「iPadでブルーレイ映画を再生する方法がありませんか?先日、友達からiPad mini 2をもらいました。たくさんの1080Pブルーレイ映画がディスクに保存されているため、iPad mini 2でそれらのブルーレイ映画を見たいが、どうしたらいいかよく分かりません。iPad mini 2 または iPad miniでブルーレイ映画を再生するブルーレイプレーヤーなどがありませんか?」  

周知のように、すべてのiPadのモデル(iPad mini、iPad Air、New iPad、iPad Pro)にはBlu-rayドライブが搭載していないため、今はiPadでブルーレイ映画を直接再生するBlu-rayプレーヤーがありません。
この記事では、iPadの対応形式およびMacでブルーレイ映画をリッピング・変換して、iPadに転送する方法を案内させていただきます。



iPad対応のビデオ・オーディオフォーマット

Blu-ray映画をiPad用のビデオファイルに変換するために、iPadが対応するビデオ・オーディオフォーマットを了解する必要があります。詳しくは以下の表のチェックしてください。

  対応ビデオフォーマット: 対応オーディオフォーマット:
iPad Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP (SP2或いはそれ以上) HE-AAC (V1), AAC (16~320 Kbps), 保護されている AAC (iTunesストアからのMP4), MP3 (16~320 Kbps), MP3 VBR, オーディブル(フォーマット2、3、及び4), Apple ロスレス、 AIFF、 WAV

また、iPadは、H.264またはMPEG-4コーデックでMOV、MP4、およびM4Vをサポートしています。
もしお手元のビデオファイルがiPadで対応されていない場合は、動画変換ソフトを利用して、ファイルをiPadで対応されフォーマットに変換する必要があります。


MacでBlu-ray映画をiPadにリッピングする方法

iPad mini、iPad Air、New iPad、iPad ProでBlu-rayディスクを再生するために、ブルーレイリッピングソフトを利用して、Blu-rayディスクのコンテンツをiPadがサポートしているビデオフォーマットに変換する必要があります。
良いソフトウェアを使うと、Macユーザーが簡単にBlu-rayをiPad用のビデオに変換することが可能です。

Leawo Blu-ray変換 for MacはMacでブルーレイディスクをリッピングするのに最適なソフトウェアです。ブルーレイディスクだけではなく、DVDディスクの変換もサポートします。一般動画形式(MP4、MOV、MKV、FLV、F4V、AVIなど)、HD動画(HD MP4、HD MKV、HD MOVなど)、4K動画(4K MP4、4K MKV)が含めて様々な動画と音声ファイルを出力可能です。また、最新リリスされた市販ブルーレイでもレンタルDVDでもオリジナル品質のまま変換できます。更に、高度自由の変換方式、高速の変換スピードや高品質の変換出力を提供して、ユーザーに映画館並みの一層高質な映像体験を提供られます。


関連記事:【2019年版】最高のブルーレイ暗号化解除ソフト

blu-ray-player

Leawo Blu-ray変換 

☉ 任意BLu-rayディスクも簡単に変換・リッピング

☉ BD・DVDディスクをisoファイル/あらゆる動画形式に変換

☉ フルムービ、メインムービーまたはカスタムモードでBD・DVDを変換

☉ 高品質かつ高速でディスクを変換

無料体験 無料体験


Blu-rayディスクを変換する前に、MacでLeawo Blu-ray 変換 for Macをダウンロード、インストールしてください。次に、下記の手順に従えばいいです。

ステップ1. Blu-ray映画をロードします
Leawo Blu-ray 変換 for MacはBlu-ray ディスク及びBlu-ray フォルダがサポートしています。 「BD/DVDを追加」ボタンをクリックして、ソースのBlu-rayディスク/フォルダを追加します。Blu-ray ディスクを変換したい場合は、「BD/DVDを追加」ボタンをクリックする前に、Blu-ray ディスクをBlu-rayドライブに挿入してください。

Load Blu-ray Movies


ステップ2.出力設定
「変換」ボタンの前にあるクリック可能のドロップダウンボックスをクリックして、「変更」オプションを選択し、「プロファイル」フレームに入ります。「フォーマット別」オプションからiPad タブレット適応のMP4、MOV、またはH.264形式を選択します。必要に応じて、「デバイス別」グループからiPadを直接選択することもできます。

set output format


ヒント:出力プロファイルを設定した後、再度ドロップダウンボックスを開いて、「編集」オプションを選択します。ここでは、出力パラメータを調整することができます。例えば、ビデオコーデック、オーディオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、チャンネル、その他のビデオ/オーディオパラメータ。

Advanced Video and Audio Settings

出力プロファイルの設定が終わったら、メインインタフェースに戻ります。緑色の「変換」ボタンをクリックして、サブメニューバーが表示します。ポップアップサイドバーで、出力ディレクトリを設置します。

set output directory


ステップ3. MacでBlu-ray映画をiPad用に変換します
ポップアップ・サイドバーで、「変換」ボタンをクリックして、Blu-rayをiPadへ変換させます。

convert Blu-ray to iPad mini 2


Macで変換したBlu-ray映画をiPadに転送する

変換が終わったら、ステップ2で設定した出力ディレクトリフォルダを開いて、変換したブルーレイ映画(今はiPadで対応されているビデオフォーマットになります)をiTunesにインポートします。iPadタブレットをコンピュータに接続し、ブルーレイ映画を同期します。これで、MacでBlu-ray を iPadに転送完了です。更に、iCloudを利用して、ブルーレイ映画を同期することもできます。

注意:Leawo Blu-ray 変換はWindowsデバイスのために開発され、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10でブルーレイをiPad mini 2のようなiPadモデルで対応されているビデオフォーマットに変換することができます。例えば、iPad Air、New iPadとiPad Pro。