HD高画質と大容量の特徴を持つブルーレイディスクが数年前に発売されて以来、凄まじい勢いで市場の大半を占めてきました。HD映画を提供できるので、最近ますます人気が高くなってきて、現在、誰でも手軽に入手できます。

パート1:ブルーレイについて

現在、ブルーレイ書き込みソフトを利用してほかの形式のビデオをブルーレイに焼く需要が高まってきました。ブルーレイとは何でしょうか。どうしてブルーレイの人気がこんなに高いでしょうか。簡単に言えば、ブルーレイはHDビデオとデータを格納するためにデザインされた光ディスク規格です。2006年、DVDと取り替えるために、ブルーレイが発売されて、HD-DVDとして知られています。ブルーレイは青色レーザーの略称で、データの読み書きに採用されます。DVDと比べると、青色レーザーはより高密度に情報を記録することが可能です。同じ大きさのディスクでも記録できる容量が2倍から4倍程度に向上できます。ブルーレイディスクのストレージはディスク種類(たとえば、BD25とか、BD50とか)によって違います。要するに、大容量と高画質の面から見ると、ブルーレイはほかのメディアフォーマットよりはるかに優れていて、ユーザーにより優れた観賞体験をもたらせます。

パート2:Mac向けのブルーレイドライブ5選

上述のように、ブルーレイはますます人気が高まり、ブルーレイへの需要も高くなってきました。ほかのメディアフォーマットと比べて、ほとんどの人はブルーレイ映画を選択する傾向があります。従来のDVDドライブはDVDディスクだけをサポートできて、ブルーレイを再生できません。ブルーレイを焼くには、ブルーレイドライブを用意する必要があります。この記事では、Mac向けの内蔵ブルーレイドライブをご紹介します。五つの最高のMac向けのブルーレイドライブを少しずつ説明してきます。引き続き読み上げてください。

No. 1 LG 16X内蔵ブルーレイライターーWH16NS40

まず、WH16NS40というMac向けのLGブルーレイドライブを紹介します。WH16NS40は効率か高いMac Pro向けの内蔵ブルーレイドライブで、2006-2012のMac Proモデルと互換できます。16Xの超高速でブルーレイディスクを読み込んだり、書き込んだりできて、最大で128GBのビデオ、オーディオ、写真などのデジタルファイルを四層BD-Rディスクに書き込めます。WH16NS40があれば、Mac Proユーザーは手順によると、書き込みプロセスを完成できます。SATA技術を内蔵したので、より早く作動できます。また、Roxio Toast 17 TitaniumとHDプラグインも含みます。

internal 1

No. 2 Pioneer/パイオニア 内蔵ブルーレイドライブBD-RW( BDR-206D)

Macコンピューターはスリムな内蔵ドライブしか使えないため、Pioneer/パイオニア 内蔵ブルーレイドライブBD-RW( BDR-206D)を利用してみてください。このMac向けの内蔵ブルーレイドライブはSATAケーブルを通してMacに接続し、実行します。16 Xの高速度にデータを書き込め、さらに大量なデジタルデータを格納できます。操作方法もごく簡単です。簡単な手順で必要なビデオをブルーレイに書き込み、またビデオを焼く前にビデオを編集できます。パイオニアはファームウェアインストーラーに基づくウィンドウを一つしか持っていなくて、Snow Leopardと完璧に互換できます。実行中にトラブルが起こす場合、再インストールし、ウィンドウを閉じれば、再度にMacに認識されます。

internal 2

No. 3 iMac用の MCE内蔵ブルーレイスーパードライブ

Mac向けの強力な新型内蔵ブルーレイライターとして、MCE内蔵ブルーレイスーパードライブはMacでさまざまなビデオをブルーレイに焼け、最大で8.5GBデータを単層ブルーレイディスクに書き込める便利なMac向けの書き込みソフトです。また、8Xの高速度でDVDに記録できます。それに、さまざまなメカニズムを便利にロードできます。さらに、iTunes、iPhoto、Apple DVD playerなどのソフトを完璧に互換できます。ブルーレイを焼くほかに、Macで保存されたファイルも簡単で正確に書き込めます。インストールする方法も簡単です。簡単なステップを従えば、インストールでき、アップグレードが必要のときに、アップグレードすればいいです。

internal 4

No. 4パナソニックUJ235Aウルトラスリム ブルーレイドライブ

MacBook Proは12mmドライブをサポートします。Macユーザーにとって、パナソニックUJ235Aウルトラスリム ブルーレイドライブは理想的な内蔵ブルーレイドライブです。パナソニックUJ235Aウルトラスリム ブルーレイドライブはドライイブに適合し、バッファリングなしでOS Xシステムと互換できます。しかし、上述のドライブと違って、このドライブの書き込み速度はそれほど速くないです。優れたMac向けの内蔵ブルーレイドライブが少ない現状では、基本的な書き込み機能を望むなら、パナソニックUJ235Aウルトラスリム ブルーレイドライブを試すのもいい方法です。

internal 3

No. 5 LG WH10LS30

上記にお勧めしたMac用の内蔵ブルーレイドライブに満足できない場合、LG WH10LS30を試してみてください。このブルーレイライターはMac Pro 5.5(2010年に発売)と互換できます。簡単なステップでビデオをMacに書き込めます。多くのユーザーはToast Titaniumプログラムを利用してデジタルデータをブルーレイディスクに書き込みます。書き込みプロセスは10分ほどかかります。ラベリングする必要もなく、LightScribe(ライトスクライブ)機能を持つLG WH10LS30もメディアの文字や画像などを直接個人用のディスクに書き込めます。この書き込みソフトは間違いなくブルーレイディスク書き込みに必要不可欠なツールです。

internal 5

パート3:Leawo Blu-ray作成 for Mac―ブルーレイを焼ける強力な書き込みソフト

上記で五つの最高のMac向けのブルーレイ書き込みソフトをおすすめした。ご自分のMacシステムに合う内蔵ドライブを見つければ幸いです。内蔵ドライブを入手した後、ブルーレイディスクを焼けるソフトも必要です。市場にはさまざまなブルーレイ書き込みソフトがあります。この記事では、その中でもっとも優れたLeawo Blu-ray作成 for Macをおすすめします。プロ的で、多機能なブルーレイ書き込みソフトとして、Leawo Blu-ray作成 for Macはオリジナル品質を保つ前提で、RMVB、MKV、MP4、WMV、Xvid、MOV、FLVなどの180+フォーマットのビデオと写真をブルーレイ/DVDに書き込めます。Macユーザーに40+ DVDメニューテンプレートを提供します。また、ビデオを編集する機能も備えています。たとえば、ビデオの長さのトリム、ビデオウォーターマークの追加、ビデオサイズの切り抜き、ビデオを特定な角度に回転などを行えます。さらに、スライドショー動画を作成でき、写真をブルーレイ/DVDディスクに書き込めます。ISOファイルを空白のディスクに焼く機能、とビデオをブルーレイフォールダに変換する機能も備えています。Leawo Blu-ray作成 for Macがあれば、ISOファイルをブランクのディスクに書き込めたり、ビデオをブルーレイフォルダもしくはブルーレイディスクに変換できます。Leawo Blu-ray作成 for Macが内蔵したビデオプレーヤーを通して、焼かれたブルーレイディスクを直ちにプレビューできたり、コンピューターに保存されたビデオを再生したりできます。もっとも魅力的には、Leawo Blu-ray作成 for Macは2Dビデオに3D効果を追加できます。全体から見ると、ほかのMac向けの書き込みソフトと比べると、Leawo Blu-ray作成 for Macのほうは機能が豊富で、人気が高いです。

dvd-creator

Leawo Blu-ray作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをBlu-rayディスク/DVDに焼く

☉ BD-25, BD-50, DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAMなどのDVD/Blu-rayメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオ編集可能

☉ チャプター付きで動画をBlu-rayディスクに作成

無料体験 無料体験