システムパフォーマンスを最適化するために、Appleは定期的にソフトウェアをアップグレードして、ユーザーに新しい機能体験や、もっとスムーズな操作を提供しています。iOSアップデートパッケージをダウンロードして、インストールするだけで、最新の機能や変化を体験できます。
革新的な機能を見るのはいつも良いすが、一部のiPhoneユーザーが最新のiOSバージョンをインストールする間に、トラブルに遭いました。アップデート中にフリーズしたことが一番面倒なことですね。この問題を解決するためのいくつかの解決策があります。以下の解決方法を読んでください。

iPhoneをアップデートする前にやるべきこと:バックアップ

iPhoneデバイスをアップグレード、新しいOSを試すのが待ちきれない時に、iPhoneがアップデートの準備にフリーズするという問題に遭うのは不愉快になるでしょう。このプロセスが数分間しか続けないエラーだと考えられますが、実は、iPhoneは次の更新段階に入ることはできなくて、この更新プロセスは長期間に、「残り時間を計算中」に止まっていた可能性があります。

一般的に、iPhoneのユーザーは日常生活の中で大量のメディアファイルや個人データをスマホに保存します。 また、iPhoneの高度なアルゴリズムのおかげで、比べるものがない出力効果を出せるために、iPhoneで写真を撮るのは人々に歓迎されています。一部の人々はiPhoneデータをバックアップするという習慣がないため、アップデートの準備でスタックしたiPhoneを修正した後、意外な結果になるかもしれません。 言い換えれば、iPhoneのアップデートを行う前に、iPhoneデーターをiCloudやiTunesにバックアップした方がいいです。

万が一、iPhoneで一部のファイルが無くなったという問題が発生したら、Leawo iPhoneデータ復元などの信頼できるiPhoneデータ復元プログラムで失われたデータを復元できます。このソフトウェアは、iPhoneからカメラロールの写真、ビデオ、連絡先、iMessageの添付ファイル、ソーシャルメディアのチャット履歴、ボイスメモ、カレンダー、メモ、ブラウザのブックマークなど、すべての情報を取得できます。また、各種違うバックアップ需要に対して、このソフトは3つのモードがあります。 iOS、iTunes、やiCloudからデータを復元したいなら、その直感的なインターフェイスのお陰ですばやく操作できるので、需要に満足できます。さらに、iOSののアップデートやその他の普遍的な問題に対しても効果的解決できます。対応が安全で高速ですが、正確なデータを選択して復元することができます。

  • ios-data-recovery
  • Leawo iPhoneデータ復元

    ☉ iPhoneから12種類の紛失したファイルを復元
    ☉ iOSデバイスの最深層セクタースキャン
    ☉ すべてのiOSデバイス、ソフトウェアに対応
    ☉ iTunes、iCloudバックアップからデータを復元
    ☉ セキュリティー保証

方法1:インターネット接続の確認

アップデート中にフリーズしたiPhoneを修正する最初の解決策は、ネットワークの接続状態を確認することです。 iOSアップデートのダウンロードを待っている間に、インターネット接続が不安定になる可能性があります。その場合、別のより高速なWifi環境に変更する必要があります。ルーターやモデムにも問題があるかもしれません。また、iPhoneが正しいWi-Fiに接続されているかを確認してください。 なお、Cellular Dataはこのタスクをサポートいないため、新しいiOSのアップデートパッケージをダウンロードするにはWifiが必要であることも注意してください。

Step 1.アップデートの準備でスタックしているiPhoneがWifiにアクセスされていることを確認します。 「設定」と入力し、「Wi-Fi」パネルに移動します。 「Wi-Fi」がオンになっていない場合は有効にします。有効になっている場合は、フル信号でWi-Fiに接続していることを確認してください。

Step 2.Wifiが機能していることを確認します。 iPhoneが適切なネットワーク接続の通常の兆候を示している場合、Wi-Fi自体に注意を払うことができます。 iPhoneでインターネットアクセスが必要な他のアプリを実行して、問題なく動作しているかどうかを確認できます。それらが機能していない場合、それはWifiに何か問題があることを意味します。

Step 3.Wifiルーターとモデムを再起動します。電源ボタンを押して、WIfiデバイスとモデムを再起動します。

Step 4.アップデートの準備で立ち往生しているiPhoneにインターネットを再接続します。 Wifiが修正されたら、iPhoneアプリでテストし、アップデートのダウンロードとインストールを再開します。

方法2:ダウンロードしたiOSアップデートを削除する

特定の状況下では、ネットワークの接続が原因ではないかもしれません。 時々、ダウンロードされた更新ファイルに関連づけられています。 正確には、ダウンロードされたパッケージは、不適切なプロセスという原因で破損や不完全になる可能性があります。 このように、アップデート中にフリーズしたiPhoneが、既存のファイルと競合することになります。それで、手動でソフトウェアアップデートを削除してみることができます。

Step 1. ホームページから「設定」に移動します。

Step 2. 下にスクロールして、[全般]をタップします。

Step 3. 「iPhoneストレージ」のメニューに移動します。この設定を入力すると、ファイルサイズを計算する必要があるため、コンテンツの読み込みに少し時間がかかります。さまざまなアプリのリストを下に移動すると、対応するサイズで表示されます。

Step 4. ダウンロードしたiOSアップデートファイルを削除します。 iOSのバージョン番号で始まる更新項目を探します。リスト内にそのようなファイルが表示されたら、それをタップしてさらにメニューに入り、「削除」「更新」を直接選択できます。次に、確認を求めるプロンプトが表示されます。

Step 5. iPhoneの新しいアップデートのダウンロードを再開します。ここで、iOSアップデートのダウンロードを再試行します。 「一般」メニューに戻り、「ソフトウェアアップデート」を選択して、新しいリリースを検出させます。利用可能な場合は、ダウンロードオプションを選択します。

方法3:iPhoneを強制的に再起動する

上記の2つの方法では、iPhoneが更新プロセスの準備にスタックするという問題を解決できないこともあります。それは、システムのデフォルト設定が不明な原因で中断されたと考えるかもしれません。この場合に、アップデートの準備にスタックするiPhoneを強制的に再起動すれば、効果があります。ほとんどのiPhoneユーザーは、この方法によって大量の問題を解決したので、実用的方法だと感じられています。試してみる価値があります。 ただし、複数のiPhoneモデル間での操作方法が異なることに注意してください。
iPhoneがiPhone6以下のアップデートの準備にスタックする場合は、ホームボタンと電源ボタンの両方を同時に押し続けると要求します。 約10秒間動作し続けた後、画面にAppleのロゴが表示されているのを確認しながら両方のボタンを離すことができます。

7とそのシリーズのアップデートの準備に固執しているiPhoneの場合は、側面にある「スリープ/スリープ解除」ボタンと「音量小」ボタンの両方を短時間長押しします。黒い画面にAppleアイコンがポップアップ表示されたら、タブを放します。

iPhone 8以降のモデルでは、もう少し複雑です。まず、音量大ボタンをすばやく押して放します。次に、押したままにして、音量小ボタンのタブをすぐに失います。最後に、Appleの画像が表示されるまで電源ボタンを押し続けます。

方法4:iPhoneのネットワーク設定をリセットする

時々、アップデートの準備にスタックするiPhoneが、ネットワーク設定で潜在エラーが発生する可能性があります。 この場合なら、Wi-Fiが安定しているが、iPhoneとインターネット間の接続がネットワークフィルターによって中断されたかもしれません。特に、iPhoneが大量のWifi環境を記憶している時に、障害が発生するかもしれません。 この場合、iPhoneのネットワーク設定をリセットし、wifiパスワードを含むすべてのwifiレコードをクリアすることが重要です。

Step 1. iPhoneホームページから「設定」アプリにアクセスします。

Step 2. アイテムに目を通し、「一般」ラベルに移動します。

Step 3. メニューの一番下に移動し、[リセット]項目をタップします。

Step 4. 最後に、「ネットワーク設定のリセット」のオプションを選択すると、確認が下からポップアップ表示されます。 「リセット」を押して動作を確認してください。

Step 5. Wi-Fiのアップデートの準備でスタックしたiPhoneを再接続します。リセットが成功すると、wifiパスコードを入力するように求められます。

方法5:iTunesでiPhoneを更新する

上記のすべての方法を試したとしても、iOSの更新プロセスをロードすることが継続失敗すれば、新しいバージョンに更新するもう1つの解決策があります。実際は、最新のシステムの更新はiTunesによっても完成できます。つまり、常にiPhoneがアップデートの準備にスタックされていることに苦労する必要はありません。 iTunesはiPhoneシステムを管理するのに非常にお役に立つソフトです。

Step 1. iPhoneをiTunesを搭載したコンピュータにリンクするためのApple承認のUSBケーブルの準備。

Step 2. iPhoneが接続されたら、PCでiTunesを起動します。

Step 3. iOSアップデートが利用可能になると、プロンプトが表示され、さらにオプションが表示されます。 「ダウンロード」と「更新」を選択すると、自動的に更新されます。