「皆さん、こんにちは。イタリアから参りました。不明な原因でISOファイル(オーディオファイルです。jRiverライブラリにビデオファイルを入れていないので)を再生できなくなってしまったので、助けを求めています。再生するたびに、エラーメッセージが現れます。三、四年前に、jRiverを利用し続けていますが、数週間前に、MC24を利用し始めました。また、数月前に、ライブラリを一時的にNASからコンピューターに移動しました。これらの原因でISOファイルを再生できなくなるかもしれません。ファイルの関連付けを変更してみたんですが、改善されません。各フォーラムでも解決案を見つかれませんでした。問題を解決できる方法があったら、ぜひ教えてください!よろしくお願いいたします。」

上記のように、jRiver Media CenterでISOファイルを再生できないトラブルで悩む方は少なくないと思います。この記事では、再生できないことを解決するために、さまざまなソリューションを提供します。



パート1:jRiver Media CenterでISOファイルを再生できますか

まず、「jRiver Media CenterでISOファイルを再生できるかどうか」という質問から解説します。jRiver Media Centerは幅広いメディアファイルを再生できるマルチメディアアプリケーションで、Windows、macOSとLinuxオペレーティングシステムで作動できます。iTunesと同じように、jRiver Media Centerも大量のファイルを内蔵し、任意の曲を演奏させ、消費者を楽しませる「ジュークボックス」型のメディアプレーヤーです。



Media Center交流フォーラムには、jRiver Media Centerの機能や、バッグの情報が満載です。2011まで、フォーラムのコミュニティアクティブユーザーは2万5千人を超えています。

CDもリッピングしたり、書き込んだりできます。高級ユーザーはこのシステムを利用して、ステレオ設置のスピーカーとデバイスの効果を上げられます。jRiver Media CenterでブルーレイとDVDディスクのISOファイルを直接再生できます。

パート2では、jRiver Media CenterでISOファイルを再生する方法を詳しく説明します。


パート2:jRiver Media CenterでISOファイルを再生する方法

下記にて、jRiver Media CenterでISOファイルを再生する方法を詳しく説明します。

  • 1.jRiver Media Centerをコンピューターにインストールし、起動します。ISOイメージファイルを用意しておきます。
  • 2.「ツール」→「オプション」→「ファイル形式」→「データ」をクリックし、下部の「ディスクイメージファイル」をクリックし、ドロップダウンリストから「再生方式」を選択します。ISOファイルをVCD (Virtual CloneDrive)にマウントし物理ドライブとして使用できます。違う仮想ドライブを利用している場合、「カスタム」を選択肢、プログラム詳細を入力します。外部プログラム(カスタマ)はクライアントとして使われます。仮想ドライブ.exeファイルが保存されているフォルダをブラウズし、ファイルを選択します。VCDは「Program Files\Elaborate Bytes\VirtualCloneDrive\VCDMount.exe」に保存されます。
  • 3.[ツール]> [CD、DVD、&BD]をクリックし、関連のディスクタイプの「自動再生」から「再生」を選択します。
  • 4.isoファイルはデータとして扱われます。ライブラリには、こららのファイルタイプを含まなければなりません。
  • 5.「ツール」>「オプション」>「ライブラリとフォルダ」をクリックします。「自動インポートを設定」から「自動インポート」を選択します。isoファイルの保存先を選択し、「編集」をクリックし、「データ」ボックスにチェックを入れます。
  • 6.「ファイル」→「ライブラリ」→「インポート」をクリックし、レーダーボタンを押して、 [自動インポートを設定]を有効にします。設定自体は数分間かかります。
  • 7.メインウィンドウの左側のパネルで、「ドキュメントリ」→「ファイル」をクリックすると、isoファイルは右側のパネルで表示されます。マウスカーソルを上部の「ファイル」タブのドロップダウンメニューに移動し、「リストスタイル」から「詳細」を選択します。ファイル名で右クリックすると、ドロップダウンリストからメディアタイプとメディアサブタイプを確認できます。これらの操作でコラムとフィールドを表示できます。
  • 8.既存のisoファイルについて、メディアタイプは「データ」で表示されます。「データ」を右クリックし、「名前を付けて保存」を選択します。ドロップダウンリストから「ビデオ」を選択します。「メディアサブタイプ」コラムの空白地域で右クリックし、「名前をつけて保存」を選択し、映画を選びます。
  • 9.新しくファイルをインポートする場合、「自動インポート」から「インポート時にタグを付ける」を選択し、ディアタイプを「If(IsEqual([File Type],iso,8)」に、ビデオをメディアタイプに選択します。 
  • 10.上記の設定はインポートされたisoファイルのメディアタイプを「ビデオ」に変更できます。ほかのファイルタイプに影響がないのです。
  • 11.ファイル名を映画の名前に付けられます。
  • 12.左側のパネルで、「ビデオ」→「ファイル」を選択します。ストロールして、ファイルを特定します。
  • 13.ファイルで右クリックし、「Get Movie & TV Info(映画とテレビの情報)」をクリックし、任意のデータソースを選択すると、フィールドとカバーアートの情報が表示されます。
  • 14.映画をスムーズに再生するために、madVRでフレームレートを変更する必要があります。madVR設定では、「デバイス」>「ディスプレイ」>「ディスプレイモード」をクリックし、映画タイプに応じて、必要なディスプレイモードを選択します。たとえば、1080p24、1080p50、1080p60、1080p59。
  • 15.上記の設定が終わってから、ファイルをダブルクリックすれば、再生できます。イメージが マウント完了するまで数秒間がかかります。終わってから、動画再生が始まります。


パート3:ISOファイルをjRiver Media Centerの対応形式に変換できる最高の変換ソフトーLeawo Blu-ray変換

jRiver Media Centerで直接ISOイメージファイル再生する手順は非常に複雑と思うでしょう。実は、簡単にISOファイルを再生する方法はほかにはあります。ISOファイルをjRiver Media Centerで対応できる動画形式に変換したらいいです。


Leawo Blu-ray変換はISOファイルを動画形式に変換するための最適なソフトウェアです。最高のBlu-ray ビデオ変換ソフトとして、Leawo Blu-ray変換はは暗号化されたBlu-ray映画をほぼ全てのメディアプレーヤー及びデバイスと互換性のあるビデオフォーマットに変換したり、オーディオを抽出したりできます。例えば、ブルーレイムービーを4K MP4、4K MKV、HD MP4、HD AVI、MOVなどのビデオに変換可能です。また、Blu-ray/DVDディスクとフォルダを処理できるほか、isoファイルからビデオへの変換もサポートできます。ISOイメージファイルをMP4、AVI、MKV、WMVなどに変換できます。
お使いのパソコンにLeawo Blu-ray変換をダウンロードし、インストールします。そして、次のガイドに従えば、高速かつ簡単にisoファイルをjRiver Media Centerの対応形式(ビデオファイル)に変換できます。


blu-ray-player

Leawo Blu-rayコピー

☉ あらゆるDVD/Blu-rayディスクを対応

☉ 出力字幕と音声トラックを選択複製

☉ 3つのコピーモードを自由に選択

☉ 1:1ロスレス品質でBlu-ray/DVDをコピー

無料体験 無料体験


メモ:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Media Ultraというオールインワンメディア変換ソフトに組み込まれています。


ステップ1:Leawo Blu-ray変換を起動する

Leawo Prof. Media Ultraを実行し、サブメニューから「変換」タブをクリックするか、または「Blu-ray/DVD変換」をクリックし、変換モジュールに入ります。


ステップ2:ISOファイルを追加する

変換モジュールでは、「Blu-ray/DVDを追加」オプションから「ISOファイルを追加」をクリックし、ソースISOファイルをプログラムに追加します。


ご注意:

Leawo Blu-ray変換は三つのロードモードを提供しています:フルムービー、メインムービー、カスタムモード。フルムービーでは、全てのタイトルを追加できます。メインムービーでは、一番長いタイトル(メインムービー)しか追加できません。カスタムモードでは、変換したいタイトルを自由に選択して追加できます。必要に応じて、一つのロードモードを選べばいいです。


ステップ3:出力フォーマットを設定する

「写真を追加」ボタンの隣にあるドロップダウンボックスから「変更」ボタンをクリックしたら、出力フォーマットを設定するためのパネルに入ります。jRiver Media Centerと互換性のある動画形式を選択してください。例えば、MP4 Video。


出力するビデオとオーディオのパラーメータを調整したい場合、ドロップダウンボックスから「編集」ボタンをクリックすればいいです。例えば、ビデオビットレート、フレームレート、品質、オーディオコーデックなど。


ステップ4:出力ディレクトリを選択する

メイン画面で緑の「変換」ボタンをクリックし、現れたサイドバーの「保存先」などを設定します。最後に、したの「変換」ボタンをクリックし、isoファイルをビデオに変換させます。


あとは、変換プロセスが終わるまでまつだけです。NVIDIA CUDA、Intel Quick SyncやAMD APPなどの加速技術を備えるため、Leawo Blu-ray変換は6X高速にisoファイルをjRiver Media Centerの対応形式に変換できます。


パート4:Any Video ConverterでISOファイルをjRiver Media Centerの対応形式に変換する

Leawo Blu-ray変換を除いて、ほかにもISOファイルをjRiver Media Centerの対応形式(たとえば、AVIや、WMVなど)に変換できるソフトがあります。たとえば、これから紹介するAny Video Converter。Any Video ConverterはビデオとDVD映画をiPod、iPhone、iPad、PS4、Xbox Oneなどのメディアプレーヤー、及びSamsung、Huawei、LG、Nokia、Blackberry、Google Nexus Oneなどのアンドロイドフォンの対応形式に変換できます。そのほか、ISOをAVI.にも変換可能です。Any Video ConverterでISOファイルをjRiver Media Centerの対応形式のAVIファイルに変換できます。


Any Video ConverterでISOファイルをjRiver Media Centerの対応形式のAVIファイルに変換する手順は下記のようです。

  • 1.Any Video Converterをコンピューターにダウンロードし、インストールします。変換したいソースのISOイメージファイルを準備しておきます。注:Any Video ConverterはDVD ISOイメージファイルだけを変換できます。
  • 2.Any Video Converterを起動します。
  • 3.「CDディスクを追加」オプションのドロップダウンリストから「DVD ISOファイルを追加」をクリックすると、変換したいISOファイルを表示するウィンドウがポップアップされます。
  • 4.「出力形式」から「Customized AVI Movie (*.avi)」を選択します。
  • 5.右側のパネルで、ビデオサイズ、ビデオアスペクト、ビデオビットレート、フレームレート等のビデオとオーディオ設定を変更できます。
  • 5.右側のパネルで、ビデオサイズ、ビデオアスペクト、ビデオビットレート、フレームレート等のビデオとオーディオ設定を変更できます。
  • 6.変換プロセスが終わるまで少々お待ちください。


パート5:まとめ

Leawo Blu-ray変換もAny Video Converterも、ISOファイルをjRiver Media Centerでスムーズに再生できる形式に変換できます。Any Video Converterはコピーガード付かないDVD ISOイメージファイルしか変換できません。しかし、Leawo Blu-ray変換は暗号化されたブルーレイとDVD ISOイメージファイルでも変換できます。それに、Any Video Converterと比べると、Leawo Blu-ray変換はさまざまな付加機能も備えています。たとえば、三つのコンテンツロードモード、Blu-ray/DVD編集機能、2Dを3Dに変換する機能、字幕とオーディオトラックの選択機能など。まとめてみると、Leawo Blu-ray変換のほうはよりよいユーザー体験を提供できます。