最近、新しいiPhoneを購入し、その優れた機能で、便利な生活をを楽しんでいるかもしれません。ただし、別の問題が発生する可能性があります。例えば、古いデバイスには非常に多くの重要な連絡先が保存されているため、iPhoneを買い替えると、連絡先をiPhoneからiPhoneにエ移行する必要があります。心配しないで、この記事では、iPhone 11、iPhone XS(Max)、iPhone XR、または他のモデル、iPhoneの間で連絡先を簡単に転送する3つの方法を説明します。

AirDropで連絡先をiPhoneからiPhoneへ送信する方法

AirDropを使用することにより、ワイヤレスネットワーク接続で異なるAppleデバイス間で連絡先を転送できます。ただし、連絡先を1つずつ転送する必要があるという欠点があります。古いデバイスから何百の連絡先を転送する場合、面倒な作業ですね。
でも2つのデバイス間で一個または二個の連絡先を共有する場合なら、これが最適な方法です。

AirDropで連絡先を送信する手順

1. 両方のiPhoneで画面の下部から上にスワイプして、(Face IDを使用するiPhoneの場合、2台のiPhoneの画面の右上隅から下にスワイプして)、コントロールセンターを開きます。両方のデバイスでワイヤレス接続とBluetoothをオンにします。

2. コントロールセンターの左上にある「WANL」アイコンを長押しすると、AirDropアイコンが表示されます。「AirDrop」のアイコンタップします。

3. AirDropボタンをタップして、接続許可の設定が表示されます。ここで、AirDropをOFF/受信、連絡先のみ受信、または全員受信が設定できます。

open control panel

4. 古いiPhoneで連絡先アプリを起動し、新しいiPhoneにエアドロップする連絡先を選択します。

5. 「連絡先の共有」ボタンを押し、AirDropをタップします。対応を新しいiPhoneを選択して、新しいiPhoneの「同意する」オプションをタップすると、古いデバイスから共有されている連絡先が表示されます。

choose the contacts you want to airdrop

Leawo iTransferで連絡先をバックアップ、送信する方法

古いiPhoneの全ての連絡先を新しいiPhoneに簡単に転送したい場合、Leawo iTransferは予想より高効率で転送プロセスを完成できます。
高度な技術を持つプロフェッショナルなiOSデバイス転送プログラムとして、iOSデバイス間のLeawo iTransferにより完璧なソリューションが提供されます。このソフトウェアでは、写真、音楽、連絡先、アプリなど、最大12種類のファイルがサポートされています。それに加えて、音楽管理ツールとしてiOSデバイスとiTunesのプレイリストを作成または削除することができます。さらに、Leawo iTransferは、iOSデバイスからコンピューターへファイルのバックアップにも役立ちます。

Leawo iTransferの長所:

  • ユーザーは連絡先、メモ、メディアファイルなど、さまざまな種類のファイルを簡単に管理可能。
  • スキャンと転送の高度な技術に基づいて、さまざまな種類のファイルを安全かつ迅速に転送およびバックアップできます。
  • 転送またはバックアップされたファイルは、転送プロセス中にデータの損失や上書きが発生しなません。
  • 直感的なユーザーインターフェイスにより、初心者でも簡単に操作できます。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、動画及び写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイス、ソフトウェアに対応!

☉ ファイルを簡単にチェック、管理!

無料体験 無料体験

Leawo iTransferで連絡先をバックアップ、送信する手順

ステップ1. Leawo iTransferをダウンロードしてインストールする
ソフトウェアを起動した後、サポートされているUSBケーブルで古いiPhoneをコンピューターに接続します。Leawo iTransferは古いiPhoneの情報を自動的に検出して、表示されます。iTransferの左側のサイドバーでライブラリが表示されます。

connect your iPhone to computer

ステップ2. サイドバーのiPhoneライブラリから「連絡先」をクリックする
その後、iTransferの右側に詳細な連絡先が表示されます。連絡先のプレビュー、削除、編集、または追加の機能が実行できます。
連絡先前にあるチェックボックスにチェックを入れれば、特定の連絡先を選択して転送できます。一度全ての連絡先を転送しようとする場合、すべての連絡先にチェックを入れます。

click Contacts in library

ステップ3. iTransferの上部にある「エクスポート」ボタンをクリックする
その後、古いiPhoneの連絡先をコンピューターへの転送(保存先)が設定できます。
ドロップダウンボックス「タイプとして保存」で出力形式vCard(*。vcf)を選択し、「保存」ボタンをクリックすると、古いiPhoneの連絡先をコンピューターに保存します。

clcik export button

ステップ4.新しいiPhoneをコンピューターに接続する
iTransfer左側のサイドバーで「ライブラリ」⇒「連絡先」をクリックします。その後、iTransferの上部にある「インポート」ボタンをクリックして、iTransferのポップアップウィンドウで、コンピューターからvCardファイルを参照して追加するように求められます。先程保存された連絡先を選択すると、古いiPhoneの連絡先が新しいiPhoneに転送されます。

connect new iPhone to computuer

iPhoneアイコンがiTransferに表示されない場合は、[ツール]をクリックして[デバイスの更新]オプションを選択するか、iTransferのメニューバーからショートカットキー[Ctrl + F5]を押すことで解決できます。

iCloudで連絡先をiPhoneからiPhoneへ送信する方法

iPhoneからiCloudを使用してiPhoneに連絡先を同期する場合、連絡先は一括して転送されるため、転送したい連絡先のみを選択することはできません。

iCloudを使用して連絡先を同期する手順

1.両方のデバイスがWi-Fi接続で動作することを確認した後、同じApple IDを2台のiPhoneにログインします。

2.古いiPhoneのすべての連絡先がiCloudに同期されていることを確認します。
iPhoneの設定を開き、上部からApple IDをクリックします。その後、iCloudをタップし、連絡先をオンに切り替えます。

enter iCloud in Settings

3.新しいiPhoneの「設定」で「iPhoneへのサインイン」をタップして、Apple IDとパスコードを入力してサインインします。
最後に、「マージ」オプションをクリックして、連絡先をアップロードし、iCloudとマージします。そうすると、古いiPhoneの連絡先が新しいiPhoneに同期されます。

log in your new iPhone

AirDrop vs. Leawo iTransfer vs. iCloud

iPhoneからiPhoneに連絡先をAirDropする方法を紹介しました。次の表で三つの方法の違いを見ましょう。

AirDrop Leawo iTransfer iCloud
連絡先を自由に選択 ✗ 連絡先を1つずつ転送するだけ ✔ 複数の連絡先を選択することができ ✗ 全ての連絡先を一括で転送
動作環境 Wlan、AirDrop接続が必要 USBケーブル接続が必要 iCloud設定、Apple IDが必要
他の機能  連絡先だけでなく、音楽、写真、メモ、動画が転送、バックアップ可能
効率 1つずつ転送するので、時間がかかる データ損失なしでコンタクトを高効率かつ安全に転送する

操作が複雑で、時間がかかりる

 

上記の3つの方法を比較すると、Leawo iTransferが各側面で他の2つの方法より優れていることがわかります。
iTransferには、効果的で簡単な方法で必要に応じて連絡先をAirDropするのに役立つため、ほとんど欠点はありません。さらに、連絡先だけでなく、アプリ、写真、音楽、ビデオなど、iTransfer経由で転送するために最大12種類のファイルがサポートされています。たとえば、ニーズに合わせてプレイリストを作成、名前変更、または削除できます。こ汎用性の高いiTransferは、ユーザーがプレイリスト、メモを高効率で管理できる優れたツールです
iTransferはiOSデバイス間で機能するだけでなく、iOSデバイス、iTunes、Mac間でファイルを転送することもできます。是非一度お試し下さい。