デジタル時代において、マルチメディアへの需要がますます高まってきました。ある意味では、現代社会の娯楽活動はマルチメディアによって支えられています。それに応じて、マルチメディアの再生品質はどんどん改善され、完璧化されます。その結果として、さまざまなフォーマットのマルチメディアリソースが現れました。マルチメディアに注意を払った方はMP4とM4Vを知っているはずです。ざっと見ると、同じものだと間違えられやすいですが、実は微妙に違っています。区別するために、下記には両者の主な違いを説明します。

パート1:MP4、M4Vとは何でしょう。

M4VとMP4の違いを説明する前に、M4VとMP4そのものを説明する必要があります。MP4(エムピーフォー)はデジタルマルチメディアコンテナファイルフォーマットです。ビデオやオーディオを格納するのによく用いられ、他にも字幕や静止画なども格納できます。MPEG-4規格の一部で、MPEG-4 Part 14(正式にはISO/IEC 14496-14:2003、ISO/IEC JTC 1)で標準化されています。もっとも広く使われるマルチメディアコンテナファイルフォーマットとして、MP4はほとんどのメディアプレーヤーとデバイスと互換できます。さまざまなオペレーティングシステムでネットを通してストリーミングされます。同じマルチメディアコンテナファイルフォーマットとして、M4VはMP4と共通する点が多いですが、独自の特徴もあります。M4Vはアップルがビデオ、映画などをエンコードするために開発した特殊なビデオコンテナフォーマットです。つまり、M4VはiPhone、iPodなどのアップル製品向けのフォーマットで、iTunesで開かれます。iTunesから購入したほとんどのM4VファイルはアップルのフェアプレイDRMコピー保護つきなので、アップルデバイスもしくはほかの著作権保護つきのサードパーティメディアソフトでしか再生されません。

mp4-vs-m4v

パート2:MP4とM4Vの違い

違う用途にデザインされたため、MP4とM4Vはさまざまな面では違います。下記にて、開発者、データストリーム、メタデータ、およびメリットとデメリットの面から詳しく説明します。

No. 1開発者

MP4は国際標準化機構、略称 ISOにより開発され、多くのメディアプレーヤーとデバイスで再生されます。M4Vはアップルが開発したDRM保護つきフォーマットで、テレビ番組、音楽と映画のストリーミングに利用されます。

mp4-vs-m4v

No. 2データストリーム

MP4にとって、ストリーミング情報は公式コーデックがMPEG-4 Part 10、AACAとMPEG-4 Timed Textの単独のトラックに焼き付けられます。M4VはiTunesや、QuickTimeで再生するためにALACを採用したiOSデバイスで利用されます。

mp4-vs-m4v

No.3メタデータ

メタデータ(metadata)、メタ情報とは、メタなデータ、すなわちデータについてのデータという意味で、あるデータが付随して持つそのデータ自身についての付加的なデータを指します。一般的に言えば、MP4とM4Vは同じコンテナファイルを持っています。より多くのデータを格納するために、MP4はメタデータレジストリを採用します。一方、M4Vファイルのデータはメタデータ・リポジトリに保存されます。

mp4-vs-m4v

No. 4:メリットとデメリット

MP4ファイルは保存されやすく、簡単にコピーされたり、アップロードされたりというメリットを持っていることに対して、M4VはDRM保護つきなので、安全性に優れて、さらにコンソールに認識されるという特徴を持っています。MP4オーディオチャネルは48 KHZチャネルでしか使われなくて、比較的に簡単なコーデックを採用します。M4Vファイルはアップルデバイスでしか使われなくて、付加のアプリがないと、変換されにくいです。

mp4-vs-m4v

パート3:Leawo HD動画変換プロでM4VをMP4に変換

より多くのデバイスで再生するために、サードパーティ変換プログラムで多くの相違点を持つMP4とM4Vを相互変換できます。Leawo HD動画変換プロは100%のオリジナル品質を保つ前提で6Xの超高速でMP4とM4Vを多数のビデオフォーマットにリッピングできます。ロスレス品質で180種類以上のビデオとオーディオフォーマットの相互変換をサポートします。Leawo HD動画変換プロがあれば、ユーザーはファイルマージ、メディア編集、3D映画作成、パラメーター調整などを設定できるため、MP4とM4Vビデオをカスタマイズできます。

ステップ 1. Leawo HD動画変換プロをダウンロードし、コンピューターにインストールします。

leawo-video-converter

ステップ 2. M4V ファイルをMP4に変換することを例として説明します。まず、M4Vファイルをロードします。「ビデオを追加」ボタンをクリックすることや、直接メインメニュにドラッグすることによって、M4V ファイルを導入します。

leawo-video-converter

ステップ 3.出力形式を設定。青いアイコンの「変換」ボタンの隣のフォーマットボタンをクリックし、「変更」をクリックし、「プロファイル」パネルにアクセスして、出力形式を選択します。ここで、「HD MP4 Video」を選びます。

leawo-video-converter

ステップ 4. HDビデオパラメーターを設定。前述のフォーマットボタンをクリックし、「編集」をクリックして、編集パネルにアクセスします。そこで、映像コーデック、ビットレート、解像度、フレームレートとアスペクト比を設定できます。

leawo-video-converter

ステップ 5. 変換開始。メインインタフェースの青い「変換」ボタンをクリックし、M4VファイルをHD MP4に変換します。その前に、保存先でファイルの保存場所を指定できます。最後に、下の「変換」ボタンをクリックすれば、変換プロセスが始まり、数分間に完了できます。

leawo-video-converter

パート4:Leawo Blu-ray PlayerでMP4あるいはM4Vを再生

MP4もしくはM4Vを入手した後、再生するには強力なメディアプレーヤーが必要です。
ここでLeawo Blu-ray Playerをおすすめします。

関連記事:【無料】Windows 7/8/10でDVDを再生する方法おすすめ

media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray Player

無料でBD/DVD/ISO/HD動画/4K動画再生可能!
☉ Blu-ray/DVDをリージョンフリー再生!
☉ MP4、AVC、MTS、MKV、AVCHDなどの音声/動画形式に対応!
☉ 映画館並みの映像空間を創出、最高の映像体験を提供!
☉ マルチアングルディスクに対応!

無料体験 無料体験

オールインワンのフリーメディア再生ソフトとして、Leawo Blu-ray Playerはすべてのメディア再生(ブルーレイ、DVD、CD、HD(4K)、MPEG、WMV等を含む)を堪能できて、最高の視聴体験を提供されます。先進的なイメージとオーディオ処理技術を採用したため、Leawo Blu-ray Playerは映画館並みの鑑賞体験をお届けします。それに、ユーザーは好みによってパラメーターを調整できます。すべての設定は自動的に完了できます。

終わりに

上記で、MP4とm4vについて紹介しました。要するに、MP4とM4Vはたくさんの共通点を持っても、上記の情報を参考しながら、簡単に区別できます。MP4あるいはM4Vフォーマットを変換したいなら、Leawo HD動画変換プロを使えば、ロスレス品質でファイルを転送できます。