVD Authorは、MP4、AVI、VOB、MPEG、FLV、MOVI、ISOなどのデジタルファイルを簡単かつ正確にDVDディスクに書き込むことができる強力なDVD書き込みソフトです。また、ユーザーは、DVDメニュー、字幕、その他の関連要素などを、個人の要求に合わせてホームビデオDVDを書き込むことができます。WinX DVD Authorのインストーラにアドウェアがバンドルされていないため、簡単に使用できます。DVD+/-RおよびDVD+/-RW、DVD DL+RおよびDVD DL+/-RWをサポートし、優れた出力画質および音質を実現します。YouTubeが好きなら、このDVD作成プログラムはYouTube動画のダウンロードをサポートしています。さらに、PAL/NTSCに対応しています。ただし、このDVD書き込みソフトはすべてのMP4ファイルをサポートしているわけではなく、ビデオの読み込み時間も長いです。

WinX DVD AuthorでMPEGファイルをDVDに書き込む方法

Step 1: まずはWinX DVD Authorをダウンロードして、PCにインストールします。

Step 2: 空のディスクをDVDドライブに挿入します。MPEGファイルが収める十分な容量を確保します。

Step 3: WinX DVD Authorを開いて、MPEGファイルをソフトウェアに取り込みます。動画ファイルをソフトウェア主画面にドラッグ&ドロップすることができます。

How-to-burn-with-WinX

Step 4: DVDメニュー作成やMPEGファイル編集。WinX DVD AuthorでDVDメニューのテンプレートが選択できます。MPEGファイルの編集も可能です。動画時間のカット、動画画面の調整、動画字幕追加などができます。

Step 5: DVD焼くプロセス開始。出力ファイルの形式や保存場所を確認して、「開始」ボタンをクリックして、書き込みのプロセスが開始します。動画ファイルのサイズによって、焼く時間も変わります。プロセスの完了までお待ちください。

パート3.Leawo DVD作成を使ってMPEGをDVDに書き込む

上記のMPEGからDVDへの書き込みプログラム以外に、Leawo DVD作成を利用することもできます。Leawo DVD作成は簡単な手順で包括的な再生ソリューションを提供しています。Leawo DVD作成を使用してコンピュータで再生できるDVDディスクを作成する下記の説明を参照してください。

Leawo DVD作成について

Leawo DVD作成は、包括的な書き込み機能と、質を損なうことのない書き込み速度の両方で非常に優れています。ここ数年で最も強力なDVD書き込みプログラムの1つとなったLeawo DVD作成を使用すると、カスタマイズした機能を維持したままDVDディスクにファイルを書き込むことができます。MPEG、MKV、MP4、WMV、Xvid、MOV、FLVなど180以上のフォーマットを通常6倍の速度でDVD-5またはDVD-9ディスクに書き込むことが可能です。インテル@クイック・シンクロ高速化技術を適用したLeawo DVD作成はMPEGビデオを高速でDVDに急速に書き込むことを確報します。さらに、Leawo DVD作成は、元のビデオの画質を保ちながら、ビデオをDVDに書き込むことができるため、再生するDVDの画質は元のビデオと変わりません。また、トリム(カット)、切り抜き、透かしの追加などのビデオ編集機能を使い、独自スタイルの作品に仕上げることもできます。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ 品質の損失なしにMP4、AVI、MKVのようなすべてのビデオファイルをDVDに焼く可能

☉ DVD+R/DVD-R、DVD+RW/DVD-RW全てのDVDメディアに対応

☉ 複数のメニューテンプレートとカスタムデザインが搭載

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

How to burn MPEG to DVD with Leawo DVD Creator

ステップ 1: 上記のボタンからLeawo DVD作成をPCにダウンロードして、インストールします。

ステップ 2: 空のディスクをPCのDVDドライブに挿入した後、ソフトを開きます。

ステップ 3: 「動画を追加」ボタンをクリックして、DVDに書き込みたいコンテンツをソフトに追加します。追加された動画の概要が表示されます。
ソフトウェア左下隅に書き込み先ディスクの規格、動画のアスペクト比、書き込みのスピードなどが設定できます。

Leawo-DVD-Creator 1

ステップ 4: ソフトウェアの右のメニューバーでDVDのメニューが作成できます。
メニューのテンプレートを選択した後、メニューの背景、BGMが変更できます。メニューが要らない場合、「No Menu」を選択ください。

Leawo-DVD-Creator 2

ステップ 5: 動画概要での「編集」ボタンをクリックすると、動画編集画面で、動画に透かしを追加、動画の時間をカット、動画を3Dかなどの操作ができます。

Leawo-DVD-Creator 3

ステップ 6: 全ての設定が完了した後、動画の書き込みが開始できます。ソフト右上で「書き込み」ボタンをクリックして、動画をISOファイル、DVD-Videoフォルダに作成するか、または空のディスクに焼くことができます。
書き込みのプロセスが開始した後、一時停止ができます。

Leawo-DVD-Creator 3

動画ガイド|Leawo DVD作成

パート 4: Leawo DVD作成とWinX DVD Authorの比較

WinX DVD AuthorではMPEGをDVDに無料で書き込むことができますが、制限があるため、最終出力のDVDディスクに影響を与える可能性があります。追加情報として、WinX DVD AuthorとLeawo DVD作成を以下の点で比較します。

    より速い書き込み速度: Leawo DVD作成は、Intel Quick Sync高速化技術により、180形式のビデオを6倍の速度で書き込むことができます。一方、WinX DVD Authorはデジタルビデオの読み込み速度が遅いです。

    写真書き込み機能: WinX DVD AuthorはすべてのMP4ファイルをサポートしているわけではありませんが、Leawo DVD作成は一般的なデジタルビデオ形式をすべてサポートし、元の画質を100%維持します。

    付属のカスタマイズ機能: Leawo DVD作成は基本的な書き込み機能に加え、写真スライドショーをDVDディスクに書き込む機能も備えています。

    Additional customized features. Leawo DVD作成は基本的な書き込み機能に加え、ビデオのトリム(カット)、切り抜き、3Dムービー効果、透かしの追加など、独自スタイルのビデオに編集することができます。

    DVDテンプレート: Leawo DVD作成にはよりも多くのメニューテンプレートがあります。数種類のディスクメニューテンプレートしかないWinX DVD Authorとは対照的です。さらに、メニューテンプレートをDIYしたり、独自の環境設定に合わせてテンプレートを編集したりすることもできます。